FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京杉並区・荻窪の荻窪駅前入口交差点近くに、日本酒50種やつまみを原価で提供する「原価酒場 かたりば」がオープン

11月21日東京杉並区・荻窪の荻窪駅前入口交差点近くに、日本酒50種やつまみを原価で提供する「原価酒場 かたりば」がオープンした。

 このお店のコンセプトは「おいしい良い日本酒が手軽に飲めるお店」。1時間1000円の入場料を払い、原価で飲食が楽しめる「原価バー」。座席はテーブル14席、カウンター5席の19席。

 店主の長久氏は「もともと日本酒が好きで、前職で日本酒を多く取りそろえているお店で働いていた。原価バーと日本酒を掛け合わせるビジネスモデルをつくりたいと思った。中央線沿線は日本酒の人気が高いエリアと認識していて、駅の利用者数も多い『荻窪』にオープンを決めた。ビルの6階ということでまだ認知度は低いが、コンセプトバーなのでネットで調べて来店される方が多くいらしている」と話す。

 日本酒は約50種をそろえ、雪冷え(5度)から飛び切り燗(かん、55度)と好みの温度やそれぞれの日本酒に合った温度帯で提供する。人気は他店であれば2000円するという「獺祭純米大吟醸23」一合(1000円)。フードは「イカの塩辛」(60円)、「カツオの酒盗」(150円)、「枝豆」(90円)。

 12月12日からは「山形祭り」を開催し、7種の山形の地酒を原価割れで提供。「酒蔵さんを呼んで日本酒利き酒会なども今後開催していきたい」とも。

 長久氏は「日本酒が苦手なお客さんから『ここの日本酒はおいしく飲める』という声もいただいている。日本酒初心者の人も安心して来店いただければ」と話す。

 営業時間はpm16:00~翌am2:00。日曜・祝日定休。「山形祭り」は15日まで


原価酒場かたりば
原価酒場かたりば
ジャンル:日本酒原価酒場
アクセス:JR中央線荻窪駅 北口 徒歩2分
住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻1-4-7 流動ビル6F(地図
ネット予約:原価酒場かたりばのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 荻窪×日本酒
情報掲載日:2016年12月13日
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。