FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京世田谷区・二子玉川の東地区・レンタルワインセラーの「テラダトランクルーム二子玉川」に「ブレッド&バターファクトリー 二子玉川」がオープン

7月31日東京世田谷区・二子玉川の東地区・レンタルワインセラーの「テラダトランクルーム二子玉川」に「ブレッド&バターファクトリー 二子玉川」がオープンした。
 
 このお店の店舗面積は約28坪で、売り場面積は約6.5坪。運営はエイ出版社。同社が手掛けるフードサービス事業としては7店舗目の出店となる。これまで「用賀倶楽部」「碑文谷テラス」「けやき坂テラス」などで提供してきた「こだわり」の天然酵母パンを、店内工房の溶岩窯で製造し、同店店頭で販売する。

 味覚への感度が高く、多彩な属性の人々が集まる二子玉川。店のコンセプトに「パンをもっと楽しむ、パン×(掛ける)何か、の提案」を掲げる。同社フード開発事業部の岩崎徹氏は「二子玉川ならでは、当社ならではの『エッジ』が効いた、老若男女に足を運んでいただける店づくりを目指す」と話す。

 一番の特徴に「バターの品ぞろえの豊富さ」を挙げる。「イズニー(ISIGNY)バター」(250g、1580円)や「町村バター」(200g、1400円)など、有塩、無塩または発酵バターなど常時約30種類をそろえる。「バターの味そのものを楽しみ、パンやワインに合わせて選んで楽しんでもらえたら」と岩崎氏。

 商品は「角食パン」(1斤=460円)や「レーズンブレッド」(同=440円)、「カンパーニュ」(1200円)、「ノアレザン」(300円)などの「食事系パン」約20種類と、「デニッシュ系パン」や焼き菓子など約30種類を用意する。

 営業時間はam7:00~pm19:00。


ブレッド&バターファクトリー 二子玉川
世田谷区玉川1-17-7
電話03-3700-3301
スポンサーサイト

東京調布市・調布・仙川の若葉町二丁目交差点近くにしちりん炭火焼き肉・ホルモンの「美濃や」がオープン

7月8日東京調布市・調布・仙川の若葉町二丁目交差点近くにしちりん炭火焼き肉・ホルモンの「美濃や」がオープンした。

 このお店の店主・武藤芳明氏は3年前に脱サラし、ホルモン屋での修業を経て、長野県や宮城県の農家で畑や野菜について学んだ。焼き肉街道で有名な岐阜県養老町で育ち、商売をやりたいという夢をかなえ、お店をオープンした。

 健康と安全を考えて食材を選び、肉は芝浦の卸売市場から直接仕入れた国産黒毛和牛、米は宮城県の自然合いガモ農法の無農薬米「ササニシキ」、野菜は千葉県の契約農家から無農薬有機栽培の野菜を仕入れる。キムチやタレなども手作りで、デザートには無添加のアイスクリームを提供する。

 店舗面積は約7坪。席数は14席。メニューは、市場では「ザブトン」と呼ばれる霜降り肉の「上カルビ」(980円)、しゃぶしゃぶ肉を使った「上ロース」(980円)、「特上リブロース」(1280円)、「上ハラミ」(780円)、「牛レバー」(580円)、牛のほほの部分で脂身が少なく濃厚な味の「ツラミ」(680円)、豚の直腸「豚てっぽう」(580円)などをそろえ、「美濃や特選盛り」(4人前=4800円)、「ファミリー盛り」(4人前=3800円)、自家製水キムチ(450円)、有機野菜サラダ(850円)、祖師谷の吉見農園の「平飼い烏骨鶏卵かけご飯」(480円)なども用意する。ドリンクは、愛媛県産無農薬レモンを皮ごとすりおろした「無農薬レモンサワー」(450円)や抽選販売になるという人気の「而今(じこん)」などの日本酒も用意する(価格は全て税別)。

 営業時間はpm17:00~pm22:00。月曜定休。


美濃や http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13170253/
調布市若葉町2-19-4 佐藤ビル
電話03-5313-6435

東京渋谷区・恵比寿の恵比寿南二丁目交差点・コンツェ恵比寿5階に、おばんざいの店「小割烹おはし ゑびすりびんぐ」がオープン

6月1日東京渋谷区・恵比寿の恵比寿南二丁目交差点・コンツェ恵比寿5階に、おばんざいの店「小割烹おはし ゑびすりびんぐ」がオープンした。

 このお店の経営は飲食店などを手掛ける商業藝術。店舗面積は84.96坪。カウンター席や小上がりのベッド席、2人~60人に対応する個室など108席を用意。同社は恵比寿や渋谷などに「小割烹おはし」を出店しているが、「ゑびすりびんぐ」では「自宅のリビングのようなくつろぎの空間」を目指したという。スタッフの制服はボーダーシャツにエプロン、食器は古伊万里などを採用するなど、細部にもこだわる。

 商業藝術が手掛ける飲食店では「基本を忠実に守ったシンプルな料理」を提供。ここでも旬の野菜や魚を使ったメニューをそろえる。おばんざい(540円~)や白湯だしに赤こんにゃくを入れる手作りの紅白おでん「名物えびす炊き」(842円~)、築地市場の仲卸「山治(やまはる)」が選んだ魚を使う「築地山治の目利き鉢」(1706円~)など。

 オープン後の客層は20~30代が中心で、男女比は6対4。2~3人の女性グループや男性の接待利用も多いという。米田望店長は「友人・恋人・家族などシーンに合わせた席を用意している。時間を忘れて過ごせるようなホッとする雰囲気を目指し、皆さんの相談や希望などに沿った提案ができる店づくりをしていきたい」と話す。

 営業時間はpm17:00~pm23:30。


小割烹 おはし えびすりびんぐ
小割烹 おはし えびすりびんぐ
ジャンル:おばんざい 恵比寿
アクセス:JR恵比寿駅 徒歩5分
住所:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-3-14 コンシュ恵比寿5F(地図
周辺のお店のプラン予約:
niwa.恵比寿 のプラン一覧
うまいもん酒場 えこひいき 目黒東口駅前店のプラン一覧
アンブロシア 恵比寿のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 恵比寿の居酒屋
情報掲載日:2014年7月29日

東京渋谷区・原宿の東京メトロ明治神宮前駅近くに米シアトル発グルメポップコーン店「ポップ!グルメポップコーン(POP!gourmet popcorn)表参道本店」がオープン

7月26日東京渋谷区・原宿の東京メトロ明治神宮前駅近くに米シアトル発グルメポップコーン店「ポップ!グルメポップコーン(POP!gourmet popcorn)表参道本店」がオープンした。

 このお店は素材や製法にこだわり、添加物を使わず手作りするポップコーンとして、2010年に創業したブランド。米国内の食料品店やカフェ、ホテルなど1700店以上で取り扱いがある。米国内では卸のみの展開で、専門の小売店を構えるのはここが世界で初めてとなる。

 国内展開を手掛けるのは、空気清浄器「マジックボール」の製造などを手掛けるアンティバックジャパン。昨年末、同社社長の上野真弓氏がこのブランドと出合い試食した際、その味にほれ込み国内展開を決意。

 原宿・表参道は米発ポップコーンブランドが相次いで出店しているエリアで「マーケットが確立されている」と捉え出店。場所は表参道から一本入った路面で、店舗面積は53.72㎡。「ジュエリーショップをイメージした」という店舗は、黒を基調に床などにシャンパンゴールドを取り入れる。試食カウンターなどには漆で仕上げた什器を採用した。

 同ブランドのポップコーンでは、遺伝子組み換え無し・グルテンフリーのコーン4種をフレーバーに合わせて使い分ける。揚げ油は主にサンフラワーオイルを採用し化学調味料を使わないことで、保存料不使用ながら未開封で1年の賞味期限を実現。表参道本店では米国内で展開する30を超えるフレーバーの中から8種をラインアップし、コーヒーや紅茶のほかワインなどのアルコール類とのマリアージュも提案する。

 フレーバーは、ホワイトバタフライコーンを、スペイン産白トリュフとトリュフチップが入った塩で味付ける「ホワイトトリュフブリス」、米チョコレートメーカー、ブラウン&ヘーリー社の「アーモンドロカ」のレシピで作ったバタートフィーと、アーモンドクランチを絡めた「バタートフィー ウィズ アーモンドロカ」など。1983年創業の米ローグクリーマリー社のブルーチーズを使う「ローグブルー」は、米国内の食品展示会で選ばれる「ソフィーアワード」で2年連続金賞を受賞している。価格はそれぞれ1袋980円。

 営業時間はam11:00~pm20:00。


ポップ!グルメポップコーン(POP!gourmet popcorn)表参道本店 http://popgourmetpopcorn.co.jp/
渋谷区神宮前6-6-9
電話03-6427-2701

神奈川県横浜市・山手の大和町商店街・山手アートプラットフォームに、ジェラート店「ジェラテリア ポストフェリーチェ(GELATERIA Posto Felice)」がオープン

7月4日神奈川県横浜市・山手の大和町商店街・山手アートプラットフォームに、ジェラート店「ジェラテリア ポストフェリーチェ(GELATERIA Posto Felice)」がオープンした。

 このお店は東急東横線・都立大学駅近くのイタリアンレストラン「Posto Felice」からジェラート製造拠点を移転したもの。ダンススタジオやレンタルスペースをそなえた「山手アートプラットフォーム」主宰の松井ゆきみ氏が偶然来店し、その場で出店を依頼したことから山手への出店が決まったという。オーナーシェフの細田和征氏による「料理人の作るジェラート」をテーマにした自家製ジェラートを、工場長にパティシエの塚田陽子氏を迎えた新店舗で作る。今後は、全国発送も行う予定。店舗面積は約33㎡。

 メニューは常設の「プレミオ ピスタチオ マッシモ」をはじめ、「クレームブリュレ」、「チョコバナナ」、「ロイヤルミルクティ」、「フルーツトマト」、「宮崎マンゴー」、「キウイ&パイナップル」、「白桃ヨーグルト」など8種類。季節によって随時入れ替える。価格は1種類(ソロ)=400円、2種類(デュオ)=400円、3種類(トリオ)=500円。ピスタチオを選んだ場合はソロ=600円、デュオ=500円、トリオ=600円。

 副店長の福嶋岳史氏は「素材のインパクトを大事にした、他のジェラテリアとは少し変わった切り口のジェラートが特徴。ピスタチオは他と比べて倍以上濃厚で、好き嫌いが分かれるが、コアなファンの方に喜んでいただければ。繁華街ではないが、毎日のように来ていただく方も多いので、2週間くらいのペースでメニューを入れ替えていきたい」と話す。

 営業時間はam11:00~pm23:00。


ジェラテリア ポストフェリーチェ(GELATERIA Posto Felice)
横浜市中区大和町2-33-2
電話045-228-9555

東京品川区・戸越の戸越銀座商店街に、デリカテッセン「鶏&デリ」がオープン

6月15日東京品川区・戸越の戸越銀座商店街に、デリカテッセン「鶏&デリ」がオープンした。

 このお店の店舗面積は9坪、イートインスペースの席数は12席。経営はハワイの食品輸入を手掛けるAMC。店長の宮川秀雄氏は「取り扱っている食品を生かし、ハワイの食文化を広めたいと思ったのがきっかけ。ハワイ料理のモチコチキンが日本人に人気の空揚げに似ているため、国内外の鶏肉料理を扱うデリカテッセンとして開業した」と話す。

 戸越銀座への出店については、「商店街のメディア露出が多いため、店舗を知ってもらうチャンスが増えると考えた」とも。

 メニューのモチコチキンは、「むね(骨なし)」(100g=250円)や「もも(骨なし)」「すなずり」(以上同270円)、「なんこつ」(同310円)などを用意。ほか、山口県産の長州どりを使った「鶏レバー煮込み」(200円)や「鶏ごぼう揚げ」「鶏たま揚げ」(以上250円)、「かりかりチキンカツ」(450円)、「かりかりチキン南蛮」(490円)など。モチコチキンのトッピングに「マンゴパイナップルサルサ」「コリアンダーサルサ」「ワサビ」(以上100円)などを提供する。

 ドリンクは「ホッピー」(200円)や「コーラ」「ウーロン茶」(以上300円)、「レモンサワー」「角ハイボール」「南高梅酒(紀州産)」「マンゴー酒(沖縄産)」(以上390円)、「生ビール(プレミアムモルツ)」(400円)、「蜂蜜かぼすハイ」「黒霧島」(以上450円)など。

 営業時間はam11:00~pm20:00。

 
鶏&デリ http://toriand.com/
品川区戸越1-16-8
電話03-3784-1801

東京港区・西新橋の虎ノ門ヒルズ近くに肉そばの専門店「肉そば ごん」がオープン

7月24日東京港区・西新橋の虎ノ門ヒルズ近くに肉そばの専門店「肉そば ごん」がオープンした。

 このお店の経営は精肉卸業者のヤザワミート。同社は都内や海外で焼き肉店など13店舗を展開してきたが、社長の稲田智己氏のそば好きが高じ、2年間の準備期間を経てオープンに至った。店内は落ち着いた和風な造りで、店舗面積は約23坪。テーブル22席、カウンター11席の全33席。

 日清製粉と共同開発した麺は、そばの香り、風味、のど越し、食感を重点に置き、太くてこしのある麺に。麺以外にも、和風に味付けした牛バラ肉、香り付けの油ネギ、ソーダカツオの厚切り節による魚介系だしと、全体のバランスを考え試行錯誤の末に完成させた。無料で提供する「天かす」「ラー油」「黒七味」などを好みでトッピングすることもできる。

 「リーズナブルでボリューム満点。風味豊かな自慢の『肉そば』を多くの方に楽しんでいただきたい」と稲田氏。

 ランチは「肉そば」「シビレまぜそば、追い飯付」「つけそば」(以上850円)、「肉そば温玉付」(950円)、「煮豚、味玉付の特製シビレまぜそば、追い飯付」「煮豚、味玉、のり付の特製つけそば」(以上1000円)、「特製肉そばA・B」(以上1100円)。その他「肉増し」「鬼おろし」「とろろ」「わかめ」「煮豚」「味玉」「メンマ」(以上100円)などのトッピングも用意。そばの大盛りは全品無料で提供する(並盛り=180g、大盛り=230g)。

 ディナーでは、ランチメニューに加えビール(300円~)、日本酒(400円~)、ハイボール、サワー、焼酎(以上500円)、ソフトドリンク(350円~)など。「きゅうりのたたき」(400円)、「長芋のキムチ」「ポテトサラダ」「和牛スジ煮込み」(以上500円)などのつまみ類も用意する。

 営業時間はam11:30~pm15:00、pm17:00~pm23:00(土・日曜・祝日=am11:30~pm21:00)。


肉そば ごん http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13170622/
港区西新橋2-13-4 西新橋2丁目ビル
電話03-5501-2938

東京豊島区・池袋の池袋サンシャインシティ・サンシャイン水族館に「南国ビアガーデン」がオープン

7月19日東京豊島区・池袋の池袋サンシャインシティ・サンシャイン水族館に「南国ビアガーデン」がオープン(8月31日まで)

 このビアガーデンはサンシャイン水族館の屋外エリア・マリンガーデンを南国風に仕立てて運営するもの。ビールやフードメニューを提供するほか、ファイヤーダンス、タヒチアンダンス、ナイトバードパフォーマンスなどのステージパフォーマンスを日替わりで披露する。

 pm18:00~pm19:30には、普段アシカが泳いでいるドーナツ型の水槽「サンシャインアクアリング」にペンギンが登場。下から見上げるかたちでペンギンが泳いでいる姿を見ることができる。

 メニューは「生野菜のバーニャカウダー」「イカのフリット」「チーズリゾットのコロッケ」(以上400円)、「エビとマッシュルームのアヒージョ」(450円)、「チリポテト」(350円)、「串焼きベーコン」(500円)など。

 アルコールは「キリン一番搾り生ビール」「スパークリングモヒート」「杏ジンジャー」「スパークリングハイビスカス」「フォアローゼスハイボール」(以上500円)、「お酒のシャーベット チョコバナナ」(400円)、「スミノフフローズン」「お酒のフローズンピニャコラーダ」(以上450円)など。

 ビアガーデンの営業時間はpm17:00~pm21:00。水族館入場料は、大人=2000円、子ども(小・中学生)=1000円、幼児=700円、シニア(65歳以上)=1700円。大人限定のアフターファイブチケット(1600円、~10月30日まで)も用意する。

 ステージイベントの開催時間などはホームページで確認できる。


南国ビアガーデン http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/information/i211.html
豊島区東池袋3-1 サンシャイン水族館屋外マリンガーデン
電話03-3989-3466

東京武蔵野市・吉祥寺の吉祥寺第一ホテル・地下にある「東京ボウリングセンター」がリニューアルオープン

7月5日東京武蔵野市・吉祥寺の吉祥寺第一ホテル・地下にある「東京ボウリングセンター」がリニューアルオープンした。

 東京ボウリングセンターは、1952年に東京・青山の神宮外苑脇で誕生した日本初の民間ボウリング場。同ホテルの開業と同時にこの地へ移転。サイズが合うマイボールをカスタマイズできるプロショップ、ビリヤードも併設している。

 リニューアルされたボーリング場の受付は最新のタブレットエントリーシステムを導入。また、レーン上モニターや卓上モニターは最新式スコアーシステム「VECTORスコアラー」に変わり、操作性が向上。日本初導入になる「Pin Deck Light」は7色に光るピン、LEDライトでレーンを照らすなどの演出システムが導入されている。

 「導入されたLightworxシステムは、ボウリング場が大人のパーティ空間になるような光と音の演出でゲームを盛り上げます」と、広報担当者。「またプレイ中にモニターで流れるアニメーションは200パターン以上。多彩なアニメーションで場を盛り上げます。記念日用としてバースデーアニメーションもご用意し、ご家族や仲間同士のパーティ・お祝いに最適」とも。

 営業時間は平日=am10:00~pm22:30(金曜=~pm23:00まで)、土曜=am8:00~pm23:00(日曜・祝日は~pm22:30まで)。


東京ボウリングセンター http://kichijoji.hankyu-hotel.com/bowling/
武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 吉祥寺第一ホテル
電話0422-21-4411

東京港区・赤坂の赤坂サカスに「-196℃チューハイガーデン」が期間限定でオープン

7月19日東京港区・赤坂の赤坂サカスに「-196℃チューハイガーデン」が期間限定でオープンした。(8月31日まで)

 このお店はTBSの番組がブースを展開する「夏サカス2014デリシャカス~番組グルメでおもてなし~」に出店するもの。アルコール度数8%で、甘くない「爽快なキレ味が特徴」という「-196℃ストロングゼロ」の「ドライ」「ダブルレモン」(各200円)をメインに、オリジナルの「マーボー豆腐」(レギュラー=500円、ハーフ=300円)や「マーボー風パイ」(250円)なども販売する。

 オープニングイベントでは、同商品のCMに出演中の女優・天海祐希が登壇。天海は、「チューハイはとても飲みやすく、どんな食べ物にも合うので、もっと食事を楽しめる。ビアガーデンのような感覚で遊びに来ていただければ」と話す。

 営業時間はam11:00~pm21:00。


-196℃チューハイガーデン http://www.suntory.co.jp/news/2014/12073.html
東京都港区赤坂5-3 赤坂サカス

東京港区・新橋の新橋駅銀座口近くに小龍包・創作中華の店「エーダイニング(A・DINING)」がオープン

6月30日東京港区・新橋の新橋駅銀座口近くに小龍包・創作中華の店「エーダイニング(A・DINING)」がオープンした。

 このお店の経営は、アイ・エヌ・ジー。店舗面積は約54坪、席数は72席、明るく開放的で西欧の街並みとカフェテリアをイメージした店内となっている。

 デザイン・印刷業も営む同社の川口社長は、「中華料理をよりライトな雰囲気の中で楽しんで欲しいというコンセプトの元、店内をデザインした。トリックアートのような壁紙で奥行きをみせるなど店内全体に工夫を凝らしている」と話す。

 ディナーは、点心が「小龍包(3個)」(600円)、「広東焼売(3個)」(650円)など全11種、「ぷりぷりエビと野菜のジュノベーゼ」(980円)、「麻婆豆腐」(900円)、「坦々麺(赤)」(900円)、「エビのマンゴーマヨネーズ炒め」(1380円)、「牛ロースのみそバター炒め朴葉風味」(1800円)、「まるごとロブスターのガーリック炒め」(4800円)などデザートも含め60品以上をそろえている。また、コース料理も「飲茶コース」(3500円)など4コースから選べる。飲み物は、ビール、焼酎、酎ハイ、ウイスキー、ソフトドリンクなど。

 ランチは、「本日のおトクな日替わりランチ」「鶏の唐揚げ甘酢ソース(ユーリンチー)」「飲茶ランチ」「炒飯ランチ」(以上1000円)、「坦々麺(黒・赤)ランチ」(1100円)、「涼麺ランチ」(1200円)。

 営業時間は、ランチ=am11:00~pm15:00、ディナー=pm17:00~pm24:00。日曜・祝日定休。


エーダイニング(A・DINING)http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13169782/
港区新橋1-4-5 G10ビル5F
電話03-6280-6455

東京豊島区・池袋の南池袋郵便局近くにはちみつカフェ「アプトカフェハチサン(Apt Cafe.83)」がオープン

7月14日東京豊島区・池袋の南池袋郵便局近くにはちみつカフェ「アプトカフェハチサン(Apt Cafe.83)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は75㎡、席数は20席。健康志向で甘いものが好きな女性をターゲットに、蜂蜜をメインに使ったメニューを展開する。

 社長の遠藤氏は「当店では一切白糖を使用せず、蜂蜜だけで甘みを出している。蜂蜜はアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが多く含まれており、カロリーも少ないので健康的な食材」と話す。

 「普段の生活にあまりなじみのない蜂蜜をもっと食事に取り入れてほしい」という思いから、スイーツをはじめ、フードやドリンク、アルコールなどのメニューを用意。「ふわふわたまごのハニードリア」「ハチミツエッグベネディクトのマフィンと焼きたてクロワッサン」「ハチミツフルーツとフランスパンのふわふわフレンチトースト」(以上1280円)、「ハニービア」(580円)、「ハニーモヒート」(680円)、「生姜とレモンのはちみつジンジャーエール」(500円)など。

 遠藤氏は「池袋にはカフェが少ないとずっと言われていたので、出店を決めた。南池袋の少し路地に入った場所で隠れ家のように営業している。wi-fiなども完備し、ゆっくりとした時間を過ごせるように心地いい音楽と蜂蜜でお待ちしている」と話す。

 営業時間はam12:30~pm21:30(L.O.は~pm21:00)。火曜定休。


アプトカフェハチサン(Apt Cafe.83)http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13170604/
豊島区南池袋2-17-1 第三岩田ビルB1
電話03-5944-9960

神奈川県横浜市・横浜税関近く・象の鼻テラスにて「スナックゾウノハナ(SNAC ZOU-NO-HANA)『下弦の月の晩餐会』」が開催

7月19日神奈川県横浜市・横浜税関近く・象の鼻テラスにて「スナックゾウノハナ(SNAC ZOU-NO-HANA)『下弦の月の晩餐会』」が開催される。

 「スナックゾウノハナ」は、より市民に開かれたテラスを目指し、来場者とアーティストがお酒を片手に直接対話できる機会として、不定期に開催。17回目となる今回は「一夜限りの晩餐会」をテーマに、光とオブジェ作家のako、衣裳美術家の稲村朋子、フードコーディネートやアートブッキングを手がける内藤正雄によるアーティストユニット「tobila」のプロデュースで、インスタレーション、ダンスパフォーマンス、音楽、フードを用意する。

 フードブースを担当するのは、(1)山手のフランス料理惣菜店「Le Traiteur Oguro」、(2)ワイン酒場「sabatoratotur(サバトラトトゥア)」、(3)生産者から直接仕入れた季節の果物や野菜を使って添加物を使用しないジャムを製造する「旅するコンフィチュール」の3組。

 参加アーティストは、ダンサーの堀田千晶、ヴァイオリニストの田代裕貴、サウンドアーティストの佐脇由佳里、映像作家の三行英登、フローリストの西澤力、音楽家の熊地勇太ほか。

 tobilaの内藤氏は「国外で活躍するアーティストたちのための表現の場をつくりたかった。山下公園で花火大会があるこの日、国内外で活躍するアーティストたちがコラボする一夜限りの晩餐会を堪能しに来てほしい」と話している。

 開催時間はpm19:00~pm22:00。入場無料。


下弦の月の晩餐会 http://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=265
横浜市中区海岸通1-1スナックゾウノハナ(SNAC ZOU-NO-HANA)
電話045-680-5677

東京台東区・上野のJR上野駅内・エキュート上野にハイボール専門店「HIGHBALL'S うえのステーション」がオープン

7月12日東京台東区・上野のJR上野駅内・エキュート上野にハイボール専門店「HIGHBALL'S うえのステーション」がオープンした。

 このお店の運営はサントリーグループのダイナック。「高品質のハイボールが気軽に味わえるバル」をコンセプトに新業態として出店したもの。「今回、超強力炭酸でよく冷えたハイボールを提供するため、当社初となるハイボール専用ディスペンサー『ゼウス』を導入した」という。店舗面積は17.6坪で、席数は17席。

 提供するドリンクは「角ハイボール」(450円)、「響ハイボール」(800円)「山崎ハイボール」(640円)や「メーカーズハイボール」(740円)、「マッカランハイボール」(880円)など16種類。

 フードは「ハイボールに合うもの」という「やみつきペッパー」(540円)、「照り焼きタルタル」(540円)、「ナポリタン風もっちりナンピザ」(980円)など。

 「ハイボールのために開発されたディスペンサーを用いることで、超強力炭酸でよく冷えたハイボールを継続的に提供できることが可能となった。30~40代の忙しいビジネスマンの会社帰りのコミュニケーションや待ち合わせなど、時間がない『ちょい飲み』ニーズに対応する」と話す。

 営業時間はam7:00~pm23:00(日曜・祝日は~pm22:30まで)。


HIGHBALL'S うえのステーション http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13124651/
台東区上野7-1-1 エキュート上野3F
電話050-5890-4799(予約専用)、03-5826-5623(問合せ専用)

東京渋谷区・表参道の宇宙をテーマにしたレンタルスペース&カフェ「宇宙かふぇ」で、「表参道宇宙博2014」が始まった。(8月7日まで)

7月16日東京渋谷区・表参道の宇宙をテーマにしたレンタルスペース&カフェ「宇宙かふぇ」で、「表参道宇宙博2014」が始まった。(8月7日まで)

 この企画はカフェを手掛ける田口智之氏、千恵さん夫婦がかねて親交があった、宇宙関連専門の演劇ユニット「宇宙食堂」と共同で実施するもの。アポロ計画や月に関するイベントを開く「アポロ★ナイト」(7月16日~20日)と、星に関するイベントを展開する「スターウィーク」(8月1日~7日)の2部構成。

 今年はアポロ11号打ち上げから45年の節目に当たる年。店頭には、アポロ11号を載せたサターンⅤ型ロケットを模したオブジェ(高さ3.7m)を設置。アポロ11号が打ち上げられた7月16日から、月面着陸を果たした7月20日までを期間とする「アポロ★ナイト」では、店内にアポロ計画(1号~17号)を紹介する資料を展示するほか、月と地球の距離を体験できるようなディスプレーも展開。

 19日・20日には、宇宙食堂の朗読劇や、JAXAのボランティア・宇宙教育リーダー「ぜろ先生」を講師に招き、宇宙環境や宇宙食などについて学んだりする「宇宙飛行士プチ体験ワークショップ」を行う。月面探査を目指す日本の民間宇宙開発チーム「ハクト」ともコラボし、店頭では同チームが開発した「月面ローバ」の操縦体験を行うほか、同チームがイベントを開いている六本木とここを中継してのトークショーなども予定している。

 期間中、「ガガーリンフロート」(750円)や赤い月と星空をイメージした「レッドオムーンライス」(980円)、「アポロチョコ」(250円)などの限定メニューを提供。

 旧暦の7月7日に当たる日を指す「伝統的七夕」(今年は8月2日)を含む日程で開く「スターウィーク」期間中は連日、星空観望会や短冊作りなどを実施。星や星座に関するフードやドリンクの提供、グッズ販売もする。土・日曜には、星座早見盤作りや星砂で星座を作るワークショップ、「宇宙食堂」による演劇などを実施。2日・3日には「惑星すくい」などができるコーナーも設ける予定。

 また、8月6日には、星の楽しみ方を提案するカフェバー「星カフェSPICA」と中継で結ぶ、宇宙かふぇ=航空系、星カフェSPICA=天文学系と両店の特長・強みを生かしたクイズを出し合う「東西宇宙クイズバトル」を開く。

 イベントは予約制。開催日や定員などはホームページで確認できる。このお店の営業時間はam11:00~pm22:00。火曜定休。


表参道宇宙博2014 http://www.uchu-cafe.com/uchu-cafe/SS2014
渋谷区神宮前4-13-20
電話03-6432-9790

東京杉並区・西荻窪の西荻窪駅南口にスムージーとサラダの専門店「オッチコッチ(Occhi×Cocchi)」がオープン

7月1日東京杉並区・西荻窪の西荻窪駅南口にスムージーとサラダの専門店「オッチコッチ(Occhi×Cocchi)」がオープンした。

 このお店は有機野菜やフルーツのスムージー、野菜サラダ、カットフルーツの販売を中心に、農家から直接仕入れた野菜がそろう産直市を毎日開くお店。

 メインのスムージーは250円~。平日~am10:00までの「朝スムージー」は200円。サラダは100gからの量り売りとなっている。

 現在、朝スムージーが月2000円で平日毎朝飲める「平日朝スム会員」も募集しており、栄養士監修によるメニューを使った継続的な健康管理を呼び掛けている。

 担当の谷口氏によると、取り扱うオーガニック(有機)野菜は主に茨城、埼玉、千葉、愛媛、徳島から仕入れを行い、どの野菜も農家のこだわりが詰まった自信作という。「それぞれ農家の思いや野菜ができるまでの熱いストーリーをたくさんの方に伝えられたら」と話す。

 社長の田中氏は、「スムージーを通じ、里山の面白さ・楽しさ・生き方を多くの人に伝え、ふるさとに根付いていく人の流れを作り出し、日本を元気にしたい」と話す。

 営業時間は平日=am7:00~pm20:00、土・日・祝日=am10:00~pm18:00。


オッチコッチ(Occhi×Cocchi)http://grasoul.jp/
杉並区松庵3-25-10 三楽ビル

東京葛飾区・立石の立石駅通り商店街に「立石バル タマリバ(TAMARIBAR)」がオープン

7月2日東京葛飾区・立石の立石駅通り商店街に「立石バル タマリバ(TAMARIBAR)」がオープンした。

 このお店のオーナーシェフ・石井裕士氏は、生まれも育ちも葛飾区。赤坂や銀座のレストランで16年間コックとして勤務し、1年半のバーテンダー経験を経て独立した。「1号店は地元で」との思いがあったという。店名は「地域の人にとってのたまり場にしたい。名前の通り、気軽に立ち寄れるアットホームな居場所にしたい」との思いから付けた。

 お店はプーリア州を中心とする南イタリアの郷土料理を、日本人の舌に合うようアレンジして提供。石井氏は「南イタリア料理は、フレンチと比べて気取らない雰囲気が気に入っている。机の上に小皿をたくさん並べて、皆でつまみながらワイワイおしゃべりするのが本場の楽しみ方」と話す。ワインは「北から南までのイタリアワインを取りそろえている。イタリアワインは渋みが少なく、軽くて飲みやすい。取りあえずビール、の感覚で試してほしい」とも。

 メニューは、豚肉と数種類のハーブをブレンドしたソーセージ「自家製極太サルシッチャ」(880円)。「肉のうま味が濃厚でピリッとスパイシー」とオーナー。そのほか、生地から手作りする「焼きたてのマルゲリータピザ」(620円)、サンダニエーレ産の生ハムのブロックを目の前でスライスする「生ハム」(Sサイズ720円、Lサイズ980円)など。石井氏は「塩気が強く、肉のうま味がガツンと感じられる生ハムはお酒が進む」と話す。同店で一番注文が入るという「TAMARIBARハイボール」は甘口で女性客にも人気だが、何をブレンドしているかは企業秘密だという。

 「ワインによく合う軽めの食事を豊富に取りそろえている。立石でハシゴするときの2軒目、3軒目としても良いのではないか。女性の一人客も歓迎」と石井氏。

 営業時間はpm16:00~翌am2:00。


立石バル タマリバ(TAMARIBAR)http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13169354/
葛飾区立石4-27-11
電話03-5670-1325

東京港区・虎ノ門の虎ノ門ヒルズ向かいに、「グッドモーニングカフェ&グリル」がオープン

6月10日東京港区・虎ノ門の虎ノ門ヒルズ向かいに、「グッドモーニングカフェ&グリル」がオープンした。

 このお店の経営はバルニバービ。店舗面積は約36坪で、席数は店内54席、テラス38席を設ける。建物はコンテナを連結した平屋建て。テラス席は新虎通りとつながっている。

 朝型をテーマに展開してきた業態だが、ここでは「グッドモーニングカフェ&グリル」と名称を変え、これまで以上に夜も楽しめるように、鉄板料理や串揚げ、野菜や肉・魚のイタリアンやビストロメニューなど、ビールやワインに合うディナーメニューも用意する。

 バルニバービ広報担当の福地氏は「全てを新しくハイパーラグジュアリーなものではなく、虎ノ門ヒルズの階下に下りてきたら、ちょっとホッとできるような空間や時間を少しでも手助けできるような存在でありたい。新虎通りの整備も進み、新しい街の発着地点としての存在になりたい」と話す。

 ランチは「ヘルシーパワーランチ」(1200円)、「GMC日替わりランチ」(880円)、「GMCステーキランチ」(1380円)、「マーケットサラダランチ」(900円)、「GMCプレミアムバーガープレートランチ」(900円)。さらに土日限定で「ヴァカンツァランチ」(1350円)も用意。

 終日提供するメニューとして「ヘルシードリンクアサイーバナナミックス」(500円)、「エンゼルフードケーキ バニラキャラメル」(600円)、「虎ノ門パフェ」(880円)、「パドワイザードラフト」(480円)、「グラスワイン(赤・白)」(430円)、「自家製サングリア」(530円)など。

 ディナーは「GMCカスタムサラダ」(1350円)、「エビとアボカドのサラダ山葵風味」(780円)、「エビのケイジャンスパイス」(650円)、「本日鮮魚のポワレ 香草ソース」(950円)、「淡路産牛ステーキフリット」(1600円)、「HOTペンネアラビアータ」(1000円)、「串揚げ(6種盛り合わせ)」(950円)、「虎ノ門焼き」(880円)など、ビール・ワインに合う料理約20種類を用意する。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm15:00、ディナー=pm17:00~pm22:00、カフェ=am11:30~pm23:00。


グッドモーニングカフェ&グリル http://www.gmc-toranomon.com/
港区西新橋2-16-6
電話03-6403-4141

神奈川県横浜市・横浜の横浜中華街にセルフスタイルのフローズンヨーグルト専門店「LANI YOGURT」がオープン

7月12日神奈川県横浜市・横浜の横浜中華街にセルフスタイルのフローズンヨーグルト専門店「LANI YOGURT」がオープンした。

 このお店を運営するスカイグロース代表の吉田典弘氏が2年以上をかけてはじめから開発したオリジナルレシピ。この方法で、生ヨーグルトと牛乳のみを使い手作業で作られたものを適温のマイナス6℃で提供。フレーバー・量・トッピングを自由に組み合わせ、レジで重さを量って会計する。価格は100g300円。

 フレーバーはプレーン、パイナップル、ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、バナナ、ココナッツ、マンゴーの8種類で、さっぱりとした味わいが特徴。季節によって種類は入れ替えるという。トッピングはフレッシュフルーツやクッキーなど24種類を用意。また、冬はホットドリンクなども提供するという。

 吉田氏は「ハワイで出会った本場の生フローズンヨーグルトを日本で販売したいと思い、ゼロから家で研究を重ね、ほかの店にはない味を出せた。ヘルシーなので、中華のあとにぴったり」と話す。

 店舗面積は約30㎡、席数はカウンター席3席。営業時間はam11:00~pm20:00。


LANI YOGURT http://lani-yogurt.com/
横浜市中区山下町97-2
電話045-319-6850

東京渋谷区・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイス・時計広場に、「時計広場 サマーテラス」がオープン

7月4日東京渋谷区・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイス・時計広場に、「時計広場 サマーテラス」がオープンした。(8月31日まで)
 
 夏季のアルコール企画として昨年初開催したビアガーデン。昨年は期間中延べ3万人ほどが来店した。平日は男女共に20~30代のオフィスワーカーが中心で、休日には20~60代など幅広い層の利用があったという。オープンスペースに400席ほどの席を設ける。

 メニューは、生ビールや「プレミアムブラック」(以上700円)などのエビスビール、モヒート、サングリア(以上650円)などのカクテル、プラムのような赤系果実の強いブーケ(=熟成中に出る香り)が特徴のワイン「ヒーローズ」(グラス550円、フルボトル2100円)などのドリンクや、「ヘルマンソーセージ5種盛合わせ」(1400円)、「北海道産丸イモのフライドポテト」(500円)、枝豆(400円)などのフードを提供。

 営業時間はam12:00~pm22:00(~pm17:00までは一部メニューのみの提供)。荒天時は中止の可能性有り。


時計広場 サマーテラス http://beer.30min.jp/place/2339247
渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス
電話03-5423-7111

東京港区・表参道の表参道駅B2出口近くに「モンスーンカフェ表参道」がオープン

6月30日東京港区・表参道の表参道駅B2出口近くに「モンスーンカフェ表参道」がオープンした。

 このお店の経営はグローバルダイニング。1993年に西麻布に出店して以降、代官山や渋谷、恵比寿、大阪、米ロサンゼルスなどに出店しているチェーン店。表参道の店舗は13店舗目となる。ターゲットは20代後半~30代の女性を中心に、近隣企業で働くビジネスマン、近隣住民。

 店舗面積はキッチンを含め114㎡。店内はテラス・バー・ダイニング・カウンターで構成し、席数は店内46席、テラス15席合わせて61席を用意。店舗デザインは、同社のワイン&グリル「LB」を設計したチーフデザイナー樋口琢匠氏。「くつろぎの空間」を目指しながら、既存の大衆に向けた空間設計ではなく、スケールを小さくした「心地よいリビング」を意識したという。店内には、銅のランプや花のアートワークなどオリジナルアイテムもディスプレーする。

 メニューは「ヘルシーエスニック」をテーマに、国内の契約農家や「鮮度や安全にこだわった」魚介・肉類、各地から仕入れるハーブや調味料を使い、化学調味料や合成保存料の使用を控える。ランチには、「パッタイ(海鮮焼きビーフン)」「グリーンカレー」などから選ぶメイン料理にサラダとドリンクが付くセット(1000円、平日)などを用意。

 ディナーでは、鶏だしのスープと生麺のフォー「鶏肉と香味野菜のベトナムフォー」(950円)などを提供。同店限定メニューとして、若鶏を一羽丸ごと店内で仕込みをし、特製のたれを「何度も」塗って仕上げた「清流若鶏のパリパリロースト」(1/2羽1280円)も用意する。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm15:30、ディナー=pm17:30~翌am1:00(土・日・祝日はam11:30~翌am1:00)。


モンスーンカフェ表参道 http://www.monsoon-cafe.jp/omotesando/
港区北青山3-6-26 佐藤ビル
電話03-5468-5981

東京渋谷区・渋谷の公園通りにハワイ発「コアパンケーキハウス(KOA PANCAKE HOUSE)」の国内1号店がオープン

7月6日東京渋谷区・渋谷の公園通りにハワイ発「コアパンケーキハウス(KOA PANCAKE HOUSE)」の国内1号店がオープンした。

 このお店の経営は不動産ソリューションや飲食店経営などを手掛けるデイネット。もともとは「エッグスンシングス」の創業者ジェリー・フクナガ氏がオープンした店がルーツ。ハワイ・オアフ島に7店舗を展開し、地元紙ホノルル・アドバタイザーの「ベスト・パンケーキ賞」「ベスト・ブレックファスト賞」などを受賞している。

 「ハワイ好き」でもある武本興昌社長率いるデイネットは、昨年12月に独占地域多店舗事業契約を締結。日本1号店の出店地にはこだわり、「『大人の街』に変貌しつつあり、新たなビジネスチャンスが到来する」と見越したほか、海外で大規模展開しているパンケーキ店が出店していないことなどから渋谷に決めた。

 店舗面積は26.44坪。席数は42席。「ハワイにいるような店」を目指した店舗設計は西脇一郎デザイン事務所によるもの。木目を基調にオレンジ色を差し色に採用した。壁面にはハワイの古書にある絵画や、本国の店舗にも飾られているハワイの写真などをディスプレー。BGMには波の音とハワイアンミュージックを流す。

 メニューの基本コンセプトは本国と同じだが、見た目などは日本人向けにアレンジした。スイーツ系パンケーキは、ホイップクリームとイチゴのコンポートをトッピングする「ストロベリーホイップクリム」(1026円)や、チョコチップを練り込んだ生地にハワイ・ハアクア産マカダミアナッツをトッピングする「チョコレートマカダミア」(1080円)などをラインアップ。

 日本オリジナルで季節などに合わせたパンケーキも用意。オープン時には、ココナツファインを入れて焼いた生地にココナツオイルをかけたアイスとパインのコンポートをトッピングする「ココナツパイン」(1296円)を夏季限定で提供する。スイーツ系のパンケーキは、提供時に出されるメープルシロップとオレンジ風味のシロップを好みでかけて食べる。

 そのほか、ポルチュギーズソーセージや目玉焼きをそえる「ローカルモーニングプレート」(1350円)、オランデーソースとバジルソースの2種のソースをかける「エッグベネディクト」、現地でも「人気」だという「フライドライスロコモコ」(以上1242円)などの食事系、ハワイアンビール(756円~)などのアルコールに合わせた「ポップコーンシュリンプ」「ハワイアン枝豆」(以上540円)などのつまみ系もラインアップ。紙コップで提供するソフトドリンクの一部は本国と同じ1ℓのメガサイズもそろえる。

 スタッフはアロハシャツを着用し、「アロハ」「マハロ」などハワイ語も多用。「当店でハワイを疑似体験して、リラックスして過ごしていただければ」と話すのは、ハワイに2年ほど住んでいた経験を持つディレクターの水上文乃氏。

 営業時間はam10:00~pm21:00。


コアパンケーキハウス(KOA PANCAKE HOUSE)http://koapancakehouse.jp/
渋谷区神南1-15-8
電話03-6455-3678

東京中野区・新井薬師の薬師あいロード・アートキャンディー専門店「パパブブレ」となりに、ジェラートカフェ「スノーピクニック(SNOW PICNIC)」がオープン

6月27日東京中野区・新井薬師の薬師あいロード・アートキャンディー専門店「パパブブレ」となりに、ジェラートカフェ「スノーピクニック(SNOW PICNIC)」がオープンした。

 このお店は渋谷や横浜など日本国内に5店舗の「パパブブレ」から発した新ブランド。本社所在地である中野店のとなりに店が移転したことをきっかけに「パパブブレ」と横並びで新業態のジェラート専門店を作った。

 オーナーの菅野氏は「1年半前にアジアの複数の国でジェラート専門店を見つけた際に、『日本でやってみたい』と思った」という。9年前にパパブブレを日本初出店する際にも、スペイン・バルセロナで友人が始めたパパブブレ本店を見て衝撃を受け、自ら修業して日本に持ち込んだという経緯がある。

 提供するジェラートは、すでにできているものをショーケースに並べて選ぶ形式ではなく、注文後に液体窒素を使ってその場でジェラートを完成させるというもの。「その場で作ったほうがフレッシュな物が作れるし、液体窒素で作ると見た目も楽しい」とオーナー。現在は暫定の日替わりメニューで「ミルク」「エスプレッソ」「オレオ」「アーモンド」などを提供している。

 もう一つの「売り」であるコーヒーは、こだわりのロースト製法で豆を提供している業者から仕入れ、イタリア製「LAMARZOCCO(ラ・マルゾッコ)のコーヒーメーカーで抽出する。現在はコロンビア豆を使い、週替わりでいろいろなコーヒー豆を提供する予定。メニューはアメリカーノやラテ、アイスカフェラテなど。

 「パパブブレも6月25日でちょうど9周年、灼熱(しゃくねつ)のパプアニューギニアとブルキナファソの村をイメージして赤と黄色をベースにリニューアルした。そのタイミングでとなりに雪山を見ながらピクニックができるような涼しい庭を造ったつもり」とオーナー。

 営業時間は現在未定。火曜定休。


スノーピクニック(SNOW PICNIC)
中野区新井1-15-12

東京新宿区・四ツ谷の四谷四丁目交差点近くに、八幡浜ちゃんぽん専門店「莢(さや)」がオープン

6月4日東京新宿区・四ツ谷の四谷四丁目交差点近くに、八幡浜ちゃんぽん専門店「ちゃんぽん莢(さや)」がオープンした。

 愛媛県八幡浜市のソウルフードである「八幡浜ちゃんぽん」は、長崎ちゃんぽんが豚骨ベースの白濁した濃厚なスープであるのに対し、鶏がらやイリコなどでだしを取ったしょうゆベースのあっさりしたスープが特徴。地元には八幡町ちゃんぽんを提供する店が50店以上あり、マップやキャラクターを作るなどちゃんぽんでまちおこしを行っている。

 このお店は、近くで営業する鉄板ダイニング「莢」、鉄板焼き・お好み焼き「莢」の系列店。八幡浜市出身のオーナーが地元のために何かできないかと、お店を開いた。メインターゲットである女性が1人でも入りやすいように、店内は白と黒を基調に明るく清潔感のある内装に仕上げ、ランチはちゃんぽん、ディナータイムにはちゃんぽんのほか、郷土料理やアルコール類も提供する。

 ランチは、「八幡浜ちゃんぽん」「焼きちゃんぽん」(以上690円)、「ちりめんじゃこのせご飯」「けずり蒲鉾のせご飯」(以上260円)。残ったスープに入れてリゾット風に楽しめるというライス(小110円、中160円、大210円)と温泉卵(60円)も用意する。売りであるちゃんぽんには愛媛の製麺所から取り寄せる太めのちゃんぽん麺を使い、じゃこ天や豚肉、キャベツ、タマネギ、ニンジン、モヤシなど約160gの具材を載せる。

 ディナーは、「じゃこカツ」「ふか(サメ)の湯ざらし」(以上480円)、「八幡浜 くずし(練り物)屋セット」(780円)、「八幡浜ちゃんぽん」(790円、ハーフ560円)、「海鮮ちゃんぽん」(980円、ハーフ680円)、生ビール(500円~)、サワー(550円~)、カクテル(580円~)、ワイン(グラス=780円、ボトル3,900円)、焼酎(550円~)、「おらが自慢のみかんジュース」(550円)など。

 お店自体、八幡浜市の知名度向上と観光振興などを図るための「やわたはま応援隊」として同市から認定されている。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm15:00、ディナー=pm15:00~pm22:00(L.O.)。


ちゃんぽん莢 http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13169170/dtlrvwlst/6388201/
新宿区四谷4-9 グゥビル
電話03-6380-4938

東京港区・赤坂の一ツ木通りに韓国発のカフェ「カフェベネ赤坂一ツ木通り店」がオープン

6月25日東京港区・赤坂の一ツ木通りに韓国発のカフェ「カフェベネ赤坂一ツ木通り店」がオープンした。

 このお店の運営はカフェベネジャパン。韓国では約1000店舗を展開するチェーン店だ。昨年12月に日本初のマスターフランチャイズ店を羽田空港第1ターミナルにオープンし、ここは2号店。路面店としては初の出店となる。

 店舗面積66坪。席数はテーブル42卓94席。うち18席は完全分煙席。木目と黒を基調とし、ナチュラルビンテージとシンプルモダンを取り入れたという内装。ゆっくりと過ごしてもらうことを目的として、代官山「蔦屋書店」の洋書セレクト担当者が選んだ洋書約100冊を配置し、ブックカフェとしても利用できるようにした。

 メニューは、エスプレッソにお湯を注いで提供する韓国でポピュラーなコーヒー「カフェアメリカーノ」、豆本来の味わいが楽しめる「ドリップコーヒー」(以上、Sサイズ320円)、オーガニックシロップ「アガベ」を加えたスペシャリティーラテ「バニラ・アガベラテ」(同380円)など。

 また、フードは、北海道のジェラート専門店「ミルキッシモ」から直送される8種類の「ジェラート」(シングル360円、ダブル480円)、ホットクの粉を自社でオリジナル生地に加工して焼き上げた「ホットク・ワッフル・小豆」「ホットク・ワッフル・抹茶小豆」(以上340円)、「ホットク・ワッフル・チーズ」(360円)もそろえる。

 営業時間はam7:00~pm22:00。


カフェベネ 赤坂一ツ木通り店 http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13169854/
港区赤坂4-3-6
電話03-6426-5511

東京中央区・銀座の並木通り沿いに和食店「小熊」がオープン

6月26日東京中央区・銀座の並木通り沿いに和食店「小熊」がオープンした。

 このお店の店主は1968年、北海道生まれの小岩浩高氏。山の中で育ち、幼い頃から天然のキノコや山菜などの豊かな食材を食べて育ったことが一つのきっかけとなって料理人を目指したという。

 北海道のすし店で働いた後、新橋の老舗京料理店「京味」で6年間修業。「和食の神髄」を学んだという。2008年には六本木に「小いわ」をオープンするが、「日本を代表する繁華街であり、食の中心である銀座で、自分の料理で勝負したかった」という理由から、「小熊」のオープンに至った。

 店舗面積は34坪。席数はカウンター8席、テーブル席14席(個室3室)。客単価は2~3万円前後を想定し、ターゲット層は接待用途のビジネスマンやプライベートでぜいたくな食事をする銀座界隈のお客、日本の「おもてなし和食」を体感したい外国人、グルメや食通の人など。

 料理は2万3760円と3万2400円のコース料理。コースでは「魚の熟成刺身」や、「一人鍋」、専用冷蔵庫内に特殊な「うまみ菌」を繁殖させ、その中で牛肉を約40日間かけて熟成させた「特製 香り熟成肉」などを提供(メニュー内容は仕入れ状況により異なる)。

 ドリンクは「伯楽星 特別純米」(1296円)、「紫波の匠 大吟醸」(1620円)、「五橋 大吟醸 袋取り 雫」(2700円)、「龍力 金賞受賞酒 大吟醸」(4104円)など日本酒約15種類をそろえ、季節の酒も含めて入れ替えていく。月替わりで小規模醸造所の地ビールも提供し、7月は、御殿場の「アウグスビール」(1296円)を用意。

 小岩氏は「和食のコース料理では前半におわん物が出るのが一般的だが、お酒を召し上がるお客さまの中には、コース前半での汁物はお酒の邪魔になるという方が結構いらっしゃる。当店ではこのおわん物の代わりに後半でお一人さま用のお鍋をお楽しみいただく」とこだわりをみせる。

 営業時間はpm17:30~pm23:00。日曜、祝日、第1・3・5土曜定休。


小熊 http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13169901/
中央区銀座5-5-13 坂口ビル3F
電話03-5537-7444

東京杉並区・高円寺の高円寺南四丁目交差点近くに「米」をテーマにしたカフェ&バー「88 CAFE & BAR 高円寺」がオープン

6月18日東京杉並区・高円寺の高円寺南四丁目交差点近くに「米」をテーマにしたカフェ&バー「88 CAFE & BAR 高円寺」がオープンした。

 このお店の席数は、カウンター8席、テーブル10席。 ランチタイムは特許製法の「米粉麺(ライスヌードル)」を多彩なスープバリエーションで提供。夜~深夜には好みに合わせて米を選ぶと炊きたてを土鍋で提供する「土鍋ごはん」や産直食材の一品料理、米の産地から届く日本酒をラインアップする。特に日本酒は普段はなじみのうすい人も楽しめる利き酒師セレクトを用意している。

 代表取締役の長岡亮太氏によると、「日本人のソウルフードである『米』がテーマ。ご飯や酒の友も、地玉子、明太子、塩漬いくら等定番のアテから、契約農家直送野菜の総菜、肉、魚メニューまで充実している」と話す。

 都心で働き高円寺に帰ってくる単身層、近隣ショップの店員、いつもより少しヘルシーな食事を求める女性層や主婦層などをターゲットに想定。

 営業時間は、am12:00~pm15:00とpm17:00~pm24:00、バー営業=pm24:00~翌am5:00。


88 CAFE & BAR 高円寺 http://www.88partners.com/
杉並区高円寺南4-7-1
電話03-5913-9788

東京中野区・新井薬師の薬師あいロードにバー新店「Bar HERO III(ヒーロースリー)」がオープン

7月2日東京中野区・新井薬師の薬師あいロードにバー新店「Bar HERO III(ヒーロースリー)」がオープンした。

 このお店は「おいしいお酒とサブカルチャーのマリアージュ」をコンセプトとしたバー。カウンター5席、テーブル2卓の合計10席と、スタンディングテーブルを用意する。

 店主は、1973年のテレビ番組「仮面ライダーⅤ3」風見志郎役で主役を務め、その後1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」のアオレンジャー新命明役、1977年の「快傑ズバット」主演の早川健役などヒーローもの、1979年から放映が始まった「Gメン'75」の刑事・島谷和彦役などを演じた俳優・宮内洋の長男である泰介氏。

 宮内氏は「銀座のバーで修業していたとき、お客さまと特撮の話で盛り上がることが多々あった。父親のことも含めて、もっといろいろな人たちとヒーローについて語り合えたらと思い、自分の店を開くことを決意した」という。

 中野での出店を決めた理由について宮内氏は、「中野はお酒好きの人とマニアな人が両方とも集結している街だと思ったから。周りにも戦隊ものやヒーローもののグッズを扱っている店やコンセプト・バーがいっぱいある」と話す。

 酒類は瓶ビール(600円~)、ジン(500円~)、ウイスキー(600円~)などのほか、オリジナルカクテル「Ⅴ3(仮)」(1000円)なども用意する。

 営業時間はpm18:00~翌am2:00。不定休。


Bar HERO III(ヒーロースリー)https://www.facebook.com/BarHERO3
中野区新井1-14-16 ライオンズマンション中野第5
電話03-5942-9288

神奈川県横浜市・中区の山下公園にてベルギービールの祭典「ベルギービールウィークエンド横浜2014」が開幕

7月2日神奈川県横浜市・中区の山下公園にてベルギービールの祭典「ベルギービールウィークエンド横浜2014」が開幕した。(6日まで)

 ベルギービールウィークエンドは、ベルギーの首都ブリュッセルで毎年9月の第1週末に開催されるのビールイベント。ベルギーは150の醸造所で1000種類以上のビールが造られる「ビール王国」として知られており、原料や醸造法によって一つ一つのビールの風味や色合いが異なる。期間中は多彩なベルギービールとともに、ベルギーの代表的な料理や音楽ライブが楽しめる。

 会場には、ベルギーの定番ビールから横浜初登場のビールまで計49種類のベルギービールが登場。銘柄は、ホワイトビール「ヴェデット」、アビィビール「パーテル・リーヴェン・ブラウン」、コリアンダーやイチゴのような複雑な香りをもつ個性派ビール「ファントム・レギュラー」、横浜会場限定のはちみつのビール「ビーケン」など、10タイプに分類されたさまざまな種類のベルギービールを提供。

 フードは、フリッツ(フライドポテト)、田舎風パテ、チーズクロケット、ブリュッセル風ワッフル、グリルソーセージ、牛肉のビール煮込み「カルボナード・フラマンド」など。ステージでは、ベルギー人の司会者がベルギーのライフスタイルやカルチャーを紹介するほか、ヨーロッパを中心に活躍するベルギー人ミュージシャンがライブを行う。

 ベルギービールウイークエンド名誉実行委員長のリュック・リーバウト駐日ベルギー王国大使は、「横浜開催2年目の今年はさらにパワーアップし、充実した内容で皆様をお迎えする。ぜひベルギービールの楽しさを会社の同僚にもお伝えいただき、何度でも足を運んでほしい」とあいさつ。

 会場内のベルギーマルシェでは、ベルギービール・グラスをはじめ、Tシャツ、タペストリー、クッキーといったベルギー直輸入の食品やファッション小物も販売している。

 開催時間は平日=pm16:00~pm21:00、土・日曜=am11:00~pm21:00。飲食代はチケット制で、スターターセット(オリジナルグラス1個、飲食用コイン11枚)=前売券3000円、当日券=3100円。入場無料。


ベルギービールウィークエンド横浜2014 http://www.belgianbeerweekend.jp/ja/yokohama/
横浜市中区山下町279山下公園内
電話03-5829-6878(事務局)

東京渋谷区・原宿の神宮前交差点にコーヒー通販のブルックスが手掛けるコンセプトショップ「ブルックスカフェ(BROOK'S CAFE)」がオープン

6月27日東京渋谷区・原宿の神宮前交差点にコーヒー通販のブルックスが手掛けるコンセプトショップ「ブルックスカフェ(BROOK'S CAFE)」がオープンした。

 ブルックスは1968年に茶店として創業。1983年に通販事業部を開設し、コーヒーの通信販売を開始した。2012年にショップやカフェを併設した直営店「BROOK'S SHOP&CAFE」を出店したほか、本社敷地内などに売店を構えている。

 国内外からさまざまな年齢層の人たちが集まることから原宿に出店した同店。通信販売で扱う商品を提供するカフェと、同店限定のボックスに入れた日本茶(432円)や、紅茶(308円~、それぞれ個包装ティーバッグ10個入り)などを販売するショップが入る。

 店舗は地下1階と1階の2フロアで、席数は300席(地下1階206席、1階94席)。木調で「和モダン」を基調にした店内には、小川をイメージしたデザインのロングテーブルなどを配置。天井には、同社のロゴにも使われている輪違い文様の装飾を施した。店内には、タブレットやスマートフォンに専用カードリーダーを装着し、クレジットカード決済を受け付けるモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を導入。無料アプリ「PayPal」アカウントを通じた支払いにも対応する。Wi-Fiも完備。

 メニューは、グアテマラ豆100%の同店オリジナル焙煎ドリップコーヒー(レギュラー432円、ラージ486円)や、アラビカ種豆を直火式焙煎、極細びきにするなどして「濃厚なコク」を出すという「ドリップレッソ」(シングル378円、ダブル432円)、ココアラテや抹茶カプチーノなどの粉末インスタント飲料「かんたフェ」(540円~)、コーヒー豆の形をしたオリジナルカステラ「ガトーdeカフェ」(3個、356円)、イタリア直輸入のソースを使ったペンネ(1026円)など。

 営業時間はam8:00~pm22:30。出店は2018年までの期間限定。


ブルックスカフェ(BROOK'S CAFE)http://www.brooks.co.jp/harajuku/
渋谷区神宮前6-4-1原宿八角館ビル
電話03-5778-3077

 | HOME |  »

Calendar

« | 2014-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。