FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日東京渋谷区・代官山の商業施設「ログロード代官山」・クラフトビールブルワリー併設ダイニング「スプリングバレーブルワリー東京(SPRING VALLEY BREWERY TOKYO)」で、「フレッシュホップフェスト2016」が開催

10月8日東京渋谷区・代官山の商業施設「ログロード代官山」・クラフトビールブルワリー併設ダイニング「スプリングバレーブルワリー東京(SPRING VALLEY BREWERY TOKYO)」で、「フレッシュホップフェスト2016」が開催される。(10月10日まで)

 この催しは国産ホップを使ったビールを提供するイベント。「IBUKI」など国産ホップを栽培しているキリンビールによると、国産ホップの生産は減少傾向にあると共に、農家の高齢化が進みつつあるという。 「ホップを通じたビールの新の魅力発信」「国内ホップ生産地の活性化と、国産ホップのブランド化」「日本のビール文化づくり」を目的にしたこのイベントは、昨年プレイベントを開催。今回を第1回として開く。

 イベントには、国内各地から19のブルワリーが参加。ブルワリーと提供するビールは、「KONISHIビール」=与謝野町産コロンブスをベルギー酵母で仕込んだ「与謝野ゴールド」、「OH!LA!HO-BEER」=自家栽培カスケードを使った秋限定の「ビエール・ド・雷電秋仕込みIPA」、「大山Gビール」=大麦・小麦麦芽と自家栽培ホップ3種類を使った「ヴァイエンホップ」、「常陸野ネストビール」=醸造開始20周年を記念して20種類のホップを使った「HITACHINO20Freshhops Session IPA」など。スプリングバレーブルワリーは、新たな品種の遠野産「MURAKAMI SEVEN」を使った「MURASAKI SEVEN Fresh Hop2016」などをラインアップする。

 フードは、ホップを練り込んだ生地を使うパンにハム・チーズ・ケールを挟む「HOPオーバーサンド」、ホップパウダーをまぶす「キャラメルHOPコーン」などホップを使った料理、店内の薫製マシンで焼き上げるローストビーフ、北海道産キタアカリのじゃがバターなど、同イベント限定メニューを用意する。ビールとフードの飲食チケットは1800円(300円5枚つづり、入場料300円込み)。 

 期間中、同じログロード内に出店しているデリ&ベーカリーカフェ「GARDEN HOUSE CRAFTS」、ベーカリー&カフェ「空と麦と」、「カタネベーカリー」など、日替わりでベーカリーも出店するほか、店頭では連日am11:00~pm15:00に野菜マルシェを開催する。

 店内では、秋田県のホップ畑の収穫の様子を360度のVR映像で疑似体験できるコーナーを用意。9日には、ポップグループ「TWEEDEES」のライブやラジオNIKKEI第2「RN2」の公開収録も行う。

 開催時間はam11:00~pm21:00(最終日は~pm20:00まで)。


フレッシュホップフェスト2016 https://freshhop.jp/
渋谷区代官山町13-1スプリングバレーブルワリー東京
電話03-6416-4975
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。