FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京港区・六本木の六本木ヒルズでフランス食文化「アペリティフの日」を記念したフレンチ最大規模の食の祭典が開催

6月7日東京港区・六本木の六本木ヒルズでフランス食文化「アペリティフの日」を記念したフレンチ最大規模の食の祭典が開催される。

 このイベントを主催するのはフランス農水省とフランス食品振興会。

 アペリティフとは食事の前に、ワインをはじめとするアルコール飲料やソフトドリンクなどと、アミューズブーシュ(一口ディッシュ)でゆったり過ごす「豊かなライフスタイル」を楽しむひとときのこと。世界中の人々に楽しんでもらうことを目的にフランスで2004年から提唱され、2005年には記念日として登録された。

 6月第1木曜日「アペリティフの日」にちなみ世界10カ国21都市で開催され、日本では六本木のほか、京都、大阪、横浜、埼玉、千葉、岡山、土佐、宮崎、仙台の11都市で開催。「フランスの食文化とフランス流ライフスタイル『Art de Vivre』を体験するものとして定着し始め、開催都市も増えてきたもの。今年は夜の部を2回設定し仕事帰りでも参加しやすくした」と広報の担当者は言う。

 7日は、今年のテーマ食材「フォアグラ」「フランス産コクレ(雄ひな鳥)」「和牛(福島県産全頭検査済み)」の3種を使い、フレンチのトップシェフらがオリジナルアミューズ計85種を提供するほか、ソムリエ・バーテンダーによる約200種類以上のフランス各地のワイン、カクテルなどをサービスする。今年の「アペリティフの日」親善大使として、スポーツキャスターの高橋尚子と、歌舞伎俳優の中村扇雀の任命式(2部)も予定。
 
 主な参加シェフは、「青柳」の小山裕久氏、「エスプリ・ド・ビゴ」の藤森二郎氏、「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三氏、「キュイジーヌSミシェル・トロワグロ」「カフェ・トロワグロ」のミシェル・トロワグロ氏、「タテルヨシノ」の吉野健氏、「帝国ホテル」の田中健一郎氏、「ホテルオークラ」の根岸規雄氏、「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」のドミニク・コルビ氏など17人。

 開催時間は、1部=am11:30~pm13:00、2部=pm13:15~pm14:45、3部=pm18:00~pm19:35、4部=pm19:45~pm21:20。料金は、1・2部=4000円、3・4部=5000円。


アペリティフの日 http://www.franceshoku.com/aperitif/tokyo.html
港区六本木6-9-1 六本木ヒルズ
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。