FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京目黒区・自由が丘の北口エリア・学園通り沿いにサラダショップ併設のライフスタイル店「コエ ハウス(KOE HOUSE)」がオープン

11月26日東京目黒区・自由が丘の北口エリア・学園通り沿いにサラダショップ併設のライフスタイル店「コエ ハウス(KOE HOUSE)」がオープンした。

 このお店の運営はストライプインターナショナル。カジュアル衣料ブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開する同社が、2020年に海外進出を計画するファミリー層向けブランド「KOE(コエ)」の新業態店。このブランドとしては東京23区内への出店は今回が初。

 店内では、アパレルを中心に、間伐材で作った食器などオリジナル商品を含む生活雑貨や食品を販売するほか、有機野菜中心のサラダショップ「KOE green」も併設する。

 このお店のコンセプトは「家」。ビル1棟を新築し、ファサードを引き立たせた。地下1階・地上3階建てで、売り場面積は660㎡。木材を多く使い、「自分の家のようにくつろげる場所」をイメージしてデザインしたという。

 フロアごとにテーマを設け、1階は食に関する生活雑貨を展開。天然素材を生かしたプロダクトを手掛けるブランドと共同開発した間伐材を使ったオリジナル食器、生花などの自然素材を使った壁飾り・スワッグなどを販売。

 1階併設の「KOE green」は対面販売で、イートイン席も用意。ビーガンやマクロビ、ローフードにも対応したメニューをそろえる各種オリジナルサラダ(700円~)を中心に、ホットプレスサンドイッチ(980円~)、ポタージュ(550円~)などをラインアップする。

 2階は「心地よく楽しむ女性のエコクローゼット」がテーマのウィメンズフロア。デザインや着心地にもこだわったという同店限定ライン「BASIC&」(5型)、NY発オーガニックフレグランスキャンドル「LAND by LAND」プロデュースによるオリジナルキャンドルやボディケア商品も販売する。

 3階は「人とつながる、地球とつながるキッズエコライフ」をテーマに、キッズアパレル、フェアトレードやオーガニック素材にこだわったおもちゃや日用品などを取り扱う。

 地下1階は「語りたくなるこだわりの雑貨&メンズフロア」をテーマに、メンズアパレル、天然素材を使ったオリジナルメンズスキンケア商品「A VOICE BY BOTANICA」、オリジナルスポーツウエア、自作カトラリーキット「ヒトテマキット」などのDIYグッズほかをそろえる。

 営業時間はam11:00~pm20:00(土・日曜はam10:00から、1階のみは~pm22:00まで)。


コエ ハウス(KOE HOUSE) https://house.koe.com/
目黒区自由が丘2-9-19
電話03-5726-9117
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。