FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京調布市・国領に無添加ベーカリー「PINO」がオープン

6月21日東京調布市・国領に無添加ベーカリー「PINO」がオープンした。

 このお店の店主はパンや食品の製造工場での勤務経歴を持つ松林真二氏。製造過程で保存目的の添加物の多さに驚き、毎日食べるパンこそ極力無添加のものを提供したいと開業支援などでノウハウを学び、妻の美春さんとオープンした。

 同店のパン生地はイーストフードや保存料などは使わず、北海道産の小麦を100パーセント使い、少量ずつ焼き上げて提供。夫妻は「自然派のパンというと最近はハードなものが流行(はや)っているが、あえてうちは柔らかいパンで」と特徴を出す。

 店舗面積は約13坪。メニューはクリームに近隣地区直産の卵や牛乳、天然バニラビーンズを使った「カスタードクリームパン」(136円)や油で揚げない「焼きカレーパン」(147円)~、夏季限定の「レモンあんパン」(147円)など約18種類。米に由来する「ホシノ天然酵母」を使用し、毎日am11:00ごろに焼き上げる「山食パン」(399円)、「くるみとぶとう」(241円)、「ミニパン」((105円)は数量限定で販売する。

 店主は「無添加のパンは日持ちがしないので、その分価格を抑え目にして焼きたてを提供し、地域の人たちに毎日来てもらえる街のパン屋さんにしていきたい。自分も子どもがいるので特に地域の子育て世代に、安心で口溶けの柔らかい優しいパンを提供していきたい」と話す。

 営業時間はam9:00~pm17:00(売り切れ次第閉店)。日曜定休。


PINO http://ameblo.jp/gori861/
調布市国領町4-46-17
電話042-441-7688
スポンサーサイト

東京港区・赤坂にカラオケ店「コート・ダジュール 赤坂店」がオープン

6月14日東京港区・赤坂にカラオケ店「コート・ダジュール 赤坂店」がオープンした。

 このお店の運営はヴァリック。フランス南部のリゾート地「コート・ダジュール」をイメージした内装で全国に展開する。店舗面積は110坪。最大30人を収容できる「VIPパーティールーム」をはじめ、VIPルーム、重低音や照明にこだわった「ライブルーム」、ステージやスタンドマイクを完備した「ステージルーム」など4種のコンセプトルームを含む17室を備える。

 赤坂への出店理由については、「赤坂は商業施設や大企業の本社が集中しており、都内でも有数の繁華街となっていることから、幅広い集客が見込めるため」と広報担当の斎藤氏は話す。

 エントランスにはワインセラーを設置し、ワイン5大シャトーの1つ「シャトー ラフィット ロートシルト」がフランスで生産するワイン「オーシエールブラン(白)」(3500円)、イタリア産「カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ(赤)」(5000円)、フランス産「シャトー カロン・セギュール」(2万円)など、赤6種、白4種の10種のワインを用意。「モエ・エ・シャンドン」「ドン・ペリニヨン」といったのシャンパン4種やスパークリングワインも取りそろえる。

 営業時間はam12:00~翌am5:00。


カラオケコート・ダジュール 赤坂店
カラオケコート・ダジュール 赤坂店
【業態】カラオケ&パーティー
【アクセス】地下鉄赤坂見附駅 徒歩4分(地図
ぐるなびぐるなび赤坂のお店情報もチェック!
※2013年6月29日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
通常10,500円相当→8,400円 ドリンク3杯付き和牛サーロインコース
鉄板焼 MADOy 赤坂
少人数とくとくご宴会!!島唄 コース
沖縄ダイニング ちゅらり 六本木店
お料理8品飲放3.5h付き【女子会バリューコース】飲放無料30分延長♪
隠れ野 赤坂店
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

東京港区・目黒駅東口の複合ビル「MIYUKI HOUSE」に鶏料理店「Gallus(ガルス)」がオープン

6月3日東京港区・目黒駅東口の複合ビル「MIYUKI HOUSE」に鶏料理店「Gallus(ガルス)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は11坪、席数は19席。ここは、目黒の人気焼き鳥店「鳥しき」の姉妹店。出店のきっかけについて、店長の阿部友彦氏は「姉妹店の出店は以前からの目標だった。人員が増え、良い物件が見つかったから」と話す。「鳥しきは焼き鳥がメイン。鶏料理の可能性を広げるため、新店では焼き鳥以外のメニューにも注力する」という。

 料理はコースのみを提供。「焼鳥Gallusおまかせコース」(4500円)は、「本日のおまかせ前菜盛り合わせ」「ガルスの串焼き始めの3本」「本日の暖かい鶏料理」「季節のフルーツを使ったデザート」など、7品で構成する。pm21:00以降はアラカルトでの注文にも応じる。

 アルコールは、ワイン約50種類を用意。ソムリエの資格を持つスタッフが料理に合わせて提供。「スパークリングワイン」(3900円~)や「ロゼ」、「白ワイン」(以上3800円~)など。ほか、「生ビール」(600円)や「冷酒」(800円)、「焼酎」(700円)などを取りそろえる。

 鳥しきで約1年間修業を重ねた阿部氏。「目黒の人々は『情』と『品』を兼ねそろえている。味を評価する目が厳しいので、自然と身が引き締まる」と話す。

 営業時間はpm18:00~pm24:00。日・祝日定休。


Gallus(ガルス)http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13156763/
目黒区上大崎3-3-4 MIYUKI HOUSE
電話03-5422-9834

東京武蔵野市・吉祥寺のアトレ吉祥寺・地下1階と新たに増床した1階に新店舗が、オープン

6月27日東京武蔵野市・吉祥寺のアトレ吉祥寺・地下1階と新たに増床した1階に新店舗が、オープンした。

 2010年4月に「ロンロン」からリニューアルした同施設。今回は、地下1階には、緑・自然をモチーフとした温室のような空間にレディースファッション「リーブルメゾン」とカフェ「青山フラワーマーケットティーハウス」が、1階には、カフェ「ミカフェート」とコスメ雑貨「ショップインコスメティーカ」が、オープン。

 カフェ「青山フラワーマーケットティーハウス」は青山店に次ぐ2号店となり、カフェ「ミカフェート」は、コーヒーハンターである川島良彰氏が厳選したコーヒーをハンドドリップで入れるコーヒースタンド。いずれのフロアにも「特徴的なカフェを配置することでホッとできる癒やしの場を提供する」という。

 マーケティング開発部の矢部氏は「地下なのに、まるで森のような緑豊かな光景が目の前に広がる。そうした、いまだかつて見たことの無い空間がアトレ吉祥寺に誕生する」と話す。


アトレ吉祥寺 http://www.atre.co.jp/shiten/index.php?scd=14
武蔵野市吉祥寺南町1-1-24
電話0422-22-1401

東京港区・浜松町の芝大門に鶏料理居酒屋「秘伝のにんにくダレ焼き鶏 塩つくね 博多水炊き てけてけ浜松町店」がオープン

6月25日東京港区・浜松町の芝大門に鶏料理居酒屋「秘伝のにんにくダレ焼き鶏 塩つくね 博多水炊き てけてけ浜松町店」がオープンした。

 このお店の店舗面積は40坪。席数は、テーブル18卓、座敷2卓の計90席。ユナイテッド&コレクティブが直営で運営する。

 メニューは、総料理長による自家製「にんにくしょうゆダレ」を用いる「にんにくダレ焼き鶏」(各1本126円)、つくね用に粗挽きした鶏肉で作る「絶対お薦め!塩つくね」(209円/1本)、鶏ももに餡(あん)を包んで焼き上げる「名物!鶏ギョーザ」(620円)、数十種類のスパイスをブレンドした特製ダレに漬け込む「究極のもも鉄板焼き」(473円)、「コラーゲンたっぷり!絶品!博多水炊き」(1250円/1人、2人前より)など。

 ドリンクは、生ビール(天然水モルツ、368円)、「ザ・プレミアムモルツ生」「プレミアムハーフ&ハーフ生」(以上、419円)、ホッピー(368円)などのほか、九州の焼酎(410円~)を中心にそろえる。ランチは、「やみつきのしょうゆ唐揚げ」「チキン南蛮」「鉄板あらびきハンバーグ和風ソース添え」などを予定。いずれも、ご飯・みそ汁・サラダ・小鉢・漬物が付く。

 店長は、昨年新卒で入社したばかりの23歳の女性を起用。大役に抜てきされた湖城氏は、グループ内で最も店舗規模の大きい新宿総本店でホールスタッフと並行して、シフト管理やメニュー管理など店全体を見る立場で仕事をしていたという。今回の人事について、「店長が複数店舗を兼任していたため、何ごとにも主体的に取り組んできたので成長が早かったと思う。学生時代はサークルのまとめ役を務めていた経験も役立っている」と自らを分析する。常連客からは、店長昇進を祝い化粧水をプレゼントされたこともあるという。

 営業時間は、ランチ(月~金曜)=am11:30~pm14:00、ディナー=pm17:00~pm23:30(日・祝日=~pm23:00まで)。ランチは27日から。


てけてけ 浜松町店
てけてけ 浜松町店
【業態】■個室和風居酒屋■
【アクセス】都営浅草線大門駅 A5番出口 徒歩2分(地図
ぐるなびぐるなび和食×浜松町のお店情報もチェック!
※2013年6月26日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
出来立て中華食べ放題!75種 満足2099円
南国亭 浜松町大門店
【夢が咲く】コース 飲み放題込み¥4,000円、11品♪☆毎日利用OK☆
京の町に夢が咲く 新橋店
■『いろは』女子会のススメ♪お料理12品+3時間飲み放題付♪ 2980円
いろはにほへと 浜松町 貿易センタービル店
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

東京豊島区・池袋のジュンク堂書店並びに九州料理専門店「焼酎・郷土料理 九州黒太鼓」がオープン

5月30日東京豊島区・池袋のジュンク堂書店並びに九州料理専門店「焼酎・郷土料理 九州黒太鼓」がオープンした。

 このお店の運営はダイヤモンドダイニング。店舗面積は約303㎡、席数は180席。内装は、櫓(やぐら)の座敷席や、鯉の泳ぐ池に浮かんでいる竹筒に囲まれたテーブル席など「和」をコンセプトに「凛とした日本情緒あふれる竹と太鼓を配した」デザイン。半個室席や最大40人まで利用できる大広間席など「プライベートから会社の大宴会」まで対応している。

 九州全7県の特選素材と郷土料理をメインに「鍋」や「焼き」で提供する同店。「鍋」は「福岡県 博多ふくいち 明太子しゃぶ鍋」(1280円)や「大分県 海鮮かぼすしゃぶしゃぶ(蛸・蛤・鮮魚)」(1500円)など。「焼き」は「宮崎県 日南鶏もも肉の豪快炭炙(あぶ)り焼き」(1200円)や「佐賀県 A5黒毛和牛炭火ステーキ」(1800 円)など。

 ドリンクは、糖度が高い博多のイチゴ「あまおう」や、長崎県の「枇杷」など「九州のフルーツ」をベースに作ったカクテル(各580円)や、焼酎・日本酒(500円~)など、約100種を用意した。

 広報の黒田氏は「九州全県味巡りができる。食べる度に九州各地に旅するような気分をお楽しみいただけたら」と話す。

 現在オープン記念として、1組につき1つ、ビールかハイボールの入った1.8リットルの「やかんピッチャー」をプレゼントするキャンペーンを行っている。(6月30日まで)

 営業時間は日~木・祝日=pm17:00~pm24:00、金・土・祝前日=pm17:00~翌am4:00。


九州黒太鼓 竹取の里 池袋店
九州黒太鼓 竹取の里 池袋店
【業態】九州名物料理と個室
【アクセス】JR池袋駅 西武口 徒歩3分(地図
ぐるなびぐるなび郷土料理×池袋のお店情報もチェック!
※2013年6月25日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
アニヴァーサリーコース
牛兵衛 草庵 池袋西口店
【お腹いっぱい!食べ放題プラン】くるくる焼こう駄菓子焼き 8品3500円コース
池袋駄菓子バー
【先着限定枠】9種の地鶏料理と120分飲み放題お手軽特別プラン3500円
宮崎地鶏専門店 じどりーにょ
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

東京世田谷区・東北沢の北口から徒歩5分のところにビストロ&ワインバー「ディアログ(DIALOGUE)」がオープン

5月22日東京世田谷区・東北沢の北口から徒歩5分のところにビストロ&ワインバー「ディアログ(DIALOGUE)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は15坪。カウンター5席、テーブル18席。店主はシェフの好井祐輔氏とサービスマンの下川亮平氏の2人。好井氏は、老舗フランス料理店「CASTOR(カストール)」に7年勤務した後、フランスへ留学。現地の2つ星レストランなどで修業を積み、カストールの元同僚で、1つ星フレンチ店でのサービス経験もある下川氏とここを立ち上げた。

 「料理人にはサービスマンが、サービスマンには料理人が必要。良きパートナーとして店を繁盛させたい」という思いを込め、店名はフランス語で「対話」という意味を持つ「DIALOGUE」とした。「オーナー2人の対話ももちろん、お客さま同士の対話やお客さまとスタッフとの対話など、さまざまな対話が生まれる場所にしたい」と下川氏。

 前菜のメニューは「ブルーチーズのブランマンジェとホタテのサラダ」「グリル野菜のテリーヌ」(以上950円)など。メインは「子羊もも肉のロースト」(2000円)や「自家製シャルキュトリーのシュークルート」(1800円)など。ドリンクは、自然派ワインの「アルザス・ピノブラン」(ボトル5300円、グラス900円)や「モルゴン」(ボトル6000円、グラス900円)、生ビール(600円)、グラスシャンパーニュ(1000円)など。「ピスタチオのクレームブリュレ」(700円)などのデザート類もそろえる。

 「コースだけではなく、単品でも注文できる店にこだわりたかった」と好井氏。「当店はフレンドリーなフレンチ。1年に1回だけの特別な店ではなく気軽にという思いを込めた価格設定にしている。本格派の味だが、肩肘張らずに楽しんでほしい。ワインバーとして気軽に利用していただくのも歓迎」と下川氏は話す。

 営業時間はpm18:00~pm24:00。火曜定休。


ディアログ(DIALOGUE)http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13156558/
世田谷区北沢3-23-21
電話03-6804-8820

東京新宿区・歌舞伎町の区立大久保公園で「MOTTAINAI フリーマーケット」が開催

6月23日東京新宿区・歌舞伎町の区立大久保公園で「MOTTAINAI フリーマーケット」が開催される。

 この催しの主催は東京リサイクル運動市民の会とMOTTAINAIキャンペーン事務局。

 共催の歌舞http://mottainai.info/fleama/伎町タウン・マネージメントは、「汚い」「怖い」などのイメージが強い歌舞伎町で、クリーン作戦プロジェクト、地域活性化プロジェクト、まちづくりプロジェクトなどを展開している。

 会場では「古着の100円チャリティーフリマ」も開き、収益を宮城県名取市災害対策本部へ寄付するほか、出店料の一部をワンガリ・マータイさんが推奨するアフリカの植林運動「グリーンベルト運動」に寄付するなど、社会貢献活動もできる仕組みを導入。

 会場内に資源回収コーナーを設け、古着・古本・CD・使用済み天ぷら油・ビニール傘を回収し、廃油以外はリユース、廃油はエネルギーとして再利用する。「捨てるには『もったいない』ものを持って来てほしい」と東京リサイクル運動市民の会の赤池氏は語る。

 開催時間はam10:00~pm15:00。入場無料。雨天中止。


MOTTAINAI フリーマーケット http://mottainai.info/fleama/
新宿区歌舞伎町2-43

東京港区・千駄木の不忍通り・動坂下交差点近くにカフェレストラン「restaurant&cafe あしぇっと」がオープン

5月29日東京港区・千駄木の不忍通り・動坂下交差点近くにカフェレストラン「restaurant&cafe あしぇっと」がオープンした。

 このお店はオーナー・鈴木政幸氏と娘の杉村美樹枝氏が親子で開業したもの。席数は20席で、ペット同伴も可能なテラス席2席も用意。豆乳やプルーンなど、健康にいい素材をメニューに取り入れているのが特徴で、「かぶの冷製スープ」をはじめ、ハンバーグのつなぎにも豆乳を使っている。

 杉村氏自身も「鉄分が豊富とは知っていてもプルーンが苦手だったが、父が作った赤ワイン入りのプルーンのタルトは無理なく食べることができた。体に優しい食材を、おいしく味わってほしいという気持ちから、メニューの構成を考えた」と話す。

 鈴木氏はかつてフレンチのシェフとして働き、「自分の店を持ちたい」という思いを持っていた。杉村氏も、もともとレストランやカフェ巡りが好きだったので、「フレンチほど敷居が高くなく、もっと気軽に入れるカフェレストランを開こうと思った」という。

 利用客との会話を楽しめるような接客を心がけているという杉村氏は「開店したばかりの時に、年配のお客さまから『こういう店を待っていた』と言っていただき、とてもうれしかった。文京区という土地柄のためか気さくに話しかけてくださる方が多い。地元の人に愛されるような店にしたい」と意気込みを見せる。

 メニューは、ランチ=「和風ハンバーグプレート」(1000円)、「おむらいすプレート」(980円)など5種、ディナー=「あしぇっと風フライドチキン」(600円)など16種。カフェメニューは、「パッションソーダ」(400円)のほか、「プルーンのタルト 生クリーム添え」(450円)などのスイーツも充実させる。

 営業時間はam10:00~pm22:00。火曜定休。


restaurant&cafe あしぇっと http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13157164/
文京区千駄木4-14-2
電話03-3824-0386

東京目黒区・都立大学駅の目黒通り・中根交差点近くにブーランジェリー「トシ オー クー デュ パン(Toshi Au Coeur du Pain)」がオープン

5月15日東京目黒区・都立大学駅の目黒通り・中根交差点近くにブーランジェリー「トシ オー クー デュ パン(Toshi Au Coeur du Pain)」がオープンした。

 このお店の店主・川瀬敏綱氏は元建設機械メーカーの営業マン。中小企業の社長らと接するうちに起業に興味を持ち、パン好きからパン職人への転職を決意。「オーバカナル」「メゾンカイザー」などで経験を積んだほか、日本の「人間国宝」に相当するとされる「MOF(フランス国家最優秀職人章)」を持つブーランジェ、アニス・ブアブサ氏に師事。パリ18区にあるブアブサの店「オーデュック デュラシャペル」で約2年間修業を経て念願の起業を果たした。

 店名はフランス語で「パンの魂」の意味。パン職人の川瀬(=Toshi)が「パンの心(本質)を踏まえたパンを、魂を込めて作っていきたい」との思いを込めた。「フランスのように朝食に焼きたてのパンを食べてほしい」と朝6時から販売する。

 場所は目黒通り沿いの路面で、店舗面積は約18坪。「抵抗なく店内に入ってもらえるように」と対面式カウンターを斜めに設置し、スタッフがフレンドリーにパンの食べ方なども提案する。

 商品は、バゲットやカンパーニュなどのハード系パン、フランスの定番菓子パンなどのヴィエノワズリーなど常時約30種類。看板メニューは、粉の香りと飽きの来ない軽い食感で川瀬もパリ修業時代に毎日1本は食べていたという「バゲット」(168円)と、長時間低温発酵によるもっちり感と濃い甘みが特徴のバケット「トラディション」(200円)。「バゲット」はパリのバゲットコンクールで優勝したブアブサのレシピを再現し、毎日気軽に食べてもらえるよう価格設定にもこだわった。

 「トラディション」の生地をベースにゴマやケシの実、アワなどのシリアルを練り込んだ「プチパンセレアル」(189円)は、サルコジ前仏大統領からの注文でブアブサの店で特別に作っていた商品。そのほか、ビター風味のレーズンが詰まった「ルヴァン カレンツ」(357円~)や、カレー粉入りバゲット「カレーパン」(168円~)などの変わり種もそろえる。

 営業時間はam6:00~pm19:00。月曜定休。


トシ オー クー デュ パン(Toshi Au Coeur du Pain)http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13156276/
目黒区中根1-20-18
電話03-5726-9545

東京新宿区・神楽坂の五十番本店近くに和食店「ご馳走や 叶え」がオープン

6月7日東京新宿区・神楽坂の五十番本店近くに和食店「ご馳走や 叶え」がオープンした。

 このお店の経営は日本料理店や水炊き店などの飲食店を手掛けるオカシオ。席数はカウンター席と個室を合わせた50席。「比内地鶏」、能登半島の「魚」、京都・石川産を中心とした「野菜」を売りにしている。日本酒は生産者の思いを伝えるため、従業員が実際に蔵元を訪れて厳選したもの約15種類を常時そろえ、「若い世代にもいい日本酒を飲んでもらいたい」と話す。

 メニューは、「本マグロ」(1200円)をはじめとする刺し身や煮魚、毎朝店でさばく比内地鶏の串焼き(300円~)、南魚沼の契約農家が作ったコシヒカリを日本酒の仕込み水で炊く「土鍋炊きごはん」(680円)、系列店の名物メニュー「比内地鶏 水炊き鍋」(1人前、2400円)など。

 ドリンクは、「新政」(秋田、700円)、「伯楽星」(宮城)、「飛露喜」(福島)、「御湖鶴」(長野、以上880円)、「十四代」(山形、980円)、「磯自慢」(静岡、1300円)、「鶴齢」(新潟、680円)などの日本酒、焼酎(580円~)、酎ハイ(480円~)、エクストラコールド(680円)などをそろえる。

 ターゲットは30~40代のオフィスワーカー。石川康夫店長は「良い日本酒を若い方にも伝えていき、それに合わせた料理を提供していく。神楽坂という場所柄、接待や会食利用が多くなるが、若い方から年配の方までいろいろなシチュエーションでご利用いただければ」と話す。

 営業時間はam11:30~pm14:00(土・日・祝日は~pm16:00まで)、pm17:00~pm23:00。


ご馳走や 叶え
ご馳走や 叶え
【業態】日本酒・季節料理
【アクセス】JR総武線飯田橋駅 徒歩5分(地図
ぐるなびぐるなび居酒屋(神楽坂)のお店情報もチェック!
※2013年6月20日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
ランチ宴会,女子会なども飲み放題!ぐるなび限定平日記念日も!時間相談可。
居酒屋 州 麹町
ぐるなび限定!不況をぶっ飛ばせ宴会! 居酒屋料理6品+2h飲放=ナント3500円
手作り和食 魚・魚・魚 (うお・みっつ) 麹町店
★★★ 【 全10品 】 2時間 “贅沢コース” 3500円♪★★★
茶き茶き 飯田橋駅前
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

東京中野区・新井の新井薬師前駅近くに特撮カフェ&バー「蒼星の天馬」がオープン

6月13日東京中野区・新井の新井薬師前駅近くに特撮カフェ&バー「蒼星の天馬」がオープンした。

 このお店の店主は特撮テレビドラマのスーパー戦隊シリーズ「五星戦隊ダイレンジャー」で天重星・将児(テンマレンジャー)役を演じていた羽村英(えい)。席数はカウンター7席、テーブル席10席の合計17席で、壁には当時のポスター、飾り棚には当時のスナップ写真やスーパー戦隊シリーズに出演していた同僚や先輩後輩との写真、関連グッズや玩具を並べている。

 羽村は「昔は若手映画監督や役者が好きなことをとことん語り合ったり議論し合ったりする場所があったが、今そういう場所が少なくなってきている。ふと、仲間たちが集まれる場所をつくりたいと思ったら行動を起こしていた」という。

 メニューは生ビールやブルー系カクテル各種(以上700円)と酒類が中心。ファンが聞けばすぐに分かる名前の付いたオリジナルカクテル(1000円)などのほか、「天馬和風パスタ」(700円)や「ピザトースト」(600円)などの軽食も用意する。

 店舗開業を考えたことがきっかけに20年ぶりに「五星戦隊ダイレンジャー」主役6人が集まったといい、「この店を秘密基地として、スーパー戦隊の仲間、役者の仲間、劇団の仲間、さらには戦隊マニアなどが気軽に集まって、いつまでも熱く語り合える場所にしたい」と意気込みを見せる。

 営業時間はpm18:00~翌am2:00(土=~翌am5:00まで、日=pm15:00~pm23:00)。


蒼星の天馬 http://ameblo.jp/souseinotenma/
中野区新井5-10-1第二富士ビル2F
電話03-5343-6363

東京新宿区・神楽坂の裏通り・芸者新道に洋食レストラン「ゼット(zetto)」がオープン

6月9日東京新宿区・神楽坂の裏通り・芸者新道に洋食レストラン「ゼット(zetto)」がオープンした。

 このお店は「オールデーな日本の洋食を、おいしくおしゃれにワインと一緒に提供」することをコンセプトに、コロッケやビフテキ、ビーフシチューなどの各種洋食とワインをメインに提供する。シックな雰囲気の店内は、和と洋のインテリアを融合させた神楽坂らしい内装に仕上げた。席数は、カウンター6席とテーブル席、2人用の半個室を合わせ、26席。

 メニューは、仕込みに1ヶ月かけるというデミグラスソースを使った「特選黒毛和牛のシチュー」(2800円)、「タラバガニのクリームコロッケ」(1680円)、「ロールキャベツ カリカリベーコンとトスカーナ産ラルド添え」「ホタテとグリーンアスパラガスのマカロニグラタン」(以上1600円)、「金華豚ハムと土佐ジローの卵を使ったハムエッグ」(1800円)、「ニンジンサラダ オレンジの香りのドレッシングで」(750円)など。

 ドリンクは、3000円台後半~4000円台を中心価格帯とした約100種類をそろえるワインを中心に、「プレミアムホワイト白穂乃香」(750円)、クラシックモヒート(690円)、キールロワイヤル(780円)、グラスワイン(650円~)など。

 「普段使いはもちろん、記念日やパーティーなどにもご利用いただければ」とオーナーの菅井旭氏は話す。

 営業時間はpm18:00~pm24:00。日曜定休。


ゼット(zetto)http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13157134/
新宿区神楽坂3-2-1 actoビル
電話03-6265-3510

東京新宿区・曙橋の曙橋駅A4出口近くにアメリカ雑貨&ブックサロン「アメリカンドリームガレージ 新宿サロン」がオープン

6月3日東京新宿区・曙橋の曙橋駅A4出口近くにアメリカ雑貨&ブックサロン「アメリカンドリームガレージ 新宿サロン」がオープンした。

 このお店の運営は、茨城県笠間市でアメ車体験リゾート施設「アメリカンドリームガレージ 笠間」を手掛けるファッツ・ハプニング。この施設では、ガレージ付きのレンタルルームの各ガレージに1930~80年代のアメ車を配置し、利用者は試乗や洗車、ワックスがけなど、オーナーの気分を味わうことができる。新宿サロンはこの施設の情報発信の場としての機能を担う。

 店舗面積は約17坪。店内にはアメリカ雑貨や車・バイク雑誌などを所狭しと並べ、利用者は雑誌を読んだり、くつろいだりして、自由に過ごすことができる。

 「アメ車が好きな人の多くは40~50、60代。興味を持っている人は多いが、所有したり維持したりできない、乗りたくても乗れない人が多い。そういった人たちに夢を与えられれば」と一村正人社長。「興味がある人に気軽に入ってきていただきたい。年配の方でやりたかったけれども実現できていない人を開拓していければ」と話す。

 こちらでは現在、この内装・インテリアを生かした雑貨店やカフェ、バーなどを開きたいオーナーを募集中とのこと。

 営業時間はam11:00~pm19:00。


アメリカンドリームガレージ 新宿サロン http://www.americandreamgarage.com/
新宿区荒木町18-1 ハプニングタワー
電話03-5742-2280 

東京世田谷区・桜新町の弦巻三丁目交差点近くにカフェ&ダイナー「ニューオールド(NEWOLD)」がオープン

5月13日東京世田谷区・桜新町の弦巻三丁目交差点近くにカフェ&ダイナー「ニューオールド(NEWOLD)」がオープンした。

 このお店の経営は高梨宏太郎氏。20代初めごろから抱いていた「30歳になるまでに昔からの仲間5人でお店を出す」という夢を、30歳になる今年に実現した。双子の弟・佑太郎氏と一緒に田園都市線沿線で「地域に根付けるような街」を探すうちに、桜新町駅から徒歩10分ほどの住宅街内にある物件に出合った。

 広さ20坪の店内には約30席を用意。内装は天井の中央に渡る梁(はり)を境に「新」「旧」のイメージに分けた。メニューは「子どもから高齢者、女性も意識しつつアメリカンテイスト」を意識し、「アボカドチーズバーガー」(1250円)や「パイナップルマリネのローストチキン」(1ピース880円~)など、朝食(am7:00~am10:30)からランチ(am11:30~pm16:00)、ディナータイム(pm17:30~pm23:00)まで多彩なラインアップ。ソフトドリンクのほかにアルコール飲料も「世界を旅しよう」をテーマに世界中のビール(550円~)などを取りそろえている。

 「ローカルコミュニティーの要で基盤となるような場」を目標に掲げる同店。開店以来、スタッフは外の通りに出て、道行く人々にあいさつをするなどして「ごく自然に」声を掛けているという。主に接客を担当する佑太郎氏は、この姿を見た近隣住民に「とても良いことだからこれからも続けて、と激励とお褒めの言葉を頂きうれしかった」と話す。

 営業時間はam7:00~pm23:00。月曜定休。


ニューオールド(NEWOLD)http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13157060/
世田谷区弦巻3-9-11
電話03-6413-5100

東京港区・西新橋の西新橋一丁目交差点近くにモロッコ料理レストラン「ル・マラケシュ」がオープン

5月10日東京港区・西新橋の西新橋一丁目交差点近くにモロッコ料理レストラン「ル・マラケシュ」がオープンした。

 このお店の店舗面積は約10坪。席数は20席。店名の「ル・マラケシュ」はモロッコの都市「マラケシュ(Marrakech)」から。同地出身の店主のドリス氏は、4年前に来日。ホテル勤務やバーテンダーなどを経験後、このお店を開業した。「料理を通じてモロッコの良さを日本人に知ってほしい」と、ドリス氏。「モロッコ料理はオリーブオイル以外の油を使わない。野菜も煮込み料理がメインだからヘルシー。たくさん食べてもらって、新橋の人に元気になってもらいたい」と話す。

 料理には、モロッコにのみ生育するアルガンの木の実から採れるオイル「アルガンオイル」を使用。「食べておいしいだけじゃない。髪や肌にもよくシャンプーや化粧品のベースに使われるオイルなので、女性には特におすすめしたい」

 メニューは、モロッコ人シェフが作るモロッコ料理。「チーズのシガール(モロッコ風チーズ春巻)き」「ブリワット(モロッコ風包み揚げ)」「ベルベルオムレツ」(以上500円)、「ケフタ(モロッコ風牛肉のつくね)」(1500円)、モロッコ風バーベキュー「ブロシェット(鶏肉・牛肉・ラム)」(1500円~)、「煮込んだ野菜とクスクス」(1000円)、「ビーフとクスクス」(1500円)など。タジン鍋は3サイズ(Small=1人用、Medium=2人用、Big=4人以上用)用意し、「野菜のタジン」(1人前=1000円)、「無農薬レモンとチキンのタジン」(同1200円)、「ラムのタジン」(同1500円)など、6種類を提供。

 今後については「タジン鍋をメインにしたランチメニュー(予価1000円)の提供も開始する。また、モロッコ産に限らず、近隣諸国のビールやワインのラインアップも充実させていきたい」とドリス氏。

 営業時間はpm17:00~pm24:00。日曜定休。


ル・マラケシュ http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13155893/
港区西新橋1-22-2
電話03-3593-64881

東京港区・南麻布の古川橋交差点近くに「究極のカレーうどん」と銘打った「O庵(オーアン)」がオープン

5月8日東京港区・南麻布の古川橋交差点近くに「究極のカレーうどん」と銘打った「O庵(オーアン)」がオープンした。

 このお店の経営はフロリアル。店舗面積は20坪、席数は18席。エントランスにダウン症で書道家の金澤翔子による力強い書の看板を掲げ、黒をベースに落ち着いたインテリアでまとめた。

 「食べることと料理することが趣味」というオーナーの関敬氏が、もともと倉庫として使用したり、一時期はバーとして営業したりしていた物件を、「カレーうどんの究極のレシピが完成した」という理由でカレーうどんの専門店に。「うどん屋に行くと人の食べているカレーのにおいにつられ、ついカレーうどんを注文してしまうが、毎回物足りなさを感じていた」と話し、10年以上前から自分好みの究極のカレーうどんを自宅で研究し始めたという。和だしベースで麺にしっかり絡む濃厚なカレーうどんのレシピが完成したときに、「これなら店で出せるのでは」と思い、友人の一流シェフらに食べてもらい、アドバイスをもらいながらクオリティーを高めていったという。

 カレーうどんは「イベリコ豚のカレーうどん」と、「飛騨牛のカレーうどん」(以上1100円)の2種。和だしをベースにするところは同じだが、それぞれ作る工程が全く違い、牛肉は後から生で入れるなど、一流シェフらの知恵も盛り込まれている。また、「ひつまぶし」のように三度楽しめるのも特徴。カレーうどんを食べた後の汁に、野菜ベースの「旨(うま)みルー」を加え、土鍋で炊いたご飯にかけながら食べ、途中でゆるめの温泉卵を加えればまた別のおいしさを味わえる。白米とは別に、有機栽培のあきたこまちを低温スチーム処理にかけ、甘みを出した最新技術の玄米も用意する。

 「飲食店は残飯が出るイメージがあったが、どのお客さんも最後の一滴まで平らげ、リピートしてくれるので喜んでいただけているのかなと思う。一流シェフのようなA級とまではいかないけど、B級グルメの最上級くらいならなれるかな」と話す関氏。6月19日からは、半量のカレーうどん、ご飯(お代わり自由)、温泉卵、サラダ、自家製ガリ、飛騨牛時雨煮のランチセット(1200円)も用意する。

 ドリンクは、青ほうじ茶・飛騨のほまれ(300円)、奥会津の天然炭酸水(400円)、生ビール(600円)などのほか、焼酎、日本酒などもそろえていく予定だという。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm14:30、ディナー=pm17:00~pm21:30(以上ラストオーダー、土・日・祝日は通し営業)。火曜定休。


O庵(オーアン)http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13155803/
港区南麻布2-15-7
電話03-5765-6881

東京世田谷区・桜新町の桜新町駅前通りに「鉄板焼屋さん はれのき」がオープン

6月10日東京世田谷区・桜新町の桜新町駅前通りに「鉄板焼屋さん はれのき」がオープンした。

 このお店は、2001年から先月まで営業していたお好み焼き店「ごっつい桜新町」の後継で新業態店。「アイテム」の社長で俳優の伊原剛志の妻でもある伊原純子氏が経営する。「ごっつい」は1992年3月に三軒茶屋で1号店を開店したのを皮切りに、現在都内を中心に19店舗でチェーン展開している。

 新業態「はれのき」の1号店としてリニューアルした同店。コンセプトは「ジャンルを超えた鉄板料理」で、「『ごっつい』の熱い思いと定番メニューを残しつつ、昔懐かしい洋食屋さんのようなほっこり優しい気持ちになれる場所」を目指す。開店時の「昭和レトロ」な装いを一新し、通りに面した壁を取り除き、広々としたオープンテラスのような造りで約20坪の店内に36席を用意する。

 メニューは鉄板を使った料理をメインに、「はれのき焼き」「煮込みハンバーグ」「ナポリタン」(いずれも525円)、デザートには「今川焼」(399円)など、和食から洋食まで幅広くそろえる。価格は「ワンコイン(500円)」「ハーフコイン(250円)」を中心に設定。複数のメニューを楽しむことができるよう、1品当たりの容量を従来の同店の基準より少なめにした。「ワインセルフサービス」制は、1杯399円(1ボトル2500円~)を。ほかに果実が入ったワインカクテル「サングリア」など、「女性にも喜んでいただける」ラインアップを心がけたという。

 母親向けの情報サイト「ママリブ」も主宰する伊原氏。「お子さんからママ、お年寄りまで親しんでもらえる空間や料理を新しく提供するのにこの街がぴったりと考えた」と話す。

 営業時間はpm17:00~pm24:00(ラストオーダーは~1時間前まで)。


鉄板焼屋さん はれのき http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13157033/
世田谷区新町2-25-17 平和ビル
電話03-3425-0538

東京渋谷区・代官山の代官山駅西口近くにパンケーキ店「九州パンケーキカフェ」がオープン

5月23日東京渋谷区・代官山の代官山駅西口近くにパンケーキ店「九州パンケーキカフェ」がオープンした。

 この店は、一平が昨年末から販売している「九州パンケーキミックス」を使ったメニューを提供するお店。鹿児島産のサトウキビ、宮崎産の小麦粉、熊本産の黒米、佐賀産の発芽押し麦など九州の小麦・穀物を使った商品で、1年半ほどを費やして開発されたという。

 経営のアップクオリティは国産農産物のマーケティング、販売促進事業を中心に、物販店舗の運営受託、飲食店のコンサルティング事業を展開。東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転開始により埼玉方面からのアクセス向上を見込むほか、小さな子どもを連れたファミリー層が多く、子どもに「『生産者の顔が見える』食品を食べさせたいというニーズがあるのでは」と、代官山への出店を決めた。
 
 店舗面積は8坪で、席数は11席。白を基調とした店内には木材の机や棚を配し「ナチュラル」に、カラフルな椅子を置き「ポップな印象」に仕上げた。店内の一角には物販コーナーを設け、九州パンケーキミックス(360円)や「くまモンクッキー」(300円)、「宮崎県産芋かりんと」(6種、各200円)、九州パンケーキミックス・くまモン牛乳・善太郎たまごのセット(600円)などを販売。

 メニューは、自家製のカスタードクリーム、生クリーム、長崎産「さちのかいちご」を使ったソースと福岡産「あまおう」のアイスをトッピングした「長崎産さちのかいちごのアングレーズソース 福岡あまおうアイス添え」、目玉焼きとベーコンを載せたパンケーキに宮崎和牛のチリソースを添えた「宮崎和牛のチリソース 目玉焼きとベーコン添え」(以上1280円、ドリンク付き)。セットドリンクのコーヒーは同店専用に焙煎(ばいせん)された豆を店頭で挽き、フレンチプレスで抽出。紅茶は無農薬九州産茶葉「やぶきた」を使う。

 オープン後は20~30代を中心に来店。男女比は3対7程度。子ども連れやカップルの来店も目立つ。

 営業時間はam11:00~pm18:00(金・土=~pm19:00まで)。


九州パンケーキカフェ http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13156301/
渋谷区代官山町20-9 サザン代官山
電話03-6427-8272

東京中央区・銀座の銀座八丁目交差点近くに石巻市で営業する「復興バー」の銀座店が、期間限定でオープン

5月31日東京中央区・銀座の銀座八丁目交差点近くに石巻市で営業する「復興バー」の銀座店が、期間限定でオープンした。(6月29日まで)

 このお店の運営は一般社団法人ISHINOMAKI 2.0。2011年6月、「東日本大震災を経験した石巻というまちを、震災前の状況に戻すのではなく、新しいまちへとバージョンアップさせるために」というコンセプトで設立され、2012年2月に一般社団法人となった。
 
 復興バーはISHINOMAKI 2.0が、天井まで浸水した店をDIYで改装して2011年7月に立ち上げたもの。地域の人だけでなく他県からのボランティアの人たちの交流の場にもなっている。

 銀座店について、ISHINOMAKI 2.0代表理事の松村豪太氏は「私たちの活動に共感してくださる方から、『ぜひ東京でも復興バーを』と声を掛けていただき、『蕎麦の花』のオーナーにも協力していただくことで、このプロジェクトが実現した。日本の中でも象徴的な場所で『復興バー』を開けることはとても意味のあること」と話す。

 同店では、フェイスブックページで公募し、枠のほとんどが3日間で決まってしまったという「一日マスター」が日替わりで店に立ち、ビール、グラスワイン、ウーロン茶などを500円で提供する。

 フードは「東北スペシャルメニュー」の「復幸サバみそ煮」「牛タンつくね串」「クジラ大和煮」(500円)や、「蕎麦の花」メニューの「だし巻き卵」「大豆の空揚げ」(500円)のほか、一日マスターが独自メニューを提供する日もあるという。

 「復興バーに来る、復興バーに座る、復興バーに集うということも復興支援の一つの形。リラックスして楽しみながら東北のことを思い、この店での出会いや会話を楽しむことで復興支援に参加していただければ」と松村氏は話す。

 営業時間はpm18:00~pm22:00。日曜定休。


復興バー 銀座店 https://www.facebook.com/fukkoubarginza
中央区銀座8-11-9
電話0225-25-4953

東京渋谷区・代官山の猿楽町交差点近くにロス発オーガニックコーヒー・カフェ「アースカフェ(Urth Caffe)代官山」がオープン

4月24日東京渋谷区・代官山の猿楽町交差点近くにロス発オーガニックコーヒー・カフェ「アースカフェ(Urth Caffe)代官山」がオープンした。

 このお店の経営はUrth Caffe JAPAN。1989年にオーガニック・コーヒー企業として設立したアースカフェ。1994年にロサンゼルス市内に1号店をオープンし、現在4店舗を展開している。代官山に開いた店舗は米国外では初の出店となる。社長・COOの折茂広也氏は本国の店舗に行った際の印象を「日本のオーガニックとかけ離れていて、エキサイティングだった。安心・安全かつおいしい。本質を突き詰めたコンセプト、ビジネスモデルが面白いと思った」と振り返る。

 店舗面積は約50坪。席数は、ペット可のテラス席30席を含め100席。「店の中に自然をつくる」をコンセプトに、茶色や緑などを基調にするほか、大理石や天然の木材を使うなどする。店内壁面にはブランドの世界観を表現したグラフィックを掲出。

 エアルーム(原種)コーヒーをオーガニック栽培(化学物質を使わない、土壌・葉・化学残留物の検査試験をする)、フレッシュロースト(直前焙煎)した豆を使う。コーヒーは軽めで「コクのある」テイストの「Dolce(ライトロースト)」、「Urth ltalia(ミディアムロースト)」、水を使う「スイスウオータープロセス」でカフェインを抜く「Decaffe(99.9%カフェインフリー)」の3種から選ぶことができる。メニューは「Coffe of the day」(S=400円、M=450円、L=550円)やエスプレッソ(ショート=350円、ダブル=400円)などのほか、オーガニック茶葉を使うティーラテ、「ボバタピオカ」入りのドリンクなど。

 フードは、カレーソースと合わせたチキンやレーズン、オニオン、セロリなどを挟む「チキンカレーサンド」(ハーフ=1100円、フル=1600円)、ブリオッシュの上にプロシュートで巻いたルッコラ、ポーチドエッグを載せた「ポーチ・ディ・パルマ」(1500円)、直径18cm・厚さ3cmほどの「クラシックベルギーワッフル」(850円)ほか。

 折茂氏は「単なる飲食店ではなく、環境保護、コーヒー農家の保護など未来を見ているので、そこを理解いただききながら、コーヒーを飲んでいただければ」と話す。

 営業時間はam9:00~pm20:00(金・土・祝前日は~pm22:00まで)。


アースカフェ(Urth Caffe)代官山 http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13155241/
渋谷区猿楽町8-9 NTT渋谷ビル
電話03-5784-3301

東京杉並区・久我山の神田川と玉川上水にてホタル2000匹放流イベント「久我山ホタル祭」が開催

6月8日東京杉並区・久我山の神田川と玉川上水にてホタル2000匹放流イベント「久我山ホタル祭」が開催される。(9日まで)

 このイベントは今年で18回目を迎える。久我山の自然保護やホタルの自然発生を願い、駅前にある神田川と駅から徒歩で7~8分の玉川上水に商店街や学校で人工飼育したゲンジボタルを2日間に約2000匹放流し、幻想的な光の舞を楽しむものだ。

 蛍が舞う幻想的な風景は日没以降に限られるため、日中は模擬店などが並ぶイベント広場も設け、親子で楽しめるイベントとなっている。「昔から緑と水の街と言われている久我山を伝えたかった」と主催の久我山連合商店会長。
 
 「神田川と玉川上水という2つの水の流れがある街はなかなかないので、その2つの流れを楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。
 
 開催時間はpm13:00~pm21:00。入場無料。問い合わせは久我山連合商店会(TEL 03-3333-6867)まで。


久我山ホタル祭 http://www.kugayama.org/

東京品川区・新馬場の京急新馬場駅近くにインド風居酒屋「サンガ」が10年ぶりに復活オー プン

5月20日東京品川区・新馬場の京急新馬場駅近くにインド風居酒屋「サンガ」が10年ぶりに復活オープンした。

 このお店の店舗面積は7坪、席数は13席。ここは1995年から8年ほど新馬場で営業し閉店していたお店の10年ぶりの再オープン。「お客さんからの復活を望む声が後押しになった」と話すのは、店主の牧野勇氏。店主はインド人と日本人のハーフで、これまでにもいくつかのインド料理店で修業を積んできた。

 再出店後の目玉商品は「品川カレーパン」(250円)。店主が5年前、「品川神社例大祭」で販売し、行列ができるほど人気を博したという。「カリカリした食感が特徴。気軽に食べてもらえるように、店頭でも販売している」と話す。

 そのほか、「チキンカリー」や「野菜カリー」(以上700円)、「ラムチョップ」(800円)、「ポテトサラダ」(300円)、「鳥から揚げ」(500円)などを提供。

 ドリンクは、生ビール(中、500円)やレモンサワー(400円)、冷酒(700円)、各種ウイスキー(400円~)、コーヒー(400円)、ソフトドリンク(350円)など。

 「今年は、6月7日に始まる品川例大祭にも出店する」と店主・牧野氏は話す。

 営業時間はam11:00~pm15:00、pm17:00~pm23:00。日曜定休。


サンガ http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13156352/
品川区南品川1-2-22
電話03-3450-1125

東京渋谷区・恵比寿の恵比寿駅東口交差点近くに和食店「呑喰処 あいてや」がオープン

5月11日東京渋谷区・恵比寿の恵比寿駅東口交差点近くに和食店「呑喰処 あいてや」がオープンした。

 このお店の経営はO planning。ニューヨークと東京でフリーペーパー「ODORU」を発行するほか、DJ&プロダクションスクール「IDPS」などを手掛けている。社長の小郷敏正氏は、かねて「人が集まる場所をつくりたい」と飲食店の出店を考えており、「知っている街で開きたい」と自身が住む恵比寿に1号店を構えた。店名は小郷氏の親戚で、食材の提供を受ける農家・射手矢氏の名字や、英語で「私」を意味する「I(あい)」、スペイン語で「あなた」を意味する「te(て)」などから命名。

 店舗面積は約14坪。席数はカウンター席、テーブル席、座敷の半個室(最大10人)で30席ほどを用意。店内はベージュや茶色を基調とした空間に木目のテーブルや椅子を配置。BGMにジャズやボサノバを流すなど「落ち着いた雰囲気」を演出する。

 シェフには小郷氏の10年来の親友で、東京とニューヨーク合わせて30年のシェフ歴を持つ八藤後大(やとうごまさる)氏らを迎えた。料理には、射手矢氏が作る自然栽培の無農薬野菜や、銚子から直送される魚、A5ランクの山形牛などの食材を使い、日替わりメニューと定番メニューを用意。和食に「ニューヨークテイスト」を取り入れるという。

 メニューは、8~10種の季節の野菜を湯がいてから自家製ビネガーに最低1日半漬ける「季節野菜のピクルス」(580円)や、松の実で香り付けした自家製ジェノバソースを使う「生クラゲのジェノバソースあえ」(480円)、酢漬けのタマネギやネギなどを添え藻塩やポン酢をつけて食べる「特選山形牛のたたき」(1280円)など。アルコールは、無農薬米を原料に1200本限定で生産されている「MIKI 純米大吟醸」(1580円)や「発泡にごり酒 八海山」(1080円)などの日本酒、オーガニックを中心としたワインなどをラインアップする。

 オープン後はターゲットとする30~40代を中心に、20代後半~50代と幅広く来店。リピーターも多いという。

 営業時間はpm18:00~翌am1:30(金=~翌am3:00まで)。日曜定休。


呑喰処 あいてや http://i-te-ya.com/
渋谷区恵比寿1-12-5 萩原ビル3 3階
電話03-6721-9975

東京港区・六本木の六本木ヒルズにて「アペリティフの日」を記念したフレンチ最大規模の食の祭典が開催

6月6日東京港区・六本木の六本木ヒルズにて「アペリティフの日」を記念したフレンチ最大規模の食の祭典が開催される。

 このイベントの主催はフランス農水省とフランス食品振興会。ライフスタイルを大切にするフランス人が、食欲を増進させ、出席者の懇親を深める場として親しまれている「アペリティフ」は、日々の生活の中に求めるゆとりの時間の一つ、「なくてはならない習慣」として、2004年からフランスで提唱され、2005年には記念日として登録。食への関心の高い日本でも、フランス流ライフスタイルを楽しむ日として定着しつつあり、このイベントの開催は10年目を迎える。

 今年は六本木をはじめ全国13都市で開催。ワインやカクテルはプロのソムリエ、バーテンダーがサービスし、日本を代表するフランス料理店・ホテルのシェフらが特製アミューズ・ブーシュ(おつまみ)を提供。参加シェフは、「青柳」の小山裕久、「オテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三、「ホテルオークラ東京」の根岸規雄、「タテルヨシノ」の吉野建、「帝国ホテル」の田中健一郎、「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」のドミニク・コルビほか16人。

 ステージでは、歴代カクテルコンクール優勝者が集い、作品を披露するほか、シェフによる「おうちでできるアミューズ指南」などが開催される。

 開催時間は、1部(昼の部)=am11:30~pm15:00、2部(夜の部)=pm16:00~pm19:30。料金は3500円~(前売り券のみ)。チケット購入方法は公式ホームページで確認できる。


アペリティフの日インジャパン http://aperitif.jp/
港区六本木6-10六本木ヒルズ
電話03-6406-6000

東京新宿区・神楽坂の神楽坂五十番裏手に魚介のかす漬け専門店「東京粕漬 九蔵 神楽坂店」がオープン

6月4日東京新宿区・神楽坂の神楽坂五十番裏手に魚介のかす漬け専門店「東京粕漬 九蔵 神楽坂店」がオープンした。

 このお店の経営は九蔵。店内では販売のみで、店舗面積は約40㎡。同社はこれまで、本社と製造工場を構える九段下で直販とオンラインショップのみで商品を販売していた。実店舗を開くにあたり、商品のイメージが街の雰囲気と一致したことから神楽坂への出店を決めた。魚介と酒蔵から仕入れる数種類の酒かす、砂糖、塩のみを使い、1週間ほど漬け込んで熟成させたしっかりとした味わいが特徴。

 商品は、「銀だら粕漬」(1050円)、「かれい粕漬」(450円)、「さわら粕漬」「いか粕漬(げそ付き)」(以上630円)、「ほたて貝粕漬(3粒)」(840円)。贈答用の詰め合わせや包装、地方発送にも対応する。

 「とにかく食べておいしいものを作ろうというシンプルな考え。幼いころから慣れ親しんだ味、かす漬け店を営んでいた父の味を継承するために開いた」と代表の廣田知也氏は話す。

 営業時間はam10:00~pm19:00(土・日・祝日は~pm18:00まで)。


東京粕漬 九蔵 神楽坂店 http://blog.livedoor.jp/kyuzoinc/
新宿区神楽坂4-3 近江屋ビル
電話03-6457-5922

東京港区・白金の東京メトロ白金高輪駅4番出口近くにフランス菓子店「パティスリー パッション ドゥ ローズ(Patisserie Passion de Rose)」がオープン

4月12日東京港区・白金の東京メトロ白金高輪駅4番出口近くにフランス菓子店「パティスリー パッション ドゥ ローズ(Patisserie Passion de Rose)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は3坪。オーナーパティシエは、18歳で菓子作りの道に入った田中貴士氏。「伝統的なフランス菓子を学ぶために26歳のときに渡仏した。現地で一番驚いたのは、製菓材料の風味。味も香りも、日本で流通しているものとは全く違った」と田中氏。同店で使う材料の一部は、フランスから輸入しているという。

 生ケーキは、果実のジュレをパッションフルーツのクリームで包んだ「パッション」、タルトショコラの上に、バラの花に見立てたフランボワーズクリームを載せた「ローズ」(以上560円)が「おすすめ」(田中氏)。ほか、「サヴァラン オ アルマニャック」(460円)や「オペラ」(400円)、「ガトーショコラ」(500円)、「ルリジューズ キャラメル」(430円)など、約25種類。焼き菓子は、「パン デピス」(180円)、「サブレ ノワゼット ジャンドゥージャ」「ケーキ 15フリュイ」(以上250円)など、約30種類を用意する。

 「月替わりでテーマを設け、6月はロワール地方の郷土菓子を提供する」と田中氏は話す。

 営業時間はam10:00~pm19:00(売り切れ次第終了)。火曜定休。


パティスリー パッション ドゥ ローズ(Patisserie Passion de Rose)http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13154805/
港区白金1-14-11
電話03-5422-7664

東京港区・品川の品川駅高輪口にある複合施設・シナガワグース内の釣り堀「品川フィッシングガーデン」にてビアガーデン「品川ビアガーデン」がオープン

6月1日東京港区・品川の品川駅高輪口にある複合施設・シナガワグース内の釣り堀「品川フィッシングガーデン」にてビアガーデン「品川ビアガーデン」がオープンした。

 この施設の席数は200席。昨年は7月1日の営開始だったが、今年は1ヶ月早めの営業。「前回はオープン直後から大盛況で、もっと早くからビアガーデンを楽しみたいという声が多かったから」と同店店長の山口計氏。昨年の利用状況は1日約220人。

 メニューは、全品食べ放題、飲み放題の「コリアンBBQコース」(3990円)。フードは、サムギョプサル(豚バラ肉、豚肩ロース、キムチ、ナムル各種、サンチュ)や鶏もも肉、粗びきソーセージ、焼き野菜、枝豆、デザートなど。

 ドリンクは、サントリーモルツ(生)や角ハイボール、ソウルマッコリ、各種焼酎、サワー、カクテルなど、全40種類をそろえる。

 「平日はビジネスパーソン、週末は家族連れでにぎわっている。今年は1日あたり250人の利用を見込み、4ヶ月で3万人が目標」と山口氏は話す。


品川ビアガーデン
品川ビアガーデン
【業態】コリアンBBQ
【アクセス】JR品川駅 徒歩3分(地図
ぐるなびぐるなび品川×ビアホールのお店情報もチェック!
※2013年6月3日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
豪華厳選★お昼の慶事・法事プラン(飲み放題付) ◇桃山プラン5800円
自然酒庵 品川虎之介 はなれ
【1日1組限定】完全個室の別邸はなれを貸し切りプラン!!
わったりぼうず
【ズワイ蟹サービス付き】 北海道 夕涼みの宴コース/飲み放題付6,000円/宴会
北の味紀行と地酒 北海道 大崎ゲートシティ店
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

東京港区・新橋の西新橋1丁目にドイツビールをメインにヨーロッパと日本のドラフトビールを提供するビアバー「ヴルストハウス虎ノ門」がオープン

5月9日東京港区・新橋の西新橋1丁目にドイツビールをメインにヨーロッパと日本のドラフトビールを提供するビアバー「ヴルストハウス虎ノ門」がオープンした。

 このお店の店舗面積は8.5坪。収容人数はスタンディング=18人、テーブル=16席(テラス4席を含む)の最大34人。グラフィックデザイナーのオーナーが個人経営する「ユーロスターカフェ(EURO STAR CAFE)」の姉妹店。「高いイメージのあるドイツのドラフトビールやソーセージを、焼き鳥屋感覚で手軽に楽しめる店にしたい」(店長)として、キャッシュオン・システムでコストを抑える。

 ドラフトビールは7~8種類を用意。ドイツの「レーベンブロイ」(400円)と「パウラナー ヘーフェヴァイス」(650円)は、専用グラス(330ml)で常時提供。このほかのゲストビール(300ml)は、定期的に銘柄を入れ替えて提供する。「上限650円で、ドイツやイギリスのドラフトビール、日本のクラフトビールを出す」(店長)。このほか、ドイツワイン(400円~、赤白、各3種)も。

 フードのメインはグリル料理。ドイツソーセージは「ニュルンベルガー(2本)」(シングル=300円、ダブル=550円、トリプル=800円)、「レーゲンスブルガー」(同=500円、同=950円、同=1350円)、「ブラードヴルスト」(1,100円)など10種類以上を用意。4種類の盛り合わせプレート(900円~)も。このほか、仕入れ次第で「ポークステーキ」(500円~)、「ビーフステーキ」(700円~)、「エリンギバター」「季節の野菜のグリル」(以上300円)などのグリル料理や、「ジャーマンポテト」「グーラッシュ(牛肉の煮込み)」(以上400円)なども。ランチ(850円)は、ポークジンジャーやカレーなど2~3種類を提供する。

 営業時間は、平日=am11:45~pm23:45、土曜=pm12:00~pm21:30。日曜・祝日定休。


ヴルストハウス虎ノ門 http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13155862/
港区西新橋1-21-1 サンクレスト2番館
電話03-6206-1619

東京港区・西新橋の西新橋一丁目交差点近くに海鮮居酒屋「ニコデンサク(NICO DENSAKU)」がオープン

5月7日東京港区・西新橋の西新橋一丁目交差点近くに海鮮居酒屋「ニコデンサク(NICO DENSAKU)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は、店内とテラススペース合わせて65㎡。席数は、店内=カウンター6席を含む45席、テラス=20席の計65席。

 経営は、亀有で居酒屋「デンサク屋」を経営する「ビッグドリイム」。店名に使う「デンサク」は、同社社長の出身地である岩手県下閉伊郡山田町の岸壁「伝作鼻」から。新橋に出店したのは「人がたくさん集まる場所だから。同郷の常連や岩手から出てきた人たちのアクセスが、亀有より良いこともある」。

 こちらのコンセプトは「居酒屋のなんでも屋」。岩手県産ホタテ貝やムール貝、築地から仕入れたサザエ、マグロの?肉などを厨房でグリルして提供する「浜焼きセット」(1990円)をメインに、「その日仕入れた食材をどう調理して食べたいか、お客さまに決めていただきたい。同じメニューを毎日出すのは自分たちもお客さまも楽しくないから、可能な限り要望にお応えする」と、客との交流を重視。

 メニューは常時40種類前後を用意。浜焼きの「エビ焼」(350円)、「まぐろホホ肉・のど肉」(各490円)、「刺身盛」(3種=1690円、5種=2990円)、「まぐろののど肉から揚げ」(590円)、「ソーセージ盛合」(1200円)、「海鮮丼ミニ」(790円)のほか、その日仕入れた魚介類を使ったカルパッチョやマリネ、ピザなど西洋料理も提供する。

 ドリンクのメインは、岩手県の地酒(各490円)。「南部美人」「浜千鳥」「酔仙」「わしの尾」「千両男山」「浜娘」「月の輪」「あさ開(びらき)」の8銘柄から、純米、大吟醸、にごり酒など、季節に合わせた種類を提供する。このほか、「モヒート」「ジャックダニエル」「焼酎(芋・麦)」(以上490円)、「ハウスワイン」(グラス=390円、デカンタ=1400円)なども用意。

 ランチは3~4種類。「まぐろカレー」(800円)、海鮮食材を使った「日替わり丼」(800~900円)、「シーフードカレー」(不定期提供)、「海鮮丼」(限定15食、以上1000円)。「まぐろカレーは亀有店でも人気。マグロを使うところに意外性があって好評」とか。

 営業時間はam11:30~pm23:00。土・日・祝日定休(予約・貸し切りの場合は営業)。


ニコデンサク
ニコデンサク
【業態】浜焼き居酒屋
【アクセス】地下鉄銀座線虎ノ門駅 徒歩3分(地図
ぐるなびぐるなび新橋のすし・魚料理のお店情報もチェック!
※2013年6月1日現在の情報です
 
周辺のお店のお得なプラン
■特選 三間堂季節のおでん鍋コース 全9品+地酒も飲み放題付 3980円
地酒とそば・京風おでん 三間堂 三田店
★ 6月3日(月)、4日(火)だけ! 生ビール何杯でも≪ 半 額 ≫!!
男前料理 新ばし ひそか hisoka
【サプライズ】お名前入りスパークリングワイン♪2名様限定アニバーサリープラン
Foodiun Bar一瑳 新橋烏森口店
 
とくとくプランでお得なプランをチェック!

 | HOME | 

Calendar

« | 2013-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。