FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

東京世田谷区・下北沢の北沢タウンホール近くに九州料理と炭火串焼きの居酒屋「四季彩々わぐや 下北沢店」がオープン

6月12日東京世田谷区・下北沢の北沢タウンホール近くに九州料理と炭火串焼きの居酒屋「四季彩々わぐや 下北沢店」がオープンした。

 このお店の名前「わぐや」には、「和食のわと、食材(=ぐ)は生きているものなので大事に扱いたいという思いを込めた」と店主の寺川政彦氏。彼は和食料理人歴27年。これまで大阪、京都、箱根などの温泉街などで修業を積み、独立開業。子どものころ長崎に住んでいたこともあり、なじみのある九州の郷土料理と炭火で焼く串焼きなどを提供する。 店舗面積は約10坪。席数は22席。

 メニューは、「刺し身三種盛り」(1280円)、「チキン南蛮」(720円)、宮崎県の地鶏の「日南どりのもも焼き」(680円)など。他メニューの鶏肉も全て「日南どり」を使っている。「サラリーマンが帰宅前にフラッと立ち寄れるように」と生ビール、枝豆、小鉢、刺し身または串焼き3本がセットになった「ちょい飲みセット」(1300円、平日のみ)も提供。

 ドリンクは生ビール(420円)、コーン茶ハイ(350円)、生しぼりカボスサワー(380円)、夏季限定のドリンクとして日本酒「八海山の生原酒」(730円)や宮崎の芋焼酎「夏の潤平」(650円)など。

 下北沢に出店した理由については、「駅が変わって、これから人が多くなるという期待があった」と寺川氏は話す。

 営業時間はpm16:00~pm24:00(土・日・祝日はpm13:00~)。


四季彩々わぐや 下北沢店 http://waguya.on.omisenomikata.jp/
世田谷区北沢2-8-5 ANビル
電話03-5453-2088
スポンサーサイト



東京豊島区・東池袋にカフェ新店「カクルル(KAKULULU)」がオープン

5月1日東京豊島区・東池袋にカフェ新店「カクルル(KAKULULU)」がオープンした。

 このお店は4階建て築45年ほどの建物をリノベーションし、1~2階をカフェとして開いたもの。店内の壁は天然塗料で白く塗り、外の緑が見えるようにスリット窓を開けた。内装に色みの異なる古材を組み合わせ、真鍮(しんちゅう)製の照明。店舗面積は2フロア合わせて約65㎡、席数は20席。

 メニューは深煎り・カフェインレスなどの「ドリップコーヒー」(500円)、「水出しアイスコーヒー」(600円)、週替わりのケーキなど。ランチセットは3種類で、ブラジル風シチュー「ムケッカ」、日替わり「2種のキッシュプレート」(以上1080円)、「今週のどんぶり」(950円)を用意。

 夕方からは「とら豆のペースト バゲット付き」(700円)、「キャッサバのフライ」(600円)、「釜揚げしらすとキノコのオムレツ」(980円)、「鶏肉のソテー 赤ワインソース」(1300円)などの料理も提供。ドリンクはウイスキー、カクテル、「自然派ワイン」(600円)、サトウキビの醸造酒「カシャッサ」(550円~)、ビールなどをそろえている。

 現在地下1階を改装中で、7月中旬以降にギャラリーとして開く予定。

 営業時間はam11:30~pm23:00(ランチ=~pm15:00、夜メニュー=pm17:00~)。日・月曜定休。


カクルル(KAKULULU)http://www.kakululu.com/
豊島区東池袋4-29-6
電話03-6907-0652

東京中野区・中野の丸井中野店に「コメダ珈琲店 丸井中野店」がオープン

6月27日東京中野区・中野の丸井中野店に「コメダ珈琲店 丸井中野店」がオープンした。

 名古屋市を本社とするコメダ珈琲店は1968年に創業、コメダ珈琲店571店舗・おかげ庵9店舗を展開し、開店からam11:00までに注文するドリンク全てにトーストとゆで卵を無料で提供するモーニングサービスが人気で、くつろげる空間作りを意識した店舗が特徴の大手コーヒーチェーン。東京都内では29店舗目となり、中野区内への出店は初。

 営業担当の池田光紀氏は「中野マルイは中野の主婦の聖地のようなもの。おいしいコーヒーとゆったりした空間でショッピングに疲れた体を癒やすことができれば。地域の人たちに末長く愛されるお店にしたい」と話す。

 営業時間はam7:00~pm23:00。年中無休。オープン初日から3日間、先着順で粗品を進呈するほか、コーヒーチケットを限定価格で販売する。


コメダ珈琲店 丸井中野店 http://www.komeda.co.jp/shoplist/tokyo/tokyo/TO0616.html?search=1
中野区中野3-34-28 2階
電話03-6454-1850



東京港区・新橋のSL広場近くにクラフトビール専門店「新橋SLビアホール」がオープン

4月14日東京港区・新橋のSL広場近くにクラフトビール専門店「新橋SLビアホール」がオープンした。

 このお店の席数はテーブル、カウンター席で計50席。店舗面積は40坪。店内カウンター奥にはビアタップが並び、最大で22種類のビールを取り扱うことができる。国内のクラフトビールがメインで、お薦めメニューは「スワンレイク ポーター」「伊勢角屋麦酒 ペールエール」(同270ml=800円)。

 代表の福島茶坊主寿巳氏は「クラフトビール好きなら誰もが知っているメジャーなビールをあえて取り入れるのを意識している。」と話す。

 こちらで扱うビールは福島氏自身が試飲して商品を決め、味の変化がないようにビアタップの細かい部品も解体して洗浄。「ブルワリー(醸造所)は品質の良いビールをつくる義務があり、お客さまはおいしいビールを飲む権利を持っている。その間の私たちが良い状態でビールを提供できるように日々の管理をしなければならない」と福島氏。

 ビールのサイズは270mlもしくは500mlの2サイズから選べる。

 その他、「城端麦種 トロピカルピンク」「富士桜高原麦酒 ヴァイツェン」(同270ml/800円)、「コエドブルワリー 伽羅」(270ml/750円)。フードは、「スモークチキン」「か・ら・あ・げ」(同600円)、「ポップコーン」(100円)、「和製ピクルス」(400円)など。

 営業時間はpm15:00~pm23:30。金曜・祝前日=pm15:00~翌am4:30、土曜=pm15:00~pm23:00。日曜・祝日定休。


新橋SL BEER HALL
新橋SL BEER HALL
ジャンル:クラフトビールパブ
アクセス:JR新橋駅 日比谷口 徒歩1分
住所:〒105-0004 東京都港区新橋2-9-6 烏森神社ビルB1(地図
周辺のお店のプラン予約:
完全個室×GRILL DINING ふかざわ 浜松町・大門店のプラン一覧
中華居酒屋 三百宴や 田町・三田店のプラン一覧
和風個室ダイニング かすみや 田町本店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋のビアホール
情報掲載日:2014年6月27日

東京港区・西新橋の慈恵病院入口交差点近くにコーヒー専門店「アーティストゥリーカフェ」がオープン

5月29日東京港区・西新橋の慈恵病院入口交差点近くにコーヒー専門店「アーティストゥリーカフェ」がオープンした。

 このお店はインドネシアの珈琲と海外からのチョコレートをメインに扱う店。店舗面積は34坪。席数はテーブル・カウンター席合わせて40席。

 取り扱うコーヒーやチョコレートは、オーナーの百瀬氏がインドネシアをはじめ、海外へ直接行き、豆とコーヒーに合うチョコレートなどをセレクトして取り入れている。その他にもマシュマロやキャンデーなど、テークアウトにも対応。

 こだわりのコーヒー豆はトラジャ地方の豆とルアーク豆を使う。ルアークの特徴として、メスのジャコウネコが、コーヒーの実を食べ、消化のできなかった種を排泄物から採取している。「一般的にお店で出回っている豆との違いは、飼育されていない野生のジャコウネコから採取した豆であること」と百瀬氏。

 そのほか、海外から取り入れる商品については、輸送中に劣化したり味が落ちたりする可能性の高い物は避けるといったこだわりも。店内のテーブルは自ら作り、壁のコンクリートにも色のこだわりがあったため、セメントを海外から仕入れたという。

 メニューは、「アーティストゥリー・シークレットオリジン」「アイスコーヒー」(同450円)、「カフェラテ」「アイスレモネード」(同450円)など。チョコレートは、「シーソルトブリトル(Sea Salt Brittle)」「スパイシーピーナッツブリトル(Spicy Peanut Brittle)」(同1500円)、「チョコレートマシュマロ」(1300円)。

 店内奥には「NAKASHIMA GOLF STUDIO」も併設。「軽食も出せるようにし、落ち着いた雰囲気でカフェを楽しむ人、ゴルフを楽しむ人の場所にしたい。」と話す。

 営業時間はam8:00~pm19:00、土・日曜=am11:00~pm18:00。


アーティストゥリーカフェ http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13169107/
港区西新橋3-6-10 マストライフ西新橋ビルB1
電話03-6435-9047

東京千代田区・市ケ谷の麹町郵便局近くに「居酒屋以上、割烹未満」の和食店「市ヶ谷 かど」がオープン

6月12日東京千代田区・市ケ谷の麹町郵便局近くに「居酒屋以上、割烹未満」の和食店「市ヶ谷 かど」がオープンした。

 このお店の店舗面積は20坪。席数はカウンター席8席とテーブル席を合わせた32席。「居酒屋以上、割烹未満」をコンセプトに、カジュアルな雰囲気の中で和食を中心としたメニュー。伊豆・神津島直送の鮮魚や減農薬栽培で育てた秋田の「ひとめぼれ」など食材にもこだわり、ワインや日本酒など、アルコール類も幅広くそろえる。

 都心のオフィス街とその近辺の繁華街を中心に物件を探す中で、「市ケ谷は都心の商業と住宅が混在した地域でありながら街がきれいで整備されている印象を受けた」と店主の正野氏。店名には自分自身にとって「門出」となる1店舗目であること、立地が「角地」であることから名付けた。

 メニューは、「お造り3種盛り合わせ」(1200円)、「自家製鴨もも肉のくん製」(980円)、「鴨まんじゅう」(500円)、「ごま豆腐の揚げだし」(600円)、「からすみ餅」(550円)、「本日のストウブ飯」(1350円)など。今後は埼玉の農園で自家栽培している野菜を使った料理もメニューに加える予定だという。

 ドリンクは、常時約10種類をそろえる日本酒(650円~)とワイン(グラス=700円~、ボトル=3000円~)、焼酎各種(550円~)、生ビール(600円)、ハイボール(450円~)、梅酒(600円)など。

 営業時間はpm17:00~pm23:00。土・日曜・祝日定休。


市ヶ谷 かど
千代田区九段南4-4-7 中川ビルB1F
電話03-6261-3390

東京武蔵野市・吉祥寺の丸井吉祥寺店裏手に代官山のワッフル専門店「ワッフルズ ビウラ(Waffle'S beulah)」がオープン

6月17日東京武蔵野市・吉祥寺の丸井吉祥寺店裏手に代官山のワッフル専門店「ワッフルズ ビウラ(Waffle'S beulah)」がオープンした。

 このお店は国内産の材料を使って手作りにこだわり、今年で18周年を迎えたお店の2号店。内装は「一目惚れしてオーダーしたベルギー製のイスを中心にイメージを膨らませ、すっきりとした清潔感を重視してデザインした」とオーナーの土屋氏。店舗面積は12坪で、席数は15席(カウンター6席、テーブル席9席)。

 メニューは1日30食限定の「ワッフルプリン」(350円、テイクアウト限定)や、ワッフル各種にコーヒーもしくはお茶がセットになった「Tea time set」(ワッフル各種+400円)など。ワッフル各種には+120円でバニラアイスのトッピングも可能となっている。近日中にはスープとサラダがセットのランチメニューの提供予定。テイクアウトメニューは350円~、店内メニューは660円~(価格は全て税抜き)。

 「時代と共に食べ物の流行もあるが、使い捨てのような状態ではなく、丁寧に、もう一度食べたい味、というのを心得て、長く愛されるものを提供していきたい。代官山の店舗はカフェスタイルだが、吉祥寺店ではテイクアウトメニューが豊富なので、ワッフルとドリンクを持って、井の頭公園の新緑の中でリラックスしていただければ」と土屋氏は話す。

 営業時間はam11:00~pm19:30(ラストオーダーも~pm19:30)。


ワッフルズ ビウラ(Waffle'S beulah)http://www.waffles-daikanyama.com/location/kichijyoji/
武蔵野市吉祥寺南町1-17-1
電話0422-24-7176

東京渋谷区・原宿の竹下通り先にハワイ発パンケーキ「モエナカフェ(Moena Cafe)」の日本1号店がオープン

6月23日東京渋谷区・原宿の竹下通り先にハワイ発パンケーキ「モエナカフェ(Moena Cafe)」の日本1号店がオープンした。

 このお店は2012年、ワイキキのリゾートホテル「シェラトン モアナサーフライダー」でヘッドディナーチーフを務めていたエリック・チャンと、妻のニコル・チャンが、ハワイカイのショッピングセンター「ココマリーナ・センター」にオープンしたお店。昨年、「ホノルルマガジン」が主催するグルメアワード「ハレアイナ賞」の朝食部門で「クチコミナンバーワン」を受賞した。

 国内1号店で旗艦店に位置付ける同店は3階建てで、店舗面積は約76.6坪。席数は、テラス20席、1階20席、2階28席、3階36席合わせて104席を用意。木目を基調に、緑を取り入れた店舗デザインは、「ダウン・トゥ・アース」を意識し「ナチュラルでありながら、南国っぽい雰囲気」に仕上げた。

 ハワイで提供するものの中から絞り込んだメニューで、ハワイと同じ味で提供。パンケーキはオリジナル配合の粉を使い「外がサクッ、中はもっちり」とした生地に仕上げる。生地を覆うようにイチゴやバナナなどのフルーツをのせる「フレッシュフルーツパンケーキ」(1598円、ダブル2246円)や、生地の片面はシナモンをベースとしたクリームを付けて焼き、上にクリームチーズをベースにしたソースを渦巻き状にかける「シナモンロールパンケーキ」(1188円、同1836円)、生地にたたいたバナナを練り込み、「シャンティリーソース」をかける「バナナシャンティリーパンケーキ」などがラインアップ。

 日本限定メニューとして、生クリームと練乳のソースをかけ、とちおとめをトッピングする「いちご&ミルクパンケーキ」(以上各1296円、同1944円)、ブルーベリーを混ぜ込んだクリームチーズを挟み焼き上げた「クリームチーズ&ブルーベリー フレンチトースト」(1404円)も取りそろえる。今後も季節に合わせたメニューなど、日本オリジナルメニューを展開する。

 そのほか、ショートリブ(180g)をのせて自家製デミグラスソースをかけるロコモコ(1814円)や、トーストしたバゲットにハムとポーチドエッグをのせ、オランデーズソースで仕上げた「スモークハムのエッグベネディクト」(1512円)など4種をそろえるエッグベネディクトなど食事系のメニューも用意。今後は、同社がライセンス展開するノースショアのコーヒーブランド「OLD SUGAR MILL」のコーヒーも提供。

 営業時間はam9:00~pm22:30(土・日曜・祝日=am8:00~、6月中は全日am11:00~)。


モエナカフェ(Moena Cafe)http://moenacafe.jp/
渋谷区神宮前4-27-2
電話03-5413-3947

東京港区・新橋の汐留・イタリア街近くに「あら骨」スープのラーメン店「あら焼鶏白湯 カシムラ」がオープン

6月2日東京港区・新橋の汐留・イタリア街近くに「あら骨」スープのラーメン店「あら焼鶏白湯 カシムラ」がオープンした。

 このお店の店舗面積は約10坪、席数はカウンター、テーブル席を合わせて11席。「同店のこだわりはスープ」と話す店主の橿村(かしむら)氏。鮮魚からでる「あら」を何かに活用できないかと考え、まかないでスープを作ったのがきっかけ。こだわりのスープは、毎朝築地から仕入れる鮮魚のあら骨を、オーブンで蒸気をあてながら丹念に焼き、じっくり炊き出してだしを取ったものに鶏白湯(とりぱいたん)を合わせたもの。

 使用する「あら」は、「マグロ」「マダイ」「カンパチ」「銀ダラ」「メダイ」「鶏がら」をメインに、使用した素材を店内にある黒板で紹介。麺は「菅野製麺所」から仕入れる低加水のストレート麺を使用。

 メニューは、鶏チャーシュー、揚げたけのこ、生のり、白髪ねぎ、薬味ねぎ、玉ねぎ、煮玉子が入った「あら焼鶏白湯そば」(750円)、さらに魚感を強め濃厚な味わいに仕上げた「濃厚あら焼鶏白湯そば」、3種類の形状の異なる麺線を使用した「乱切り手もみ つけめん」(以上780円)の3種類。季節ごとに新メニューも提供したいという。

 「〆(しめ)メシ(チーズ、温泉卵)」(各150円)は「しめにごはんを入れて、栄養満点で魚のうまみそのもののスープを最後まで味わってもらいたいのでおすすめ」とも。

 そのほか、「鶏チャーシュー丼」(250円)、「煮玉子」「麺大盛り」「魚濃厚増し」(以上100円)、「白髪ねぎ」「竹の子増し」(以上150円)、「鶏チャーシュー増し」(250円)、缶ビール(350円)など。

 営業時間はam11:00~pm15:00、pm17:30~pm21:00(土曜=~pm15:00まで)。日曜・祝日定休。


あら焼鶏白湯 カシムラ http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13169052/
港区東新橋2-10-2 中銀新橋マンシオン
電話03-3434-5855

東京中央区・人形町の人形町駅A3出口近くに宮城県産魚介類をメインにした海鮮居酒屋「三陸天海のろばた」がオープン

5月14日東京中央区・人形町の人形町駅A3出口近くに宮城県産魚介類をメインにした海鮮居酒屋「三陸天海のろばた」がオープンした。

 このお店の経営は、スタイルスグループ。同社は、仙台市内で海鮮居酒屋を中心とした飲食店11店舗を展開。このお店が初の県外出店となる。気仙沼、南三陸、雄勝など、宮城県の漁港で捕れる魚にこだわった「日本一の宮城の魚が喰える店」の2号店として開店した。

 店舗面積は45坪。席数は70席。店内中央にオープンスタイルの厨房を設置し、周囲をカウンター席で取り囲む。素材は目で見て選ぶことができ、目の前で炭火焼きにする。活気のある漁港の雰囲気を演出。

 メニューは、本店での注文率が9割を超えるという「親方おまかせ刺身盛り合わせ」(2~3人前=2160円~)や、「マグロののっけ盛り」「丸ごとカニ一杯」「ウニとイクラのぶっかけ寿司」を盛り合わせた「天海の野趣大皿盛り」(4000円~)などの鮮魚が中心。その他、金華サバ開きや牛タン、定義山油揚げなどの「宮城名物焼き盛り合わせ」(2~3人前=3024円~)なども。季節ごとに旬の食材をそろえるが、6月は東松島の「グランオイスターマイスター」高橋洋氏養殖のカキを1つ150円で提供する。

 ドリンクは、塩釜の「阿部勘」や石巻の「日高見」、気仙沼の「陸前男山」(以上、湯飲み=756円、2合=1274円)など、食材に合わせた宮城の地酒を10種類用意。その他、ビール(中ジョッキ=594円)、ハイボール(378円~)など。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm14:30、ディナー=pm17:00~pm24:00。


三陸天海のろばた
三陸天海のろばた
ジャンル:ろばた焼居酒屋
アクセス:都営浅草線人形町駅 徒歩2分
住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-7-10 エル人形町2F(地図
姉妹店:仙臺大衆酒場 天海のてっぱん屋  | 奥州魚河岸酒屋 天海のろばた 本店
周辺のお店のプラン予約:
一の屋・人形町バル のプラン一覧
肉菜処 和心 のプラン一覧
木村屋本店 門前仲町のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 人形町の炭火焼き・炉端焼きの店
情報掲載日:2014年6月21日

東京中野区・中野の中野ブロードウェイ南側右手に「シュラスコ」専門店「Paz.1(パズワン)」がオープン

6月14日東京中野区・中野の中野ブロードウェイ南側右手に「シュラスコ」専門店「Paz.1(パズワン)」がオープンした。

 店名の「Paz」はポルトガル語で「平和」の意味。「安心で気楽な一つの空間をそれぞれの楽しみ方で共有してもらいたい」という思いが込められているという。カウンター席、テーブル席、ボックス席のほか、個室も6部屋用意。席数は約100席。店内に設置された50インチ2台を含む複数のディスプレーでスポーツ観戦ができ、個室5部屋にはカラオケも完備されている。

 メニューは時間帯によって異なる。シュラスコ&サラダバー食べ放題+ソフトドリンク飲み放題(1800円)も用意するランチタイム、「Paz.1パンケーキ」(800円)などオリジナルパンケーキを中心としたメニューのカフェタイム、シュラスコ&サラダバー食べ放題の「シュラスコバイキング」(120分、3240円)や飲み放題を用意するディナータイムと、それぞれの時間帯で特徴を出している。ドリンクはビール、ワイン、カクテル、ウイスキー、焼酎など。

 代表の白鳥悠氏は「ますますにぎわいを見せる中野の人たちにリーズナブルなシュラスコを味わってもらいたいと思い、この場所に出店を決めた。シュラスコランチにディナー、午後はゆったりカフェ、夜はスポーツバーとさまざまな表情を見せる店内で、気軽に気楽に過ごしてほしい。6月いっぱいはW杯の試合も放映する予定なので、皆さんで盛り上がっていただけたら」と話す。

 営業時間はam11:00~pm23:30(ランチタイムは~pm14:00まで)。


Paz.1 中野店(パズワン)http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13169322/
中野区中野5-56-11
電話03-5942-8123

東京豊島区・池袋の東武百貨店池袋店・8階催事場にて、「食べるために生きる男 寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り」が開催

6月19日東京豊島区・池袋の東武百貨店池袋店・8階催事場にて、「食べるために生きる男 寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り」が開催される。(24日まで)
 
 「食通」として知られるダチョウ倶楽部の寺門ジモンが、「本当にうまいと思って通い続けた店だけを集めた」というグルメイベント。45店舗が参加し、今回のイベントのためにジモンさん自ら考えたメニューや、イートインなども展開する。

 「肉のうま味を堪能できるメニュー」を考案したという「ジモンオリジナル」グルメは、「リベラの

自家製ステーキソースで食べる希少赤身ステーキ飯」(2801円)、「丸福 すき焼きの極み牛めし弁当

」(1601円)、松阪牛の名店「朝日屋」のメス牛と料理研究家・服部幸鷹氏がプロデュースした焼肉タレのコラボ弁当「江戸しゃり 松阪牛肉巻き寿司(ずし)」(2001円、各日限定200個)、「UDON BUZEN 麻布十番 究極の牛しゃぶ肉うどん」(2160円)の4種。

 池袋の洋食店「キッチン ABC」の人気3大メニュー、とんかつ・オムレツ・カレーを一度に味わえるコラボメニュー「オムカツカレー」(951円)や、6月24日限定の「焼肉スタミナ苑 牛モツ煮込み」(901円)も用意。

 山形牛のメス牛だけで作ったコンビーフ「山形牛手ほぐしコンビーフ」(1620円)や、「ビーフヘレカツサンド」(1051 円)、「もんじゃ鉄板焼き 大木屋 匠」の分厚いリブロースステーキをサンドにした「ステーキサンド」(881円)などの肉メニューや、「奇跡の本物わらび餅」(1101円)、「フローズンヨーグルト スペシャリテェ」(521円)などのスイーツも登場。

 イートインメニューでは、「麺劇場 玄瑛/GENEI.WAGAN」の「海老薫醤油拉麺」(881円)、「神宮前おけいすし」の「江戸前にぎり寿司」(3601円)、「藤牛肉店」の「究極のロコモコライス」(1301円)を提供。

 22日のpm15:00からは、8階屋上スカイデッキ広場で、「寺門ジモンVS彦摩呂グルメトークショー」も実施する。

 開催時間はam10:00~pm20:00(最終日は~pm17:00まで)。


食べるために生きる男 寺門ジモン厳選!極上!!グルメ祭り http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/10f/event_terakado_jimon_gourmet_festival.html
豊島区西池袋1-1-25東武百貨店池袋店
電話03-3981-2211

東京豊島区・池袋の池袋駅北口にかき氷専門店「日光天然氷 こだわり家 しんじろう 池袋総本店」がオープン

5月1日東京豊島区・池袋の池袋駅北口にかき氷専門店「日光天然氷 こだわり家 しんじろう 池袋総本店」がオープンした。

 このお店の店舗面積は36㎡、席数は12席。日光の蔵元「松月氷室」の天然氷で作ったかき氷を通年提供する。天然氷特有の「フワフワとした食感」が特徴。スタッフは「一般的にかき氷は夏の風物詩という印象だが、アイスクリームやパフェのような季節を問わずに提供している『スイーツ』のカテゴリにかき氷を入れたい」と話す。フルーツソースのスタンダードなかき氷に加え、キャラメルやカスタードなどのソースを使った「スイーツ系」のかき氷も増やし、「『夏の食べ物』という固定概念を変えていきたい」という。

 メニューは、イチゴをふんだんに使った手作りソースの「生いちご」(900円)をはじめ、「宇治金時」(900円)、「マンゴー」「ブルーベリー」(各800円)、「キウイ」(700円)の全6種。「ティラミス」「コーヒーゼリー」(各800円)などのスイーツ系は「1日限定10食メニュー」として用意。トッピングとして「ヨーグルト」(100円)、「練乳」(無料)も。

 営業時間はam11:00~売り切れるまで。


日光天然氷 こだわり家 しんじろう 池袋総本店 http://kakigori.jp/goaisatu/
豊島区西池袋1-29-4
電話03-5952-4360

東京渋谷区・表参道の「GYRE」地下1階に、カップケーキで知られるニューヨークの「マグノリアベーカリー(MAGNOLIA BAKERY)表参道」がオープン

6月16日東京渋谷区・表参道の「GYRE」地下1階に、カップケーキで知られるニューヨークの「マグノリアベーカリー(MAGNOLIA BAKERY)表参道」がオープンした。

 このお店は1996年、アリッサ・トリイ氏とジェニファー・アップル氏の女性2人がニューヨークのウエストビレッジ・ブリーカーストリートで創業。余ったバターで作ったカップケーキが人気を集め、1990年代の「カップケーキブーム」を巻き起こし、映画化された米ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」でも取り上げられるなどして、日本でも広く知られるようになった。

 2007年から、NY出身のレストラン経営者のアブラムス氏ファミリーが経営を手掛け、ニューヨーク市内やシカゴ、ロサンゼルスといったアメリカ国内7店のほか、クウェート、ドバイなどの海外6店をフランチャイズ展開。表参道店はアジア初の出店となる。

 オーナーのスティーブン・アブラムス氏と取締役の菊地原悠氏は、共通の友人を通じ5年ほど前から知り合いだったというが、日本で展開するに当たりライセンス契約を結んだのは2年前。米本店に足を運んだ際に「地元の人を含め行列を作っていて、地元の人にも愛されていると感じ、東京でもやりたいと考えた」と菊地原氏。多数の日本企業から声が掛かっていた中、アブラムス氏は「ブランドを理解して正確に表現しようとしていること」などから同社と契約。一番の決め手は菊地原氏たちの「人間性」だったという。

 1号店の出店地は「いろいろな人が集まる」ことから同エリアに決めた。店舗面積は170㎡(うちキッチンが116㎡)。テークアウトがメインだが、イートインスペース9席も用意。内装は「アメリカンビンテージ」をテーマに、キッチンをイメージして仕上げた。照明やショーケース、什器、床などに使うタイルなど多くはアメリカから輸入。パステルカラーを取り入れクラシカルな雰囲気に仕上げた。店頭に設置したスイーツにアイシングを施すガラス張りの「アイシングステーション」は、世界中の店舗の中で最も広いスペースになっているという。

 同ブランドの代名詞となっているカップケーキは、バニラとチョコレートの2種の「クラシック」(464円)と、バターケーキにキャラメルメレンゲバタークリームをアイシングする「キャラメル」、シナモンケーキにメレンゲでアイシングする「スニッカードゥードゥル」など10種の「スペシャルティカップケーキ」(518円)を用意。

 そのほか、バニラウエハース、バナナ果肉、クリーミーバニラプリンを重ねた「バナナプディング」(10オンス734円、13オンス950円)、パイ(464円、950円)、ミニチーズケーキ(950円)、クッキー(140円~518円)など。ドリップコーヒーや、NY発紅茶「ハーニー&サンズ」(以上、M378円、L432円)、自家製レモネード(M432円、L486円)などのドリンクも扱う。

 菊地原氏は「アメリカンスイーツが全てそろっているような店。1回では食べ切れないので、何度も足を運んで商品を知っていただければ」と話す。

 営業時間はam11:00~pm20:00。


マグノリアベーカリー(MAGNOLIA BAKERY)表参道 http://www.fashion-press.net/news/9066
渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
電話03-6450-5800

東京江東区・豊洲の新豊洲駅近く・イベントスペース「マジックビーチ(MAGIC BEACH)」内に、天井全面に水をたたえるバー「ZIMA Love Simple BAR」がオープン

6月16日東京江東区・豊洲の新豊洲駅近く・イベントスペース「マジックビーチ(MAGIC BEACH)」内に、天井全面に水をたたえるバー「ZIMA Love Simple BAR」がオープンした。

 このお店はアルコール飲料「ZIMA」のシンプルな魅力を表現するユニークなスタンディングバー。天井に水を張り巡らせた設計で、利用者はまるで水中にいるような「透明体験」を楽しめるという。

 バーが立地する「MAGIC BEACH」自体も同日オープンする。「スポーツ」「アウトドア」「イベント」をキーワードにした敷地面積約3000坪の多目的スペースで、デザインコンセプトは「ゆっくりと風を感じ、空が見えるビーチタウン」。施設内には550トンの白い砂を敷き詰めた「ビーチ」を整備し、国内初のポップアップ型コンテナモール、バーベキューサイトなどを開設する。「次世代型実験的スペース」と位置付けるエリアではスポーツや音楽・ライフスタイルなどをテーマに、「世代を超えて楽しめる」多様なイベントの開催が計画されている。

 営業時間はam11:00~pm21:00。


ZIMA Love Simple BAR http://zima.jp/news/2014/06/05/magicbeach/
江東区豊洲6 MAGIC BEACH内

東京目黒区・自由が丘のショコラ&スイーツカフェ「リンツ ショコラ カフェ 自由が丘店」が、リニューアルオープン

6月6日東京目黒区・自由が丘のショコラ&スイーツカフェ「リンツ ショコラ カフェ 自由が丘店」が、リニューアルオープンした。

 このお店はスイスの老舗チョコレートブランド「リンツ(Lindt)」のショコラ&スイーツカフェ3号店として2012年5月25日にオープンした店。1階~3階の3フロア構成で、1階はチョコレートショップ、2階・3階は約65席のカフェスペースがあり、既存店の中では最大規模を誇る。

 開業2周年を迎え、これまでのセルフ式カフェから、スタッフが客席で注文を取り席まで運ぶ「フルサービス」スタイルにリニューアル。2階・旧カウンター席をゆったりとくつろげるソファ席にするなど一部改装した。

 メニューでは、限定メニューなどショコラスイーツを充実させ、週末にはファミリー層やシニア層の利用が多い同店のニーズに合わせた軽食メニュー、アルコールメニューを新たにラインアップ。

 ショコラスイーツの新メニューで「おすすめ」は、限定メニュー「ダークチョコレートとクルミのパルフェグラッセ、テリーヌ仕立て」(1296円)。アイスクリームの食感にも似た冷製テリーヌショコラで、ダークチョコレートの濃厚な味わいとキャラメリゼされたクルミ、それに絡めるキャラメル風味のコーヒーソースがポイントに。

 軽食メニューは「イタリア産生ハムとルッコラのタルティーヌ、スープ、サラダ添え」(1296円)ほかランチを3種類に増やし、季節に合わせて素材なども変えるという。

 アルコールは、ビール「レーベンブロイ」(864円)、仏ブルゴーニュ産ワイン「ラブレ・ロア」(赤・白=1404円)、シャンパン、スパークリングワインの5種類を用意。チョコレートや軽食に合うものをセレクトした。

 今後は、大テーブルのある3階カフェスペースで専門講師による「チョコレートセミナー」をレギュラー化するほか、平日のママ層の集まりや子どもの誕生日会などの利用を見込んだ「ショコラミーティングプラン」(8人~15人、am9:00~am12:00の間の2時間)にも力を入れていくという。

 営業時間はam9:00~pm20:00。


リンツ ショコラ カフェ 自由が丘店 http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13140430/
目黒区自由が丘2-9-2
電話03-5726-8921

東京豊島区・池袋の南池袋に北陸の濃厚豚骨ラーメン店「金澤濃厚中華そば 神仙」がオープン

5月18日東京豊島区・池袋の南池袋に北陸の濃厚豚骨ラーメン店「金澤濃厚中華そば 神仙」がオープンした。

 このお店は複合商業施設「楽園タウン池袋店」で展開する、ラーメン評論家・石神秀幸プロデュースの期間限定ラーメン店「極み麺 selection」の第3弾。席数は9席。

 「金澤濃厚中華そば神仙」は、石川県の中央卸売市場に店舗を構えるラーメン店で、能登豚の豚骨を3日間炊き続け、1杯当たりに溶け込んでいる豚骨は800g以上といわれる「濃厚でとろとろ」なスープが特徴。

 メニューは、「中華そば」(800円)、「特製中華そば」(1050円)、長時間熟成の濃厚な金沢みそを使い、鉄鍋で焼き上げた豚バラ肉を載せた「濃厚金沢味噌肉盛そば」(900円)、甘うまだれで焼き上げた国産豚バラ肉に、卵黄を絡めて食べる「豚玉めし」(380円)など。

 営業時間はam11:00~pm24:00。来年1月15日までの期間限定営業。


金澤濃厚中華そば 神仙 http://ramendb.supleks.jp/s/75542.html
豊島区南池袋1-24-5 楽園タウン池袋

東京港区・虎ノ門の虎ノ門ヒルズに熟成牛肉専門の焼き肉店「但馬屋 虎ノ門ヒルズ店」がをオープン

6月11日東京港区・虎ノ門の虎ノ門ヒルズに熟成牛肉専門の焼き肉店「但馬屋 虎ノ門ヒルズ店」がをオープンした。

 牛心は、大阪で熟成牛肉を専門に扱う焼き肉店を9店舗運営しているが、関東での出店はここが初となる。

 お店は、独自の熟成庫で温度・湿度・風を管理し、45日間乾燥熟成を施すドライエージング方法で熟成させた牛肉がメインの焼き肉店。熟成された牛肉をブラック&ブルーと呼ばれる焼き上げ方で、表面はカリカリ、中身はレアに仕上げて提供。店内は、照明を抑えた高級感のある落ち着いた雰囲気。席数は約50席。個室は3室あり、全てをつなげて使用することもできる。

 関東初進出について、伊藤社長は「以前から視野には入れていたが、立地などでまとまらず断念していた。虎ノ門ヒルズでの出店も断るつもりでいたが、社員の熱い思いに押されて今回の出店に至った」と話す。また、提供する牛肉については「熟成にこだわり続けてたどり着いた自慢の超熟成肉。当店で牛肉のうまさをご堪能いただき、明日への活力につなげていただければ」と話す。

 メニューは、「T-ボーン・セット」(9300円)(3人以上で注文した場合は1人当たり7140円)、「骨付きサーロイン・セット」(7800円)、「骨付きサーロインプレミアム・セット」(1万円)。サイドメニューは、ブルーチーズのシーザーサラダ(1000円)、バーニャカウダ(1300円)、牛肉モモのカルパッチョ(2000円)、牛肉の薫製の3種盛り(1400円)、ミノのエスカルゴ風(1200円)、タンの赤ワイン煮、ほほ肉のクリーム仕立て、百日鶏のグリル(以上1800円)など15種類以上が並ぶ。

 また、神戸牛の部位単品もそれぞれ150gでランプ(8000円)、いちぼ芯(7500円)、まるしん、ひうち(以上6500円)、いちぼ、うちもも、まるかめ(以上6000円)、そともも(5000円)とそろえている。

 飲み物はビール・カクテル・日本酒(以上800円~)、ウイスキー(700円~)、シャンパーニュ(グラス1800円~)、ワイン(グラス1500円~)、ソフトドリンク(500円~)など。さらにワインは40種類以上を取りそろえている(ボトル6000円~)。

 営業時間は、ランチ=am11:00~pm15:00、ディナー=pm17:00~pm23:00(土・日・祝日は~pm22:00まで)。


但馬屋 虎ノ門ヒルズ店 http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13169274/
港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4F
電話03‐3593‐1129

東京台東区・浅草に「東京カリ~番長」初の実店舗 「KAMMO(カンモ)Curry+Cafe Asakusa」がオープン

6月2日東京台東区・浅草に「東京カリ~番長」初の実店舗 「KAMMO(カンモ)Curry+Cafe Asakusa」がオープンした。

 東京カリ~番長は「カレーをキーワードにさまざまなヒト・モノ・コトとコラボレートする出張料理ユニット」で、日本各地のイベントやクラブでの出張カレーは400回を超える。有名ブランドショップのオープニングパーティーなどでカレーを提供するほか、各メディアでも多数取り上げられるなど注目を浴びている。実店舗は今回が初。店主のSHINGO/3LDK氏は、ユニット内ではDJやグッズの開発から管理を主に担当しており「カレーに特別な愛情はない」メンバーとして、ファンにも知られている。

 これまで、コラボたこ焼きなどを提供してきた荏原町の「たこ焼き居酒屋 かんも」オーナーが、「カレー屋をやりたい」と、SHINGO/3LDK氏に話を持ち掛けたことがきっかけでオープンを決めたという。「ユニット内で一番カレーに興味がなかったのに」と、仲間やファンから驚かれたそう。「人並みにカレーは好きだったが、今では大好き」と話す。

 同じカレーは二度と提供しないというコンセプトの同ユニット。その意志を継ぎ、お店で提供するカレーは同じメニューでもスパイスの調合を日々変えているという。スパイスやインドのオイル「ギー」、インドのピクルス「アチャール」などは、オーガニックのものをインドから仕入れるというこだわりよう。仕入れは貿易主任でもあり東京スパイス番長のシャンカール・ノグチ氏が担当する。

 メニューはランチが「浅草キーマカレー」「骨付きチキンカレー」(以上900円)、「2種のカレーのハーフ&ハーフ」「ナポリタンとカレーのハーフ&ハーフ」(以上1000円)。ディナーはカレーの他に、「パパド」(350円)、「タンドールチキン」(600円)などを提供。アルコールは「生ビール」(480円)、「焼酎牛乳割り」(400円)、「焼酎チャイ割り」(500円)など。

 営業時間はam11:00~pm22:00(日曜=am11:30~pm16:00)。火曜定休。


KAMMO(カンモ)Curry+Cafe Asakusa https://www.facebook.com/kammo.curry
台東区浅草1-16-7 YUビル
電話03-3841-3979

東京港区・有楽町の有楽町電気ビルに讃岐うどん「たも屋 有楽町店」がオープン

5月26日東京港区・有楽町の有楽町電気ビルに讃岐うどん「たも屋 有楽町店」がオープンした。

 たも屋は、同社の黒川保社長が1996年に始めた屋台のうどん店が始まり。6年後には店舗「たも屋」を構え、2003年にテレビ番組「TVチャンピオン」に出場したことをきっかけに、「『たも屋』のうどんを全国の方に召し上がっていただきたい」という思いを強くし、フランチャイズ展開を始めた。

 現在は香川県を中心に四国に12店、神奈川に1店、シンガポールでも3店を展開し、有楽町店が17店舗目となる。今後は完全セルフ方式のフランチャイズ店、昼夜営業の「二毛作」店、立ち食い店の3種類の形式でオリンピック開催までに関東で10店舗の出店を目指す。

 ターゲットは近隣のビジネスマンやOL。オープン初日にはランチタイムだけで約170人が来店し、その後も来客数は増えているという。店舗面積は34坪で、席数は、昼=48席、夜=58席。

 ランチには「かけうどん」「ひやかけうどん」「ぶっかけうどん」「しょうゆうどん」(以上1玉=270円、2玉=370円)、「ざるうどん」「釜あげうどん」(以上1玉=310円、2玉=410円)、「カレーうどん」(1玉=490円、2玉=590円)、「釜玉うどん」(1玉=360円、2玉=460円)などを提供。

 ディナーは看板メニューの「讃岐骨付き鳥」(「ひな」「親」、各880円)や、「ちくわぶ」「だいこん」「こんにゃく」(以上150円)などの「讃岐おでん」、「讃岐名物醤油(しょうゆ)豆」(200円)など讃岐にちなんだメニューのほか、「ウェットカレー温玉のせ」「讃岐風鉄板うどん焼き」(以上480円)などの「〆料理」も用意する。

 ドリンクは「芋焼酎 鳴門鯛」「麦焼酎 竜馬」「栗焼酎 ダバダ火振」(以上380円)などの四国の焼酎のほか、ビール、ハイボール、サワー類、ソフトドリンクなど。

 「おすすめのうどんメニューは『カレーうどん』。半分は普通にスープと麺を絡めて食べていただき、残りの半分はかけだしを足して違った味を楽しめる。麺も『麺ひや』『麺ぬく』『麺揚げ』の3種から選んでいただける」と黒川社長。

 営業時間は、昼=am11:00~pm15:00、夜=pm17:00~pm23:00(ドリンクL.O.~pm22:00まで フードL.O.~pm22:30)日曜定休


たも屋 有楽町店 http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13168772/
千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂングB1F
電話03-6269-9864

東京港区・新橋の西新橋二丁目交差点近くに馬肉料理専門店「馬酒場ボブリー新橋店」がオープン

4月21日東京港区・新橋の西新橋二丁目交差点近くに馬肉料理専門店「馬酒場ボブリー新橋店」がオープンした。

 このお店の店舗面積は36坪、席数は70席。都内に5店舗ある馬肉料理専門店「馬肉問屋 馬喰(ばく)ろう」の系列店で、馬肉をメインに創作料理を提供する。系列店では「和」がテーマだが、こちらの店では「洋」をテーマに展開。店内には来店客にも目に入る場所に馬肉が並んだショーケースを置き、精肉を仕入れ、真空パック、ミンチ加工までできる専用機材をそろえる。

 「おすすめ」のメニューは「ボブリースペシャル」(300g強、3800円)3種の部位の馬肉ステーキの盛り合わせで、焼き方はレアのみ。「マスタード」「バジルバター」「おろしポン酢」の3種のソースで味わえる。そのほか、「世界の馬車窓から」という企画メニューがあり、世界9カ国をイメージして作られた創作馬肉料理も用意。

 「馬肉と言えば高級や珍味なイメージが多く、「馬刺し」料理が定着している事が多い。実は牛同様に他にも食べられる部位がたくさんある」と常務の沢井圭造氏。沢井氏自身、国内外に足を運び、馬肉について勉強しながら、馬肉の卸だけでなく、レシピを提供して馬肉を広める活動を行っており、店内の壁には馬肉について学ぶ事ができるパネルも飾る。

 サービス面については、「馬肉の安全性を伝えられるようにスタッフの知識も高め、馬肉についてのアウトプットこそがお客さまへの最大のサービスとなるようにしていきたい」と話す。

 そのほか、「手作りメンチカツ」(390円)、「あぶり馬タン刺し」(780円)、馬ん平焼(580円)がある。ドリンクは、「ウーロン茶」「コーラ」(以上300円)、アルコールは「生ビール中」(480円)、「チンザノロッソ」(600円)、ボトルワインは「ワイルドホース」(4500円)。

 営業時間は、平日=pm17:00~pm11:29、土曜=pm16:00~pm22:00。日曜・祝日定休。


馬酒場ボブリー
馬酒場ボブリー
ジャンル:熟成馬肉・馬刺・馬料理
アクセス:JR新橋駅 徒歩3分
住所:〒105-0004 東京都港区新橋3-2-4(地図
周辺のお店のプラン予約:
柚のしずく 新橋店のプラン一覧
居酒屋 土間土間 新橋西口通り店のプラン一覧
全席個室 湊一や 新橋銀座口駅前店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋の郷土料理店
情報掲載日:2014年6月10日

東京調布市・西調布の旧甲州街道沿いに洋菓子店「イーチ ファン ペストリー(EACH FAN PASTRY)」がオープン

5月9日東京調布市・西調布の旧甲州街道沿いに洋菓子店「イーチ ファン ペストリー(EACH FAN PASTRY)」がオープンした。

 19歳から約10年間の修行を積んだ後、有名洋菓子店やホテル、海外でシェフを務めた経験を持つ飯田剛氏。その彼がペストリーチーフ兼オーナーを務めるお店。店内は北欧系のインテリアが好きだという飯田氏の好みで、北欧を感じさせるようなシンプルな内装に仕上げた。

 このお店のロゴマークはトナカイ。クリスマスではサンタが主役でトナカイは陰の立役者的存在であることをヒントに、「サンタがお客さまで自分はトナカイのような存在になりたい」という気持ちを込めた。トナカイの名前は「ファンファン」と命名した。

 店舗面積は約13坪。店舗からガラス張りで工房が見えるのが特徴。商品は那須究極卵、那須御養卵、北海道根釧地区限定の特製生クリームなどの高級材料を使用し、「フルーツジュレ」(300円)、「チョコチャンクスコーン」(280円)、「自然のめぐみイチゴショート」(380円)、「むかしのババロア」(350円)、「マンゴープリン」(400円)など。また、「調布究極生プリン」(280円)、「ファンファンのおやつ」(180円)、「EACH FUN ROLL(イーチファンロール)」(1150円)は同店の目玉商品として販売する。

 営業時間はam10:00~pm20:00。


イーチ ファン ペストリー(EACH FAN PASTRY)http://chofu.com/eachfanpastry/
調布市下石原1-43-7
電話042-426-7275

東京目黒区・学芸大学駅近くの高架下に高さを生かしたファサードが特徴の「ストリーマー・コーヒー・カンパニー(STREAMER COFFEE COMPANY)五本木店」がオープン

5月23日東京目黒区・学芸大学駅近くの高架下に高さを生かしたファサードが特徴の「ストリーマー・コーヒー・カンパニー(STREAMER COFFEE COMPANY)五本木店」がオープンした。

 ストリーマー コーヒー カンパニーは、ミルクピッチャーのみでラテアートを描く「フリーポア ラテアート」ワールドチャンピオンの澤田洋史氏がオーナーバリスタを務めるコーヒーショップ。渋谷、原宿、神宮球場、堀江(大阪)に次いで5店舗目となる。

 場所は駒沢通り沿いで、2004年まで事務所として使用されていた高架下の建物を東急電鉄がリニューアルしたもの。

 施設全体は、鉄道高架下特有の雰囲気を生かしながら、ファサードには大きなガラスサッシを、エントランスには大きな吹き抜けを設け、開放感のある造りに。店内では、シルバーに輝く「シモネリ」のエスプレッソマシンが目を引く。広々とした空間に合わせた6連式の特注品だという。

 「これまでの店では海外からのお客さまが多いことから、ここでは『どこにもないコーヒーショップ』を目指した」と澤田氏。エントランスに設けたバスケットゴールなど、既存店の「男っぽさ」を感じさせるクールなテイストも見られるが、「インテリアにはナチュラルなウッドを増やし、『ストリーマー コーヒー カンパニー』のテーマである西海岸に合わせた植物もディスプレーするなど、女性が入りやすい雰囲気も意識してつくった」という。席数はカウンター席とテーブル席を合わせて約50席。

 コーヒーは既存店同様、オリジナルブレンドの豆を使う。メニューは、「ストリーマーラテ」(550円)、使用コーヒー豆が2倍量の「リボルバーラテ」(650円)、エスプレッソ・グリーンティー・ホワイトチョコレートの「ミリタリーラテ」(750円)、牛乳瓶で提供する「ストリーマー珈琲牛乳(アイス)」(600円)など。「ミリタリードーナツ」(420円)ほか各種スイーツもそろえる。

 「この周辺は他の店舗に来店されているスタイリストの方などが住んでおり、感度の高いお客さまが多いエリア。地域密着型の店として、コーヒーはもちろん、ぜいたくな空間も合わせて楽しんでもらえたら」と澤田氏。

 営業時間はam10:00~pm20:00。


ストリーマー・コーヒー・カンパニー(STREAMER COFFEE COMPANY)五本木店 http://streamercoffee.com/news
目黒区中央町2-36
電話03-6452-3145

東京千代田区・秋葉原の秋葉原UDX向かい・AKIBA426ビルに肉めし専門店「秋葉原岡むら屋」がオープン

5月18日東京千代田区・秋葉原の秋葉原UDX向かい・AKIBA426ビルに肉めし専門店「秋葉原岡むら屋」がオープンした。

 このお店の店舗面積は約15坪で、席数は26席。「岡むら屋」は、全国に「かつや」を展開するアークランドサービスの子会社・アークダイニングの経営。その新業態として展開。今回出店した秋葉原店は2店舗目となる。

 ここでは、白飯の上に大鍋でじっくり煮込んだ牛肉を盛った丼メニュー「肉めし」(490円)や煮込み豆腐、煮込み大根、煮玉子などのトッピング(各50円)をのせた「デラ肉めし」(590円)を主力メニューとして提供。「肉めし」に刻みネギと生卵ををのせた「ねぎ肉めし」(590円)や定食もラインアップする。

 営業時間はam10:00~pm23:00。


秋葉原岡むら屋 http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13168607/
千代田区外神田4-2-6 AKIBA426ビル
電話03-5298-5311(問合せ専用)

東京千代田区・市ケ谷の東郷公園入口交差点近くに「辛い」ラーメン店「まっかっか」がオープン

5月9日東京千代田区・市ケ谷の東郷公園入口交差点近くに「辛い」ラーメン店「まっかっか」がオープンした。

 このお店の店舗面積は13坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた20席。経営は焼き肉店やラーメン店などを展開するISSEI。

 「テグタンスープ」をイメージした牛骨と野菜のスープに唐辛子を使ったオリジナルのヤンニョンソースに合わせた「辛い」ラーメンを提供する。麺は「浅草開花楼」の太麺、具材にはゴボウやレンコン、ニンジン、コンニャクなどの根菜を使い、健康を意識したラーメンに仕上げたという。

 メニューは、「まっかっか麺」(700円)、「まっかっかつけ麺」「まっかっかマゼ麺」(以上850円)の3種類。辛さ増し(200円)、「豚飯」(300円)、「卵かけご飯」(250円)などのサイドメニューのほか、無料トッピングのチーズと大根おろし、辛いものが苦手な人のために辛くない「まっしろ麺」(680円)、「冷え冷え麺」(720円)も用意した。

 「ターゲットは女性、辛い物が好きな人。マニア向けの店なので遠方からもぜひお越しいただきたい」とオーナーは話す。

 営業時間はam11:30~pm15:00、pm17:00~pm22:00。日曜・祝日定休。


まっかっか http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130904/13168372/
千代田区九段南4-6-6

東京中野区・中野の東京警察病院近く・早稲田通りの路地にパン店「クロワ(CROIX)」がオープン

4月21日東京中野区・中野の東京警察病院近く・早稲田通りの路地にパン店「クロワ(CROIX)」がオープンした。

 このお店のコンセプトは「Daily bread for your table!」。店名の「CROIX」はフランス語で十字の意味で、店のロゴもカンパーニュに十字の切り込みを入れたもの。北海道産の小麦粉、沖縄県産の塩やきび糖などを使用し、シンプルで毎日食べても飽きないパン作りを目指しているという。

 店主の榎本淳氏はパンが好きでよく食べ歩いており、京都の住宅街にある「たま木亭」で食べたパンのおいしさに衝撃を受け、自宅で開業することを決意。それを機にパン作りに目覚め、3年前に職を辞して大手ベーカリーチェーンで修業しながらパン教室にも通い、パン作りを学んだ。自宅の1階部分を改装し、お店をオープンしたという。

 看板メニューのカンパーニュ(1/4、200円)は、ライ麦が入った生地に定番のイチジクとクルミ、チェダーチーズとピスタチオを練り込んだ2種類を用意。そのほか、山型食パン(1.5斤、500円)、Wチーズフランスやフォカッチャ(以上200円)、焼きあんぱんやゴマあんぱん(以上130円)などのほか、水曜日限定でベーグル(200円)も用意する。ドリンクはアイスコーヒー、国産つがるりんごジュース、温州みかんジュース(以上200円)などのテイクアウトができる。

 店主は「路地裏の住宅街にお店があるので、お客さまはほとんど地元の人たち。その人たちにずっと愛されるお店にしたい。そして、毎日食べても飽きないおいしいパンを作り続けたい」と話す。

 営業時間はam10:30~pm19:00。日曜定休。


クロワ(CROIX)http://www.croix-nakano.net/
中野区野方1-44-6
電話03-6310-9996

東京新宿区・新宿の新宿駅西口・メトロ食堂街B2階に焼きたてチーズタルト専門店「パブロ(PABLO)新宿店」がオープン

6月1日東京新宿区・新宿の新宿駅西口・メトロ食堂街B2階に焼きたてチーズタルト専門店「パブロ(PABLO)新宿店」がオープンした。

 このお店は、「パブロ・ピカソが芸術に革命を起こしたように、美味しい感動と革命を。」がテーマのチーズタルトアトリエ。看板商品のチーズタルトは、独自の製法によって、「レア」と「ミディアム」の2種類から焼き加減が選ぶことができ、2011年のオープン以来3年間で約180万個の焼きたてチーズタルトを提供している。

「関西では4店舗展開し、そして関東では渋谷に続く2店舗目となる。新宿駅直結の新宿店では、看板商品の焼きたてチーズタルトはもちろん、人気の季節限定チーズタルトやプレミアムチーズタルト、焼き菓子など豊富に取り揃えている。」と担当の吉浦氏。

 また、「新宿は東京文化の中心であり、交通の便もよくショッピングエリアやビジネスエリアが充実している街。そんな街で、より多くの皆様に当店自慢の”焼きたてチーズタルト”をお楽しみいただきたいと考え、このたびの出店を決意した。お値段も¥741(税抜)と大変手頃ですので、お買い物帰りやビジネスのお手土産などにご利用いただければと幸い」と話す。

 営業時間はam11:00~pm22:00。


パブロ(PABLO)新宿店 http://www.pablo3.com/shops/shinjuku.html
新宿区西新宿1-1-2メトロ食堂街B2F
電話03-5381-0826

東京台東区・蔵前の都営地下鉄蔵前駅近くに中国茶専門店「リリーの薔薇園」がオープン

4月25日東京台東区・蔵前の都営地下鉄蔵前駅近くに中国茶専門店「リリーの薔薇園」がオープンした。

 このお店のスタッフ全員が国家資格である「茶芸師」の資格を持ち、中国茶を詳しく説明。試飲では優雅な作法を見ることができる。

 代表の徐軼(じょいつ)氏は6年前に日本に仕事で来日。昨年新会社のエルケー商事を設立。中国茶や雑貨の輸入販売を行ってきた。「日本ではまだ中国茶は一般的とは言えない。健康に良く奥が深い中国茶を、もっと気軽に楽しんでもらいたい」と話す。

 このお店は厳選された有機プーアル茶や台湾茶、中国茶器、シルク・竹繊維スカーフなどを扱うほか、2階のカルチャールームでは中国茶を学びながら楽しめる茶会を開く。茶会が開催されない日はレンタルスペースとしての使用も可能。

 茶芸師のニコは「これからもっと暑くなるので、解熱作用がある菊花茶がおすすめ。美肌効果と眼精疲労にも効く」「阿里山金萱(ありさんきんせん)は、見た目は日本の緑茶と変わらないが、甘い香りと味わいが特徴」とアドバイスする。

 商品は「有機プーアル茶」(2500円)、「有機プーアル茶プレミアム」(3000円)、「菊花茶」(800円)、「阿里山金萱」(1400円)、「フルーツティー」各種(1000円)、「おためしセット」(500円)など。茶器は2000円台から取りそろえる。

 営業時間は10時~18時。日曜・祝日定休。


リリーの薔薇園 http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13167191/
台東区蔵前3-12-9 鈴梅第一ビル
電話03-5829-8548

東京港区・赤坂の一ツ木通り沿いにシャンプー専門店「シャンプー・バー(Shampoo Bar) 東京赤坂店」がオープン

5月26日東京港区・赤坂の一ツ木通り沿いにシャンプー専門店「シャンプー・バー(Shampoo Bar) 東京赤坂店」がオープンした。

 このお店の運営はピカイチ。マッサージをメインとしたヘッドスパと、洗髪をメインとしたシャンプーの2つのサービスを提供。「頭皮ケア&リラクセーションサロン」としてオープンした。2012年6月、福岡・天神に開店した1号店に続き、東京では初となる。

 基本のメニューは「シャンプー」(10分=1080円、15分=1620円)に加え、「頭皮マッサージ」(5分=540円、10分=1080円)など。「男性ブロー」(540円)や「女性ブロー」(1080円)も用意するが、店内には頭髪用化粧水やセット剤を備えたドレッサー5台も設置し、セルフでブローすることもできる。

「シャンプー10分と聞くと短いという印象を受ける人もいるかもしれないが、一般的な女性の洗髪時間はおよそ2分。当店では美容師免許を持った『頭皮のプロ集団』が、お客さまの頭皮のコンディションを確認しながら、自宅ではできない本格的な頭皮ケアを提供する」と江川店長。「頭皮ケアにはもちろん、仕事中のリフレッシュやお出掛け前のセットなど、さまざまな用途として活用してもらえれば」と話す。

 営業時間はam11:00~pm21:00(祝日は~pm20:00まで)。日曜定休。


シャンプー・バー(Shampoo Bar) 東京赤坂店 http://shampoo-bar.com/tokyo-akasaka/
港区赤坂4-3-4 菅野ビル2F
電話0120-194-328

東京港区・六本木の六本木交差点近くに「キリンシティ六本木店」がオープン

5月30日東京港区・六本木の六本木交差点近くに「キリンシティ六本木店」がオープンした。

 このお店は1983年5月に創業し、ドイツ中西部の都市デュイスブルグのビールの名門「ケーニッヒ・ブルワリー」が展開するビヤパブ「ケーニッヒシティ」をモデルとして、六本木に1号店をオープンした。創業以来こだわるのはドイツピルスナービールの伝統技「3回注ぎ」によるたる生ビールの提供方法。社内資格制度「ビアマイスター制度」で審査基準をクリアしたスタッフのみが提供できる。

 六本木店は12年営業した後に閉店したが、創業31年目を迎え再出店が決まった。店舗面積は113.01㎡。席数は、店内60席(全席終日禁煙)、屋外4席(喫煙可)。ゆったり座れるベンチシートやカウンタースペースを設け、カジュアルな雰囲気だ。

 ドリンクは、「3回注ぎ」で提供する「ご馳走ビール」(520円~)、ビアカクテル(650円~)、ワイン(グラス=590円、ボトル=2600円~)、ウイスキー(480円~)など。フードは、焼きソーセージ盛り合わせ5種(1900円)、生ハム盛り合わせ3種(1280円)、バックリブと野菜のロースト(1130円)、ごろごろ野菜の黒カリーココット(690円)など、豊富にそろえる。

 六本木店限定のサービスとして、毎日19時までの「ハッピーアワー」も実施。フローズンビール1パイント100円引き、フローズンカクテル1パイント150円引き、ハードシードル・たる生サワーレモンを半額で提供する。

 営業時間は、平日=am11:30~pm23:30(金曜=~翌am4:00まで)、週末・祝日=am12:00~pm23:00(土曜=~翌am4:00まで)。


キリンシティ六本木店 http://www.kirincity.com/wp/info/20140530/
港区六本木4-10-10 正直家ビル2F
電話03-5413-4811

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。