FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

東京渋谷区・原宿の裏原宿にパンケーキ専門店「レインボーパンケーキ(RAINBOW PANCAKE)」がオープン

10月5日東京渋谷区・原宿の裏原宿にパンケーキ専門店「レインボーパンケーキ(RAINBOW PANCAKE)」がオープンした。

 このお店はハワイが好きで、住んでいた経験もあるオーナーの岩城大氏と店長の知春夫婦が開いた。「ハワイののんびりとした温かさ、ほっこりとした空気感を伝えたい」「ハワイで出会った笑顔の源を届けたい」と、子どもから年配までが食べられる「定番」のパンケーキを商材にした。店名は「幸せの象徴」である「レインボー:虹」を命名。ハワイの虹は6色で描かれることから、店のロゴも6色でデザイン。

 落ち着いた雰囲気のあるいわゆる「裏原宿」に店を構えた。店舗面積は12.25坪で、席数は19席。採光を取り入れ明るい雰囲気に仕上げた店内。ガラス張りのウインドーには6色のカッティングシートを貼り「虹」をデザイン。店内は白を基調に、木目調の椅子、ステンレスのテーブルを配した。

 パンケーキの生地に使うミルクは低脂肪乳を使うほか、卵は岩手県の契約農家から仕入れ、野菜はジュニア野菜ソムリエの資格を持つオーナー自らが選んでいる。

 パンケーキは小麦粉と全粒粉、ライ麦をブレンドした生地で作る食事系は、ベーコン・レタス・トマトにルッコラを加えたもので、オーブンでコンフィしたトマトに特製ドレッシングとバルサミコソースをかけ、最後にトマトジュレをあしらった「B・L・R・T」、ピンクペッパーと特製ハーブクリームチーズディップを付けて食べる「サーモン&アボカド」、鶏レバーやひき肉、オリジナルスパイスで作ったチリミート、アボカドやレッドオニオン、ムラサキキャベツなどの野菜を添えた「THE MEXICAN」(いずれも日替わりサラダ、デザート、ドリンク付きのランチセット=1300円、ディナー=1100円)を用意。

 メレンゲを練り込み、最後にオーブンで焼く生地を使うデザート系は、キャラメリゼした焼きリンゴにオリジナルキャラメルソースをかけ、最後にローストしたアーモンドを散らす「焼きりんごとキャラメル」や「マカダミアナッツソース」(以上ランチセット=1050円、ディナー=900円)、「旬」のフルーツを生クリームで包む「季節のフルーツ」(同=1200円、同=1050円)をそろえる。

 営業時間はam11:00~pm21:00(ランチ=~pm16:00まで)。


レインボーパンケーキ (RAINBOW PANCAKE)http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13131895/
渋谷区神宮前4-28-4 ARES GARDEN OMOTESANDO 2F
電話03-6434-0466
スポンサーサイト

東京千代田区・神保町の靖国通り・駿河台下交差点近くにある小川町広場で1回目となる「神田カレーグランプリ 2011」が始まった

10月29日東京千代田区・神保町の靖国通り・駿河台下交差点近くにある小川町広場で1回目となる「神田カレーグランプリ 2011」が始まった。(30日まで)

 「カレーの街」としても知られる神田神保町。このグランプリは、カレーを購入した際に渡される投票券の投票によって決める。主催は神田カレー街活性化委員会。

 午前11時の開会と同時に店の前には行列ができ、天候に恵まれた会場には、食欲を刺激するスパイスの香りが漂った。訪れたカレーファンのなかには、味くらべをするように2杯3杯とおかわりをする人も。

 神田周辺には100店以上のカレー店が集積するが今大会には20店が出店。1973年創業の欧風カレー店「ボンディー(Bondy)」の齋藤圭介店長は「老舗としては負けられない。グランプリを取りに行きたい」と意気込む。大会を通じて、「神田という東京のど真ん中なのに、人も少なくてリラックスできる街があることを知ってもらいたい」と期待も込める。

 カレー専門店「メーヤウ」神保町店の福富充氏は、参加について「グランプリといってもお祭りのようなにぎわいが楽しいので、普段とは違うお客さんとのやりとりを楽しみたい」と語る。

 居酒屋からも2店がエントリー。そのうちの一店、「シャカリキ★酒場 どまん中」の栗原大弥店長は「居酒屋でありながらランチメニューのカレーの味には自信がある」と話す。「うちは居酒屋で夜遅くまで営業している。その分、専門店に負けないぐらい時間をかけて火を入れている。トマトと比内地鶏をじっくりと煮込んだカレーをぜひ味わってほしい」と話す。「とはいえ、勝負というよりも街全体が盛り上がるきかっけになってくれれば」とも。

 30日のpm17:00から、特設ステージでカレーグランプリの審査結果を発表する。


神田カレーグランプリ 2011 http://kanda-curry.com/
小川町広場 千代田区神田小川町3-6

東京豊島区・池袋東口の「g.u.」隣のビルにベトナム・フォー専門店「フォー24(PHO24) 池袋東口駅前店」がオープン

10月28日東京豊島区・池袋東口の「g.u.」隣のビルにベトナム・フォー専門店「フォー24(PHO24) 池袋東口駅前店」がオープンした。

 このお店は7月1日にオープンした市ヶ谷店に続き国内2店舗目の出店。

 「フォー24」はベトナムの庶民料理として親しまれているフォー(米粉麺)をメインに提供するレストラン。ベトナム国内に51店舗、インドネシア、香港、フィリピンなど日本を含む国外21店舗を展開している。

 店舗面積は約69平方メートル。席数は32席。店内は緑と黒を基調とし、「シンプルながらもアジアの風を感じられる開放的な空間」に仕上げたという。
 
 フォーは24種類の素材で作った「まろやかでこくがある」スープが特徴。「牛肉のPHO」(730円)、「鶏肉のPHO」「たっぷり野菜のPHO」(以上630円)の3種類を用意し、フォーとは別皿で、モヤシ、パクチー、ミント、唐辛子、ライムのトッピングを提供。

 その他、ベトナム式のサンドイッチ「エビとアボカドのバインミー」(490円)、「エビと鶏肉の生春巻き(2本)」(390円)、ココナツ香るもち米を使用した「ベトナム風 五目おこわ」(330円)、「青パパイアと蒸し鶏のサラダ」(590円)、「アラカルトプレート(前菜盛り合わせ)」(890円)、デザートにはベトナムの伝統甘味「タロイモのチェー」「フルーツたっぷりのチェー」やベトナムプリン「バイン・フラン」(以上390円)など。

 ランチタイム(am10:00~pm15:00)にはセットメニュー(730円~)も。また、テークアウト・メニューも用意する。

 営業時間はam10:00~pm23:00。


フォー24(PHO24) 池袋東口駅前店 http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/pdf/111018_pho24.pdf
都豊島区南池袋1-26-6 The SH one 地下1階
電話03-5992-2212

東京新宿区・四谷荒木町の柳新道通りにイタリア居酒屋「ヴェニーテ(Venite)」がオープン

10月5日東京新宿区・四谷荒木町の柳新道通りにイタリア居酒屋「ヴェニーテ(Venite)」がオープンした。

 このお店は、防衛省近くのイタリアンレストラン「スティモーロ(Stimolo)」の「兄弟」店。オープンから2年が経ち、新たなチャレンジとして以前から興味があったという荒木町で立ち上げた。スティモーロの料理とイタリアワインをカジュアルなカウンタースタイルで提供する。店舗面積は8坪。席数はカウンターのみ12席。

 「売り」は、カウンターにズラリと並ぶイタリア総菜と手打ちパスタ。イタリア総菜は常時10~15種類を用意し、全て500円のワンコインで提供する。パスタは、白魚としらすのアーリオオーリオやエビとズッキーニのシシリア風(以上1400円)、カニとリコッタのラヴィオリ(1600円)など。そのほか、埼玉県松村牧場の香り豚のロースト(200グラム、1500円)や牛ホホの赤ワイン煮込み(2000円)、子羊ロースのロースト(1本800円)などのメインディッシュを取りそろえる。

 「新しい出会いが生まれるきっかけとなる店、お客さま同士がコミュニケーションを取れる店になれば」と青柳尊哉店長。

 営業時間はpm17:00~翌am2:00。日曜定休。


ヴェニーテ(Venite) http://www.venite.biz/
新宿区荒木町7-1-6 ASKビル2F
電話03-5919-0212

東京千代田区・神保町の古書店街にて「第52回 東京名物神田古本まつり」が開催

10月27日東京千代田区・神保町の古書店街にて「第52回 東京名物神田古本まつり」が開催される。(11月3日まで)

 このお祭りは、昭和35年に初めて開催された『東京名物・神田古本まつり』だ。神保町のもっとも大きな行事として、年々規模を拡大しながらの祭りに発展。

 もともと、読書週間(10月27日~11月9日)にあわせ、行なわれている。目的は、書物に関する様々なイベントを通じて、多くの読書人が参加。本の大切さを世の中に広めること。現在では、東京の風物詩の一つに数えられるようになり、全国からも多くの方々が、神田神保町のイベントに参加されている。

 内容は、
●一年一度100万冊の大バーゲン「青空掘り出し市」:神保町表通りの歩道に、書店と書棚に囲まれた、約500mにおよぶ「本の回廊」が出現。
●稀書・珍本・良書がいっぱいならぶ「特選古書即売展」:東京古書会館地下ホール(千代田区神田小川町3-22電話03-3293-0161)。
●誰でも参加できる、書籍のオークション「じんぼうチャリティーオークション」:さくら通りイベント会場(10月29日(土)pm14:30開始予定(雨天の場合は翌日))
など、盛りだくさんだ。

第52回 東京名物神田古本まつり http://jimbou.info/news/furuhon_fes_index.html
神田神保町古書店街(靖国通り沿い・神田神保町交差点近く)
電話03-3293-0161(神田古書店連盟)

東京新宿区・神楽坂の早稲田通りから1本入った裏手に居酒屋「神楽坂 坊主」がオープン

10月18日東京新宿区・神楽坂の早稲田通りから1本入った裏手に居酒屋「神楽坂 坊主」がオープンした。

 このお店の店舗面積は45坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた60席で、6人用・8人用の個室もある。店主の山田昌平氏は2003年に世田谷・千歳烏山に居酒屋を開業し、現在3店舗まで店舗を拡大。このお店は4店舗目となる。

 この店の「売り」は、「酒屋価格」に近い低価格で提供するボトル売りの焼酎と鹿児島霧島豚を使った2種類のしゃぶ鍋。焼酎は、「黒霧島」(900ミリリットル、1180円)、「鉄幹」(1390円)、「富之宝山」(2860円)、「鳥飼」(2190円)、「久米仙 グリーン」(1320円)、「鍛高譚」(以上720ml、1080円)など60種類以上を取りそろえ、氷・水・茶・シークヮーサージュース・パインジュースを全て210円で提供する(ボトルでの注文の際、飲み代として別途315円必要)。

 しゃぶ鍋(1人前=1800円、注文は2人前から)は、しょうゆベースのだしを使い地鶏卵の黄身につけて食べるものと昆布入りの白湯を使いそばつゆにつけて食べる2種類。鍋の締めには自家製そばを用意する。

 みそやミンチ肉、デザートまでなるべく「自家製」にこだわっているという料理は、小田原直送の鮮魚の刺し身や焼き魚、自家製さつま揚げ(580円)、自家製ソーセージ(780円)、自家製ロースハム(880円)、その場で作るポテトサラダ(480円)など。

 営業時間はpm17:30~pm23:30(L.O.)。ランチ営業(am11:30~pm14:30(L.O.)も開始する。


神楽坂 坊主 http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13132421/
新宿区神楽坂3-6 神楽坂館2F
電話03-6265-0295

東京・六本木の六本木交差点近くにショウガ料理をメインにした居酒屋「しょうがの香り。」がオープン

10月5日東京・六本木の六本木交差点近くにショウガ料理をメインにした居酒屋「しょうがの香り。」がオープンした。

 このお店の店舗面積は約60坪、席数は89席。もつ焼きともつ鍋店「豚火地」として2年間営業していた店が、ショウガの効能に着目し、京野菜や鮮魚と組み合わせたメニューをそろえる専門店として一新した。

 「ニンニクの専門店などはあったが、ショウガの専門店は都内になかった。ふだん脇役のショウガを主役に

したらおもしろいと思った」とリニューアルの経緯について話す店長の浜村真人氏。

 メニューは、8時間じっくり煮込んだ鶏ガラスープにショウガのすり下ろしをたっぷり入れ、水菜、シイタケ、ネギ、大エビ、エノキ、豚バラ肉、鶏つくねなどが入る「しょうがの香り。鍋」(1200円)と、ショウガとだし汁を合わせたスープで豚肉とレタスをしゃぶしゃぶにして食べる「しょうが鍋」(1500円)。これに前店で人気だったという「もつ鍋」を加えた3本と、「鶏の空揚げ ショウガネギソース」(730円)、「カキの冷製ショウガ漬け」(650円)、「青魚とナスの青唐辛子炒め」(800円)、「ブラックジンジャーカレー」(850円)など、ショウガ料理を多彩にそろえる。

 それぞれの料理には、ショウガの度合いを示す4段階の印をつけた。「ショウガはヘルシーで体を温める効果があるので喜ばれている。メニューの大半にショウガを使っているが、薬味として使い味を感じない場合は表記していない」と店長。

 営業時間は、平日=pm18:00~翌am4:00、土・祝前日=pm17:00~翌am4:00。日・祝日=pm17:00~pm23:30。


しょうがの香り。
[六本木 居酒屋 個室]
しょうがの香り。
地下鉄日比谷線六本木駅 3番出口 徒歩1分
〒106-0032 東京都港区六本木5-2-1 ほうらいやビル2F(地図
ぐるなびで しょうがの香り。 の詳細情報を見る
※2011年10月25日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

東京渋谷区・渋谷の文教堂書店渋谷店2階にレンタルDVD・CD「ゲオ 渋谷店」がオープン

10月14日東京渋谷区・渋谷の文教堂書店渋谷店2階にレンタルDVD・CD「ゲオ 渋谷店」がオープンした。

 このお店は直営922店舗目のゲオショップとなる。かねてより渋谷駅周辺への出店は考えていたが、物件取得のスピードを重視した展開を行っていることから、都心部の物件取得が難しいエリアへの出店は遅れていた。

 店舗面積は、ゲオショップとして23区内では最大となる200坪。レンタルDVD・CD、ゲーム販売エリアに分かれ、各所で洋・邦・アニメなどジャンル別に陳列。

 レンタルDVD・CDは合わせて10万枚、ゲームソフトは5000本以上を取りそろえる。小規模店舗では話題作や新作を中心にそろえるが、こちらでは幅広い年齢層、ニーズに応えるため旧作も「幅広く」そろえるなど「タイトル数を豊富にそろえた」という。居住者のみならず、来街者の利用も考慮し、泊数設定も既存店とは一部変更した。

 レンタルDVD・ブルーレイは、新作1泊2日=200円、2泊3日=300円、3泊4日=480円ほか。準新作は7泊8日=200円、旧作は7泊8日=100円。レンタルCDは、アルバム新作当日=300円、1泊2日=340円ほか、シングル当日=100円、1泊2日=140円ほか。同店では中古携帯電話・スマートフォンの買い取り、販売も行っている。

 営業時間はam10:00~翌am2:00。


ゲオ 渋谷店 http://geo-online.co.jp/store/detail?id=03251
渋谷区渋谷1-24-10 渋谷東急イン2F
電話03-6418-6951

東京・六本木の六本木ヒルズなどで「第24回東京国際映画祭(TIFF)」が開催

10月22日東京・六本木の六本木ヒルズなどで「第24回東京国際映画祭(TIFF)」が開催される。(10月30日まで)

 今年で24回目を迎えるこの映画祭は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認。期間中、さくらグランプリを競う「コンペティション」、日本未公開のエンターテインメント作品が集う「特別招待作品」、アジアで製作された作品を紹介する「アジアの風」、この映画祭のテーマの一つであるエコロジーをテーマにした作品を紹介する「natural TIFF」などの主要6部門と関連上映を含め約200作品が上映される。

 グリーンカーペットには、オープニング作品となる「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ローガン・ラーマン、ガブリエラ・ワイルドらをはじめ、今作が出演100本目となる「1911」のジャッキー・チェン、江角マキコ、中川翔子、「アントキノイノチ」に出演する岡田将生、榮倉奈々、「キツツキと雨」に出演する役所広司、小栗旬など、多くの出演者や監督が出席した。

 依田巽チェアマンは「今年は東日本大震災発生を受けての開催ということで、中止も考えたが、震災に遭われた方に少しでも映画の力で勇気を与えられたらと開催を決めた」と話す。同時に震災への取り組みとして「TIFF ARIGATOプロジェクト」の展開を発表。被災地での映画上映を行っている「シネマエール東北」など4団体への寄付を目的とした「TIFF ARIGATO募金」、10月25日に仙台で被災者などを招待して開催される「東京国際映画祭 in 仙台」、被災地発の映像作品「ギリギリの女たち」、「がんぱっぺ フラガール!~フクシマに生きる。彼女たちの今~」「今、つたえたいこと」を上映する。また、「特別上映-『震災を越えて』」も開催。

 詳しいプログラムは公式サイトで確認できる。

 料金は一般1000円~。


第24回東京国際映画祭(TIFF) http://2011.tiff-jp.net/ja/

東京渋谷区・代々木公園で複合フェスティバル「アースガーデン“秋” 第7回代々木クラフトフェア」が開催

10月22日東京渋谷区・代々木公園で複合フェスティバル「アースガーデン“秋” 第7回代々木クラフトフェア」が開催される。(23日まで)

 このフェスティバルは、イベント企画・制作を手掛ける「アースガーデン」が2001年から始めたもの。季節ごとに年4回開催している。飲食、雑貨などのブース、ライブステージなどを展開。

 場内では、クラフト作品を販売するエリアやオーガニックコーヒー、天然酵母パン、オーガニックカレー、炭火焼きなどのブースが出店する飲食エリア、有機野菜やオーガニック食品、生活雑貨など全国の生産・製造者が生産物を展示販売する直売市、小物や楽器、エスニックファッションなど現地の生産者と一緒に取り組む輸入雑貨店が集まる「アジアンマーケット」、地球、自然、暮らしをテーマにした洋服や雑貨などが揃う「オーガニックライフ・マーケット」、ワークショップとコットン、竹、粘土、ココナツ、せっけん、ハーブなどエコ雑貨の販売を行う「エコ雑貨倶楽部」などを展開。

 メインステージには、ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギター後藤正文やパンクロックバンドSTANCE PUNKS、レゲエ・ミュージシャンのランキンタクシー、パンクバンドthe JUMPS、レベルミュージックバンドTEX & Sun Flower Seedなどが出演する。

 ほかにも、アウトドアギア限定フリーマーケット「GEARLOOP MARKET」、フェルトマスコットやマクラメブレスレット、自然素材を使った楽器、織り機使った「さをり織り」体験、木の実を使ったリースやアクセサリーなどのワークショップも行う。

 開催時間はam10:00~pm17:00。入場無料。雨天決行。


アースガーデン“秋” 第7回代々木クラフトフェア http://www.earth-garden.jp/festival/15077/
代々木公園イベント広場、ケヤキ並木及びその周辺
渋谷区神南二丁目 付近

東京・渋谷+原宿で「渋谷ファッションフェスティバル」が開催

10月21日東京・渋谷+原宿で「渋谷ファッションフェスティバル」が開催される。

 このイベントはファッションイベント「東京発 日本ファッション・ウィーク」のメイン企画。都内各所でファッションショーや展示会を開催する「東京コレクションウィーク」期間中に合わせ開催する。ファッションを主軸に、「街全体をつなげた」イベントを開催することで渋谷区へ来街者を呼び込む。当日、渋谷・原宿エリアの140以上の店が参加し、ナイトアウト(営業時間の延長)やノベルティーの進呈、時間限定割引、店内パーティーなどを行う。当日は「ハチ公像」も洋服を着用するらしい。

 参加するのは、東急百貨店本店・東横店、西武渋谷店、マルイシティ、マルイジャム、渋谷パルコ、ルミネマン渋谷店、ラフォーレ原宿といった商業施設やアッシュ・ペー・フランス、ユナイテッドアローズ、ビームス、ベイクルーズ、ワールドなど大手が展開する各店。セレクトショップ「SHIPS」、「ROSE BUD」、「WOMB原宿店」、ファッションブティック「CANDY」、コンセプトショップ「And A」、帽子専門店「CA4LA」、シンガー・ソングライター・加藤ミリヤさんがデザイナーを務めるファッションブランド「Mirror by Kawi Jamele神南本店」、トラッドブランド「Phantasien」、アンティークショップ「Leah-K」、ファストファッションブランド「FOREVER21」なども。

 渋谷・原宿の街中にはモデルでアーティストのきゃりーぱみゅぱみゅが出没し、参加ショップの様子やイベントを動画サイト「TOKYO FASHION FILM」で生中継。「食」にこだわるクリエーターとコラボレーションし、日本の食材を使ったロールケーキを作る移動式ショップ「○○ROLL(まるまるろーる)」も登場し、移動しながら、料理研究家・園山真希絵プロデュースによる「小豆ロール」「旬のいちじくロール」「かぼちゃのハロウィーンロール」などを販売する。

 渋谷・スペイン坂上のミニシアター「シネマライズ」(渋谷区宇田川町13-17、電話03-3464-0051)では、ファッションブランド「Sise」の2012年春夏コレクションを、気鋭写真家・宮原夢画が監督したショートフィルムで上映。イベントホール「ベルサール渋谷ファースト」(渋谷区東1-2-20)では「ファッション・フォト」に焦点を当てたニューヨーク発の企画展「JAPAN FASHION PHOTO」を展開。「the ZERO ISSUE」をテーマに東京のファッション、アート関係者らがセレクトした日本のファッション・フォト約60点を展示する。

 開催は~pm23:00まで(参加店舗により異なる)。


渋谷ファッションフェスティバル http://www.shibuyafashionfestival.com/

東京・四ツ谷の三栄通りにワイン&和酒バール「オクターヴ(Octave)」がオープン

10月17日東京・四ツ谷の三栄通りにワイン&和酒バール「オクターヴ(Octave)」がオープンした。

 このお店の経営は、四ツ谷・しんみち通りで居酒屋「魚撃」を手掛けるソフィアジャパンだ。

 店舗面積は24坪。和風居酒屋跡に居抜きで出店する店内は、椅子の赤色をポイントにしたシックな雰囲気。席数はカウンター席と半個室風のテーブル席、掘りごたつ席を合わせ、60席。男性客が多いという「魚撃」とは対照的に、女性をメインターゲットに据え、リーズナブルなワインと料理を提供していく。

 メニューは、自家製ピクルス、自家製生ハム(以上380円)、牛スジ煮込みバケット添え、エビ塩フリット(以上420円)などの380円・420円均一のタパス類のほか、バーニャカウダ(680円)、アクアパッツァ(時価)、ひな鶏の空揚げ(ハーフ=980円、フル=1580円)、大山鶏のイタリア岩塩焼き(880円)など。

 「女子会などでゆっくりと楽しんでもらえれば」とスタッフの窪田佳彦氏。「今後は白を基調としたカフェ風の内装に変えていきたい」とも。忘年会シーズンに向け、コースメニューも用意していくという。

 営業時間はam11:30~pm14:00、pm17:00~pm23:30。


Wine 和酒バール Octave
[ワイン&和酒バル]
Wine 和酒バール Octave
JR中央線四ッ谷駅 徒歩5分
〒160-0008 東京都新宿区三栄町7 JHCビルB1(地図
ぐるなびで Wine 和酒バール Octave の詳細情報を見る
※2011年10月20日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

東京港区・新橋の桜田公園前・TSUTAYAが入るビルの4階に韓流居酒屋「グンチャン新橋烏森口駅前店」がオープン

9月1日東京港区・新橋の桜田公園前・TSUTAYAが入るビルの4階に韓流居酒屋「グンチャン新橋烏森口駅前店」がオープンし

 このお店の経営は居酒屋「白木屋」など約 1900店を全国展開するモンデローザ。グンチャンは新橋が1号店となる新業態で、9/2 以降、関東・関西に 13 店舗を順次出店中。10/1 には関東圏に4店舗をオープンした。

 店舗面積は約35坪、席数は テーブル16卓84席。店内は韓国の賑やかな屋台をイメージし、日本人向けに辛さを抑えめにしたオリジナル韓国料理を提供する。

 メニューは、「石焼サムギョプサル」(1029 円/1人前、注文は2人前から)、「プデチゲ」(924円/1人前)、「チーズトッポギ」(714円)、「ニラチヂミ」(714円)など。宴会メニューは「○得コース」(6品2000円)、「グンチャンコース」(7品2500円)など。

 「女性を意識したヘルシーメニューやマッコリなどそろえ、リーズナブルな価格で提供している。新橋店の利用者層は、サラリーマンの方の利用が半数以上だが、女性のみのグループも多い」と広報担当者。

 営業時間は、pm16:00~翌am3:00。金・土・祝前日は~翌am5:00まで。


韓流居酒屋 グンチャン 新橋店
[ホルモン居酒屋]
韓流居酒屋 グンチャン 新橋店
JR新橋駅 烏森口 徒歩3分
〒105-0004 東京都港区新橋4-11-1 TK新橋ビル4F(地図
ぐるなびで 韓流居酒屋 グンチャン 新橋店 の詳細情報を見る
※2011年10月19日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

東京・六本木の農業実験レストラン「六本木農園」にて「第一回六本木ローカル映画祭」が開催

10月18日東京・六本木の農業実験レストラン「六本木農園」にて「第一回六本木ローカル映画祭」が開催される。(11月3日まで)

 このレストランは農家のこせがれが中心となって生産者と消費者をつなげ、地域と都市を結んできた。敷地内に畑を作ったり農家を招いてのトークライブを開いたりするなど、実験的な取り組みも多い。この映画祭は初の試み。

 「映画業界も地域が大手に向けてロケ誘致のアピールをする時代から、地域活性化を目的とした自主映画を制作する時代に移行している」と話すのは広報担当の島中洋輔氏。「地域フィルムは全国上映する機会がめったになく、メディアなどに露出することも少ないが、メジャー作品に負けず劣らず優秀作品が多く、地域の魅力を伝える訴求力がある」という。

 上映される作品は、「いい爺ライダー」(北海道)、「千年火」(福岡県)、「ほんがら」(滋賀県)、「寒川」(宮崎県)、「アンダンテ~稲の旋律」(千葉県)、「いずれの森か青き海」(三重県)の6本。1日2本の上映と、各作品の監督やプロデューサー、脚本家を招きトークライブも予定。上映スケジュールなどはWebサイトで確認できる。

 開催時間はpm18:00~pm23:30。入場料金は1日2500円(1ドリンク、1フード付き)。荒天時は中止。


第一回六本木ローカル映画祭 http://www.roppongi-nouen.jp/event/
港区六本木6-6-15 六本木農園
電話03-3405-0684(六本木ローカル映画祭企画運営委員会)

東京・自由が丘の北口・ヒロ通り沿いに自家焙煎コーヒー専門店「まめや 自由が丘店」がオープン

9月15日東京・自由が丘の北口・ヒロ通り沿いに自家焙煎コーヒー専門店「まめや 自由が丘店」がオープンした。

 このお店は、1985年創業、横浜市伊勢佐木町にある「まめや」初の直営店となる。本店同じく、「いりたて、ひきたて、入れたて」をコンセプトに、作り置きをせず客の注文を受けてから生豆を焙煎して提供する。

 場所は、旧「EIN SHOP JIYUGAOKA」跡。店舗面積は約15坪で、席数はカウンター8席、テーブル席10席。古材風の木目を基調とした店内は、船内を思わせる丸窓や照明、アンティーク調の時計を置くなど、本店のある「横浜」と「船」のイメージに仕上げた。

 通りからも見える焙煎室には、独自に開発した無煙燃焼方式による直火小型焙煎機を設置。「一般的には熱風焙煎で短時間で仕上げる場合が多いが、当店ではコーヒー豆に煙が付着しないよう中からふっくらと焼き上げるので、すっきりとした味わいに仕上がるのが特徴」と桐ヶ谷史彦店長。焙煎時間は200グラムで約7~8分かかる。

 コーヒー豆は、アフリカや南米産を中心に常時約20種類を用意。オリジナルブレンドコーヒーは、「まめやブレンド」(生豆200グラム=800円)、自由が丘をイメージしたマンデリンコーヒーベースの「自由が丘 ひろすとりーと」(930円)など5種類。季節限定品などもそろえるシングルコーヒーは、「メキシコ エスパーニャ」(1100円)、「トラジャカロシ」(1330円)、「ジャマイカ ブルーマウンテン No.1」(3580円)など。いり方は浅いり~極深いりまで選べ、用途に応じたひき方も注文できる。

 メニューは、「まめやブレンド」(430円)、「コロンビアスプレモ」(550円)、「カフェオレ」(550円)のほか、バニラアイスをトッピングする「コーヒーゼリー」(3種、各500円)、「ベイクドチーズケーキ」(550円)などスイーツも揃える。

 営業時間はam11:00~pm20:00。水曜定休。


まめや 自由が丘店
目黒区自由が丘2-14-15
電話03-3725-5117

東京渋谷区・代々木の代々木公園イベント広場にて「東京ベジフードフェスタ2011」が開催

10月15日東京渋谷区・代々木の代々木公園イベント広場にて「東京ベジフードフェスタ2011」が開催されている。

 このイベントは、今年で9回目を迎える。肉や魚、卵、乳製品など動物性食品をまったく使わない、植物性食品の食事を提供する店や有機・無農薬栽培野菜・果物の販売、オーガニック素材の雑貨などを扱う店や団体が出展。昨年は過去最高となる約3万人が来場した。

 会場には約100店舗が出展。カレーや大豆ミート入りの「ナン・バーガー」などを提供する自然派インド料理「ナタラジ」、無肥料・無農薬の「りんご野菜サラダ」や「フルーツポンチ酵素ドリンク」「ロースイーツ」などを提供するリビングフードカフェ「アロマハート」、イベント限定のガレットクレープや、古代米おはぎ、五目玄米稲荷(いなり)などを提供する「亀戸升本 和正食」、季節の野菜や果物、雑穀を使った天然酵母のパンや焼き菓子、自家栽培の野菜を使った雑穀料理などを提供する「パン工房ふらんす」などなど。

 そのほか、長野県・大池高原でオーガニック野菜を栽培する「畑の食堂・極楽屋 大鹿農場」やベジ食材とベジドッグ・キャットフードを扱う「ベジ食材・ベジペットフードの妖精の森」、オーガニックコットンを使用したニット、パジャマ、タオルなどをそろえる「オーガニックコットン・ノブ」、ヘナアートを施す「ヘナアートchapati_tokyo」などの販売ブースも。トークイベントやベジフード・健康・環境などに関する展示、子ども向けのワークショップも展開する。

 開催時間はam10:00~pm17:00。入場無料。雨天決行。


東京ベジフードフェスタ2011~未来につながる食シフト~ http://tokyo-vegefest.com/
代々木公園イベント広場、ケヤキ並木及びその周辺
渋谷区神南二丁目 付近
電話03-5318-5078(事務局)

東京・表参道の表参道ヒルズにて岡本太郎生誕100年映像祭「Roll Over TARO!」が開催

10月15日東京・表参道の表参道ヒルズにて岡本太郎生誕100年映像祭「Roll Over TARO!」が開催される。

 このイベントは岡本太郎生誕100年の記念事業の一環として開催。コンセプトは「今の時代に岡本太郎と向き合うことの意味を考えよう」。当日は、吹き抜けの大階段からスペース オーへ向かって、作品やオブジェによる空間演出が施されることになる。

 また、このイベントのために製作したドキュメンタリー映像「岡本太郎」では、戦後間もないころのニュース映像やプライベートな8ミリフィルムなど、貴重な蔵出し映像を含む映像記録を通し、岡本太郎の生きざまと向き合う。

 ステージでは、コピーライター・糸井重里や漫画家・タナカカツキ、岡本太郎記念館館長・平野暁臣、ワタリウム美術館キュレーター・和多利浩一など4組8人を迎えて、「岡本太郎とは何か」を考えるトークセッションを行う。

 ほかにも場内では、アーティスト集団「Chim↑Pom(チンポム)」が渋谷駅の「明日の神話」に風刺画を追加した際の映像をはじめ、タナカカツキ、書家・柿沼康二、現代芸術作家・ヤノベケンジ、若木くるみら、5組の若手アーティストが、岡本太郎やその作品と「対峙(たいじ)し創作活動を行う様子」を収めたオリジナル映像を常時上映する。

 開催時間はam11:00~pm20:00。入場無料。上映時間などはWebサイトで確認できる。


Roll Over TARO! http://taro100.jp/
表参道ヒルズ
渋谷区神宮前4-12-10

東京・五反田のJR五反田駅東口近くに博多もつ鍋、牛タン、京しゃぶしゃぶの「田なか屋本店 五反田」がオープン

10月4日東京・五反田のJR五反田駅東口近くに博多もつ鍋、牛タン、京しゃぶしゃぶの「田なか屋本店 五反田」がオープンした。

 このお店は昨年11月、京都の祇園花見小路におばんざいや湯豆腐、京みそもつ鍋を提供する1号店を。その後、牛タンと気仙沼ホルモンなど宮城の郷土料理をメインに据えた2号店を仙台に出店、五反田店は6店目になる。

 経営を行うオフィスタナカの田中修平氏は長崎県出身。中学生の頃から経営者に憧れ、バーテンダーを経て22歳の時に上京。その後、8年間飲食店の経営会社でノウハウを学び独立したという。

 五反田店は、博多もつ鍋、牛タン、京しゃぶしゃぶをメインに提供。店舗面積は117坪で、席数は180席。最大62人まで入れる個室も備え、宴会需要にも対応する。

 メニューは「博多もつ鍋秘伝の塩」(1260円)、「仙台牛タン炭火焼き」(1人前1180円)、「特製牛タンつくね」(1本280円)、「京都つゆしゃぶ食べ放題」(1980円)、「やわらかゆでタン」(680円)など。

 営業時間はpm17:00~pm24:00(金=~翌am5:00まで)。


個室 博多もつ鍋 牛たん 京つゆしゃぶ田なか屋本店 五反田
[個室博多もつ鍋 牛たん]
個室 博多もつ鍋 牛たん 京つゆしゃぶ田なか屋本店 五反田
JR五反田駅 東口 徒歩1分
〒141-0022 東京都品川区東五反田1-13-3 デュロス五反田B1(地図
ぐるなびで 個室 博多もつ鍋 牛たん 京つゆしゃぶ田なか屋本店 五反田 の詳細情報を見る
※2011年10月14日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

東京新宿区・神楽坂の早稲田通りから1本入った路地にフルーツをコンセプトにしたイタリアン「エノテカ フルーテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ(ENOTECA FRUTTERIA STAGIONE FRUTTIFICARE)」がオープン

10月8日東京新宿区・神楽坂の早稲田通りから1本入った路地にフルーツをコンセプトにしたイタリアン「エノテカ フルーテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ(ENOTECA FRUTTERIA STAGIONE FRUTTIFICARE)」がオープンした。

 このお店はやはり神楽坂・かくれんぼ横丁にある「エノテカ ピッツェリア 神楽坂 スタジオーネ(ENOTECA PIZZERIA KAGURAZAKA STAGIONE)」のフルーツをコンセプトにしたイタリアンレストランだ。一軒家を改装した温かみのある店内で、クラシックなイタリア料理にさまざまな季節のフルーツを合わせた料理を提供。席数は1階と2階を合わせ34席。2階には6人用の個室もある。

 メニューは、本日のフレッシュフルーツを使った前菜やパスタ(以上1600円~)、「旬のフルーツと野菜のピクルス」(900円)、「フランス産鴨のフォアグラ ヴァニラ風味のテリーヌ 柿のコンフィ添え」「ズワイガニ・タッジャスカオリーブ・グレープフルーツのキタッラ」(以上2200円)、「仔羊ロースのロースト バジリコソース イチジクのグラタン くん製風味」(2800円)など。本日の前菜やパスタ、メイン料理、ドルチェなどを組み合わせた「おまかせコース」(5500円)もある。

 営業時間は、平日=am11:30分~pm15:00、pm17:30~pm23:30、土・日・祝日=am11:30~pm16:00、pm17:00~pm23:30。


エノテカ ピッツェリア 神楽坂 スタジオーネ(ENOTECA FRUTTERIA STAGIONE FRUTTIFICARE)http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13131726/
新宿区神楽坂6-8-18
電話03-6280-8002

東京新宿区・神楽坂の毘沙門天善国寺裏手に手打ちそば店「東白庵かりべ」がオープン

9月16日東京新宿区・神楽坂の毘沙門天善国寺裏手に手打ちそば店「東白庵かりべ」がオープンした。

 このお店の店主の苅部政一氏は、16年前に千葉・柏のそば店「竹やぶ」に弟子入り。7月末に閉店した「竹やぶ 六本木ヒルズ店」には8年間店主を務め、ミシュランガイドで星も獲得した。店内に配置したテーブルや椅子、調理器具などは六本木店で使用していたものを譲り受け、スタッフも六本木店のメンバーで営業する。店舗面積は25坪。席数は22席。

 「竹やぶ」との出会いは16年前、苅部の父が偶然見ていたテレビ番組で紹介されていた「竹やぶ 柏本店」に食べに行って来るように言われたことがきっかけ。当時18歳だった苅部は、店構えや雰囲気に圧倒されながらも入店し、せいろと天ぷらを注文。そのおいしさに感動し、店を出てすぐに公衆電話から「働かせてほしい」と電話を入れ弟子入りしたという。

 神楽坂を出店先に決めたことにも、多くの偶然が重なっている。その日六本木店を訪れた女性客は、本店を訪れようとしていたが定休日だったため初めて六本木店を訪れた。苅部さんがあいさつへ向かい、7月末で閉店すること、新たな出店先を探していることを告げると、女性客は神楽坂で料亭を営んでおり間もなく店を畳む予定だという。その場所が今回の出店場所となった。

 今回の独立にあたり、本店にお礼参りに行きたかったという苅部。オープン数日前の忙しいスケジュールの合間を縫って本店に出向き、入社1年目同様に掃除をし、客として16年前と同じメニューを注文して食べると涙が出たという。

 「温故知新ではないが、『竹やぶ』で教わったことを大切にしながら新しいことにも挑戦していきたい。料理を食べて喜んでもらうことが好きという自分の原点を忘れずに、神楽坂のお客さまにゆっくりとそばを楽しんでもらえれば」と話す。

 メニューは、自家製粉手打ちのせいろそば、田舎せいろ、かけ(以上1000円)、そばがき、とろろそば(以上1200円)、にしんそば(1700円)、天せいろ、天ぷらそば(以上2300円)など。卵焼き(2人前より)、焼きみそ、豆腐(以上600円)、にしん、皮くじら(以上900円)、板わさ(1300円)などの一品料理、予約制の「お昼のコース」(3000円、5000円)、「夜のコース」(8000円)もある。

 営業時間は、平日=am11:30~pm15:00・pm18:00~pm22:00、日・祝日=am11:30~pm21:00。水曜定休。


東白庵かりべ http://touhakuan.jp/
新宿区若宮町11-7
電話03-6317-0951

東京・新宿の新宿3丁目交差点に魚介・海鮮居酒屋「うを匠 せん 新宿三丁目店」がオープン

10月11日東京・新宿の新宿3丁目交差点に魚介・海鮮居酒屋「うを匠 せん 新宿三丁目店」がオープンした。

 このお店は「割烹料理を居酒屋の値段で」をモットーにチェーン展開しているチェーン店。四季を通じて豊富な魚貝の宝庫である日本海より鮮度抜群のとれたてを毎日直送。まるで漁師の家で魚を食す感覚で、気の置けない仲間や大切な人とお酒を酌み交わすお店だ。

 メニューは、鯛めし(2合)(一合800円)、玄海ちゃんこ(4人前)(一人前2480円~)、びっくり造り10種盛り(2・3人前)2480円、海鮮炙り焼盛合せ(2人前) (一人前1680円~)、但馬鶏と九条葱の塩ちゃんこ(2人前)(一人前1280円~)、五味五彩変わり豆腐(880円)、生麩と豆腐の七味七彩田楽(980円)、鱻の漁師サラダ(980円)、黒毛和牛黒胡椒焼(1680円)などなど。また、コースメニューも充実している(3000円~)。 

営業時間は、ランチ=am11:30~pm15:00、通常=pm17:00~pm23:30、夜10時以降も入店可。

うを匠 せん 新宿三丁目店 http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13131826/
新宿区新宿3丁目4-8 京王フレンテ新宿3丁目3F
電話03-5919-1396

東京・新宿の南口地下街・京王モールにイタリアンカフェ&バール「カヴェノアーナ PRODUCED by元祖・壁の穴」をリニューアルオープン

9月27日東京・新宿の南口地下街・京王モールにイタリアンカフェ&バール「カヴェノアーナ PRODUCED by元祖・壁の穴」をリニューアルオープンした。

 このお店を運営するのは「三光マーケティングフーズ」。ピッツァと生パスタをメインにしたイタリアンを提供する。高温の窯で短時間に焼き上げるナポリピッツァは、天然酵母と国産の小麦粉数種をブレンドし、小麦の香りと甘みを感じる生地を追求したという。

 同店は時間帯により提供するメニューが変わる。モーニングタイム(am7:00~am11:00)には、5種から選べるドリンクとセットになった「本格ナポリ風フォカッチャSET」「パンチェッタと枝豆の窯焼きピザバケットSET」(いずれも399円)を。ランチタイム(am11:00~pm14:00)には、4種のパスタから選べる「パスタランチ」(パスタ+サラダ+ドリンク、840円)と、2種のピッツァから選べる「ピッツァランチ」(ピッツァ+サラダ+ドリンク、840円)を提供。

 カフェタイム(pm14:00~pm17:00)には、5種のドルチェから選べる「ドルチェセット」(ドリンク付き、525円)を。バータイム(pm17:00~pm23:00)には、「プレミアムマルゲリータ」(819円)、「ペスカトーレ(海の幸)ピッツァ」(609円)など10種のピッツァを用意。生パスタを使用するスパゲティは、「フレッシュトマトとぷりぷりエビのトマトソーススパゲティ」(714円)、「生ハムとモッツァレラのトマトソーススパゲティ」「きのことパンチェッタのペペロンチーノ」(以上609円)など7種をそろえる。

 「『元祖・壁の穴チボリ』が生み出した『たらこスパゲティ』などは発展させた形で提供し、チボリの理念は継承していく。価格も以前より抑え、さまざまな時間帯に多くの方にご利用いただけるよう努力した」と広報担当の大貫氏。

 営業時間はam7:00~pm23:00。


カヴェノアーナ PRODUCED by元祖・壁の穴 http://www.sankofoods.com/shop/kavenoana/
新宿区西新宿1 新宿駅南口地下 京王モール街
電話03-3343-5054

東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスにて「恵比寿文化祭2011」が開催

10月8日東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスにて「恵比寿文化祭2011」が開催される。(10日まで)

 このイベントは10月8日に開業17年を迎える恵比寿ガーデンプレイスのアニバーサリー企画として開催する。コミュニケーションメッセージである「オープン、恵比寿!」をコンセプトに、「感じる」「創造する」「遊ぶ」をテーマに、センター広場や時計広場、恵比寿ガーデンプレイスタワーなど施設全体でさまざまなイベントが展開される。

 センター広場のイベントは和太鼓チーム「千成雷」による演奏(8日pm13:00~)で開幕。東京のアーティスト1組と東日本大震災被災地の若手アーティスト10組の「未来の『作品制作権利』」を購入できる「未来オークション」、ヨガや太極拳、ピラティスなどを組み合わせ、音楽に乗せて行うエクササイズ「ボディーヒーリング」、ウクレレ奏者ジェイク・シマブクロ氏の演奏、プロのミュージシャンや地元合唱団、ハーモニカクラブなど恵比寿に「縁のある人たち」が参加する「WE LOVE 恵比寿 音楽祭」などを開催。

 トークイベントは、飲食街「恵比寿横丁」などを手掛けた飲食店プロデューサー浜倉好宣氏や経営専門誌「月刊 飲食店経営」前編集長の千葉哲幸氏によるトークショー「『食の街・恵比寿』新しい食のカタチとは?」、渋谷区立広尾中学校女子サッカー部監督で元なでしこジャパンの川上直子氏の公開インタビューなどを実施。

 時計広場では、アーティスト・ミロコマチコ氏と共に「豊漁をもたらす海神」として「えびす」と呼ばれているクジラを描くワークショップ「でっかいクジラがやってきた」、画家・遠山敦氏のライブペインティングと、できあがった絵の好きな部分の断片をタンブラーに入れて持ち帰ることができる「LOVE=3=3=3」(絵を持ち帰る場合はスターバックスでタンブラー購入する必要あり)、美術家・境貴雄氏が手掛けるアズキ作品による付けひげファッション「アズラー」の撮影会などを行う。

 ほかにも、音楽ライブやゴスペル、フラメンコショー、フラダンス、東日本大震災の復興を願い「あなたへ あなたと」と書かれたはがきに言葉やイラスト、写真などのメッセージを書いて送るメールアートプロジェクト「YOU プロジェクト」なども展開する。

 入場無料。各プログラムの開催時間などはWebサイトで確認できる。


恵比寿文化祭2011 http://gardenplace.jp/sp/ebisubunkasai.html
恵比寿ガーデンプレイス
渋谷区恵比寿4-20・目黒区三田1-4、13

東京千代田区・九段下の靖国神社にて「第12回タイ・フェスティバル2011」が開催

10月8日東京千代田区・九段下の靖国神社にて「第12回タイ・フェスティバル2011」が開催される(9日まで)

 震災の影響により代々木公園での5月の開催を中止していた「第12回タイ・フェスティバル2011」が靖国神社の参道で開催される。

 このイベントは2000年に開催した「タイ・フード・フェスティバル」を前身とする。タイ料理を代表するタイの食文化とさまざまな芸術・文化などを紹介し、理解してもらうことを目的として開催。今年で12回目を迎え、代々木公園での来場者数は2日間で約30万人を記録する人気イベントとなっていた。

 震災による自粛ムードから一度は中止を発表したものの、「日本を元気にしようという流れの中、大使館としても一助になれば」と開催を決定。今回は、レストランブースや果物、ドリンクなどを販売する物産ブース、国内で活動しているアーティストを中心としたステージなど、内容や開催時間など、規模を縮小して開催。

 大使館の担当者は「縁があって靖国神社で開催できることになったので、規模は小さいが、いつものタイ・フェスティバルの雰囲気を味わいに来ていただければ」と来場を呼び掛けている。

 開催時間はam10:00~pm18:00。


第12回タイ・フェスティバル2011 http://www.thaifestival.net/
千代田区九段北3-1-1 靖国神社参道
電話03-3261-8326

東京港区・青山のスパイラルホールにてセクシュアリティやジェンダーがテーマの「第20回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開催

10月7日東京港区・青山のスパイラルホールにてセクシュアリティやジェンダーがテーマの「第20回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開催される。(10日まで)

 この映画祭は今年で20周年を迎える。1992年、中野サンプラザの研修室を会場にセクシャル・マイノリティー解放運動の一環としてスタートしたもの。

 今回は上映作品が10作品。オープニングは、トランスセクシュアルの青年男子の恋を描いた「ロミオ」(サビーネ・ベルナルディ監督、2011年)で、クロージングでは、「ごく普通」の男子大学生が夢に出てきた見知らぬ女性と現実で出会ったことから、生活が激変していくサイコミステリー「ガブーン!」(グレッグ・アラキ監督、2010年)を上映する。

 そのほか、ゲイリゾートに招待された2人を中心に展開するコメディー「ボクらのはっちゃけウィークエンド-Eating Out シリーズ」(Q・アラン・ブロッカ監督、2011年)などの海外ボーイズプログラム、元子役女優の大学生と「女殺し」の異名を取る女性教師の恋を描く青春ラブストーリー「ブルーミントンの恋」(フェルナンダ・カルドーゾ監督、2010年)、デビュー作「水の中のつぼみ」(2007年)でベルリン国際映画祭テディ賞審査員賞を受賞したセリーヌ・シアマ監督が手掛ける子どもたちの成長物語「トムボーイ」(2011年)などの海外ガールズプログラムも多い。

 海外ドキュメンタリーでは、米カントリー歌手として初めて同性愛者であることを告白したシェリー・ライトさんを追った「シェリー・ライト-カントリーシンガーの告白」(ボビー・バーレッフィ監督、ヘヴァリー・コップ監督、2011年)、30年前のサンフランシスコでゲイたちの間に広がった「奇妙な」病気(=エイズ)がコミュニティーに与えた「衝撃」を深く掘り下げた「あの頃、僕らは-いま語られるエイズの記憶」(デヴィッド・ワイスマン監督、2011年)の2作品を上映。

 館内ではLGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー)関連書籍やDVD、レインボーカラーのアクセサリーなどのグッズや映画祭の缶バッジなどを販売。9日pm21:00からは地下1階「Cay」で、映画祭公式パーティー「Le Garde Bal」を開催。20周年特別企画「ベストクィアムービース選挙」の結果発表を行う。参加料は3500円~。

 鑑賞料は1500円。7日pm19:00~、8日~10日am11:00~、チケットは館内の映画祭受付で販売。


第20回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 http://tokyo-lgff.org/2011/
スパイラルホール
港区南青山5-6-23 スパイラル3F
電話03-3498-1171(代表)

東京・新宿の新宿住友ビルにベトナムのフォー専門店「コム・フォー(Com Pho)」がオープン

9月23日東京・新宿の新宿住友ビルにベトナムのフォー専門店「コム・フォー(Com Pho)」がオープンした。

 このお店を運営するのはシマダハウス。そば、うどん、ラーメンやパスタと並び、フォーを日本人に浸透させることを目指し、現地の味そのままではなく日本人に親しみやすいオリジナルのフォーを展開する。

 元うどん店を居抜きで使う同店の店舗面積は15坪。カウンター26席と立食スペースを用意。

 ランチメニューの「フォーランチ」(880円)は、好みのフォーと食べ放題のカレーをセットにしたもの。鶏がらスープの定番メニュー「鶏のフォー」、牛ひき肉とゴマの濃厚なペーストをトッピングした「ゴマのフォー」、レッドチリとハーブを使った「スパイシーフォー」、ユズみそにキノコと豚肉でさっぱり仕上げた「ゆず香るきのこのフォー」の4種のフォーに、「チキンのグリーンカレー」「マイルドココナツカレー」の2種のカレーから好みのものを組み合わせる。そのほか、「生春巻きセット」(フォーランチ+生春巻き、1000円)や、「エビの生春巻き」「自家製杏仁(あんにん)豆腐」(以上200円)などをそろえる。

 サラリーマンやOLをターゲットに「弁当」も販売。メニューは、「チキンのグリーンカレー」「マイルドココナツカレー」「ベトナム風鶏空揚げ弁当」「牛ひき肉のそぼろ丼温泉卵添え」(以上500円)の4種類。

 営業時間は、ランチ=am11:00~pm17:00、ディナー=pm17:00~pm22:00。


コム・フォー(Com Pho)http://www.compho.jp/s-sumitomo/s-sumitomo.html
新宿区西新宿2-6-1
電話03-3344-0564

東京・八重洲の八重洲地下街に手帳専門店「フランクリン・プランナー八重洲本店」専門店がオープン

10月5日東京・八重洲の八重洲地下街に手帳専門店「フランクリン・プランナー八重洲本店」専門店がオープンした。

 フランクリン・プランナーは、スケジュールを管理するツールとしてだけでなく、目標を設定、その達成までの道のりを1年、1カ月、1週間、1日に分解してやるべきことを明確にできる手帳。元々、米国のコンサルティング会社「フランクリン・コヴィー」でマネジメント層向けの研修に使われた教材の一つだったが、手帳の販売を望む声が高まり、一般に販売を開始したもの。全世界で1500万部を売り上げたベストセラー「7つの習慣 成功には原則があった」に示された概念を日々の生活で実践できるよう開発されているという。

 このお店は、同ブランドの約430種類の手帳関連商品のほか、手帳用バインダーと同素材の小物やロゴ入り万年筆、ボールペンなど、限定商品の取り扱いも行う。主な商品は、バインダーとリフィルがセットになった「デイリースターターキット」(9660円~)や「ビジネスベーシックバインダー」(8925円~)、「バッファローカーフメッシュバインダー」(1万500円~)、「イタリアンカーフ・バインダー」(1万2600円~)など。店内には、コンシェルジュを配置し、手帳の具体的な使い方や商品の説明を行う。

 ターゲットは20代~50代のビジネスマン。東京の中心的ビジネス街に近い八重洲地下街に出店することで、首都圏のビジネスマンや出張で東京に訪れた新規客の取り込む狙い。「認知度が上がれば、東急ハンズやロフトなどの他店舗の売り上げ増加にもつながる。八重洲本店が軌道に乗れば、大阪や名古屋にも出店していきたい」と同社アドミニストレーションデパートメント・ゼネラルマネジャーの船山博史氏。
 
 営業時間はam10:00~pm20:00。


フランクリン・プランナー八重洲本店 http://www.franklinplanner.co.jp/
中央区八重洲2-1 八重洲地下街中3号
電話03-5202-7115

東京・上野の上野マルイ裏にみそラーメン専門店「麺処花田 上野店」がオープン

9月10日東京・上野の上野マルイ裏にみそラーメン専門店「麺処花田 上野店」がオープンした。

 このお店は、2010年4月、池袋に1号店を開店し、わずか1年半で連日ラーメンファンが行列を作る店になった。「山手線ターミナル駅への出店を考えていたことから、2号店の場所を上野に定めた。今後も順次山手線沿線に店を展開していく予定」という。店舗面積は11坪で、席数は14席。

 メニューは「みそ」「辛みそ」(以上790円)、「みそつけ麺」「辛みそつけ麺」(以上890円)など。

 味へのこだわりについて「とんこつと鶏がらを使ったスープのうま味を生かした抑えめのみその風味が特徴。野菜のボリュームもあり、ガッツリと召し上がっていただける」とスタッフの松本氏。麺については、「国産小麦粉にこだわり、添加物を使用していないことから麺自体のうま味が味わえる」と話す。

 開店後の様子について、「開店から2週間余りしか経過していないものの、1日平均140人程度のお客さまに来店いただいている。客層は30~50代の男性が中心」と石井店長。
 
 営業時間はam11:30~pm21:00。火曜定休。


麺処花田 上野店 http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13130960/
台東区上野6-8-8 上野KSビル
電話03-3836-0440

東京港区・新橋の桜田公園付近に立ち飲み中心のバール「俺のイタリアン」がオープン

9月21日東京港区・新橋の桜田公園付近に立ち飲み中心のバール「俺のイタリアン」がオープンした。

 このお店は、イタリア・フランス現地や日本の三つ星レストランで修業したイタリアンのシェフ1人と、フレンチのシェフ2人が常駐する。「レベルの高い本格料理を回転ずし並みの原価率で安く提供するのが特徴」だと話す。「客単価は3000円だが内容は1万5千円」(店長の高坂進氏)。

 店舗面積は約16坪。テーブルは5卓16席のみで、大半が立ち飲みスペース。コの字型のカウンター中央には、短時間で焼き上げるピザ用の石窯を設置した。「高い原価率で安く提供するためには回転率を上げなければ成立しない」(高坂)ことから、メニューは短時間で提供できるものが中心。着席利用は2時間制を導入した。

 メニューは、焼きたてのナポリピザと高級食材のトリュフやフォアグラを使った料理。直径30センチの手作りピザは、「マルゲリータ」「フンギ(きのことベーコン)」「アンチョビキャベツ」(以上609円)、「トリュフとポルチーニのビスマルクピッツァ」(1029円)など。パスタは「カチョペペ」(609円)、「ワタリガニのトマトクリームパスタ」(819円)、「トリュフとポルチーニのカルボナーラ」(934円)など。

 そのほか、「手羽元のペペロンチーノ」「つぶ貝とキノコのブルギニヨン」「プルピエパターテ」「自家製カモの薫製」(以上609円)、「スペアリブのキャラメリゼ」(819円)、「トリュフとフォアグラのリゾット」(1155円)、「ホロホロ鳥のフォアグラ包みロースト」(1155円)など、いずれも量が多く、「シェアしてほしい」とのこと。

 営業時間はpm16:00~pm23:30。日・祝日定休。


俺のイタリアン
[イタリアン、ワインバー]
俺のイタリアン
JR新橋駅 徒歩5分
〒105-0004 東京都港区新橋3-8-5 ル・グラシエルビルディング13 1F(地図
ぐるなびで 俺のイタリアン の詳細情報を見る
※2011年10月3日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

東京千代田区・麹町の麹町三丁目裏に創作イタリアンバール「リアソール(RIAZOR)」がオープン

9月21日東京千代田区・麹町の麹町三丁目裏に創作イタリアンバール「リアソール(RIAZOR)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は約10坪。席数はカウンターとテーブル席を合わせ15席。店名はスペインにあるサッカースタジアムから名付けた。更科貴志、真氏兄弟で切り盛りする。店内に設置したモニターでは、サッカーの試合や映像を常に放映する。

 メニューは、本日のカルパッチョ(700円~)、菜園風イタリアンサラダ(800円)、キノコやエビ、砂肝などの各種アヒージョ、季節野菜のフリッタータ(以上500円)、本日の肉料理(800円~)、「有機野菜とアンチョビーのペペロンチーノ」「厚切りベーコンのカルボナーラ」などの各種生パスタ(1000円)など。

 ランチタイムは、2種類を用意。日替わりの生パスタセットとサラダメーンのサラダセット(各1000円)を提供する。食材は安心・安全にこだわり、生で食べられるカボチャ「コリンキー」や常時数種類を用意するトマトなど、普段スーパーで見かけないような珍しい野菜も取り入れていく。

 営業時間は、平日=am11:30~pm14:30、pm17:00~pm23:00、土=am11:30~pm15:00。日・祝日定休。


リアソール(RIAZOR) http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13131022/
千代田区麹町3-1-8 根岸ビルB1F
電話03-6272-5405

 | HOME |  »

Calendar

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。