FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

国産の食材にこだわり目黒に新しく「目黒牧場 牛とろ」オープン

4月28日東京・目黒のJR駅東口近くに「目黒牧場 牛とろ」がオープンした。

 経営は、炙り焼き「ここ炉」や豚料理「アラカルトン」などの飲食店を運営するファイセンスファクトリー。

 国産の食材にこだわった「牛肉、野菜、うどんを使用」そのおいしさを味わえるお店だ。店舗面積は約60坪で、席数は85席。

 店長田澤信男氏のおすすめメニューは、国産牛を使用した「刺身盛り合わせ」(1480円)と国産小麦の麺と12時間煮込んだスープで作る「牛煮込みうどん」(980円)。コース料理は、牛とろコース(キムチ盛合せ、刺身2種盛り、シャキシャキ大根サラダ、牛肉じゃが、ランプステーキ、牛煮込みうどん、牛乳プリン)が 3000円。 ホルモン鍋コース(キムチ盛合せ、刺身3種盛り、温玉シーザーサラダ、ローストビーフ、塩ホルモン鍋、〆のうどん、牛乳プリン)が 4000円 。牛タンコース(キムチ盛合せ、牛タンの刺身、温玉シーザーサラダ、牛タン煮、牛タン塩焼き、牛煮込みうどん、ジャージー牛乳のバニラアイス)が 5000円。

 今後について店長は「誰も食べたことのないような、牛肉の新しい食べ方を提案していきたい。お客さまの牛肉の概念を変えられれば」と話す。

 営業時間は、月~土=pm17:00~pm23:30(日・祝日=pm23:00まで)。5月10日以降は平日のみランチ営業(am11:30~pm14:00)も行う。

 また、オープン記念として5月10日(月)まで、ドリンク全品を106円で提供するサービスを行っているという。

目黒牧場 牛とろ http://r.gnavi.co.jp/a385609/
品川区上大崎2-13-32 富田ビルB1
電話03-5793-7081
スポンサーサイト



有名人が出品したリサイクル商品や衣類のリメイク品などをそろえる「パス ザ バトン表参道」がオープン

4月28日東京・表参道ヒルズにリサイクルショップ「パス ザ バトン表参道」がオープンした。

 このお店のコンセプトは「誰にでもある思い出の品物や手に余っている品物など、物に形を変えた個人が持つそれぞれの文化や歴史を誰かに手渡していくことができる場所を作りたい」というもの。昨年9月に丸の内ブリックスクエア内に1号店をオープンしたほか、ウェブショップでの販売も行っている。

 広報担当の玉置純子氏は「もともと多店舗化する考えはあまりなかった。今回、表参道ヒルズ側からお話しをいただき、表参道エリアにいらっしゃる感度の高い方やクリエーターたちにも(当店の思いを)提案していこうと出店を決めた」と話している。

 店舗面積は約78坪。1号店同様インテリアデザイナーの片山正通さんが手がけた店内は、「スマートモダン」をコンセプトに、壁面は白を基調に仕上げたほかアンティークの食器棚などを什器に使用。店内にはギャラリーも併設するほか、本や食器、置物などをセットにして販売する「盆中」コーナー、NIGO氏の「プライベートコレクション」などを集積するコーナー「NIGOLDEN STORE」もある。同コーナーの陳列はNIGO氏自らが手がけたという。

 これまで、著名人や文化人の品のみを扱っていたが、ここでは一般からのリサイクル品を受け付けるスペース「PASS COUNTER」も開設。他の商品同様、出品者の顔写真やプロフィールも明示したうえで、店頭やウェブショップで販売する。

 「Recycle」「Remake」「Rethink」「Relight」の視点で、メーカーとのコラボ商品や国内外で仕入れたセレクト商品などを扱う同店。商品例は、ユナイテッドアローズの上級顧問でクリエーティブ・アドバイザーの栗野宏文氏の私物や、シアタープロダクツの洋服の生地をリメークして作ったシュシュ(1680円)、仏エシレのバターバスケットをリメークした照明、デッドストックのティーカップなどと、パン店「ブーランジェリー・アー」のラスクをセットにした「ラスクセット」(1470円)、「DEAN & DELUCA」のトートバッグをリメークしたリバーシブルエコバッグ(小=1890円、大=2310円)、NIGO氏が集めた「アンティークのシャンプーボトル」(各種5500円)、実際に使用していたスニーカー(7万円~10万円)など。

 営業時間はam11:00~pm21:00(日・祝日はpm20:00まで)。


パス ザ バトン表参道(PASS THE BATON OMOTESANDO) http://www.pass-the-baton.com/
渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2階
電話03-6447-0707

世界最大のワイン祭「ヴルストマルクト」日本へ

4月28日東京港区・六本木の東京ミッドタウンにて世界最大のワイン祭「ヴルストマルクト」が開催(5月9日まで)

 会場は東京ミッドタウンの芝生広場。芝生の上、青空の下でワインの好きな人や興味のある人がワインについて難しく考えず愉しめるイベント。都心にいながら自然を満喫できる緑豊かな空間で、初夏の風を感じながらのんびりワインの飲み比べをしたり、夕方から日没までの悠然とした時の流れや、日没後の都会ならではの雄大な夜景を眺めながらゆるりと喉を潤す贅沢なひと時を過ごすイベントとなる。

 Euro協力の下、ワイン生産地域6州をまたがってのカジュアルなワインからゴーミヨ4つ房級のワインまでをオープンに楽しめる。
音楽は、アコーディオン奏者のヘルツレ・ヴォルフガング氏が中心。ドイツ地方の風景をきりとったような音楽で会場を盛り上げる。

 また、ワインのお供にドイツ直輸入本場のソーセージや、珍しいドイツスタイルの様々なパン等、本場の味も用意する。広々とした会場は昼と夜でムードが一変。家族連れでも楽しめるドイツのフェスティバルそのままに、ワインに興味があるひとも、何気なく会場を訪れた人も、本場のドイツを感じることできる。

 そもそも、「ヴルストマルクト」とは600年ほど前、各地を回る巡礼者のために巡礼教会がソーセージとワインの市を立てたのが始まり。州立浴場で開催されるこのマルクト(市)は、昔「聖ミヒャエル市」という名称だったが、莫大な量のソーセージが消費されることからヴルストマルクトと改名され、その名が残されている。

 なかでも、ドイツワイン街道の歴史ある小さな街バート・デュルクハイム(Bad Durkheim)で行われるヴルストマルクトは今年で594回目。世界最大のワイン祭りと謳われ、ヴルストマルクトの期間に街を訪れる人数はおよそ60万人となり一大観光イベントだ。

 開催時間 平日=pm16:00~pm22:00(LO pm21:30) / 土・日・祝日=am12:00~pm22:00(LO pm21:30)


ヴルストマルクト http://www.zato.co.jp/event/wurstmarkt/
東京ミッドタウン 芝生広場
港区赤坂9-7-3
電話03-3475-3100

元サッカー日本代表選手・中田氏による「ナカタドットネットカフェ(nakata.net cafe)」がオープン

4月27日東京・原宿に2010年ワールドカップ南アフリカ大会開催を意識した期間限定「ナカタドットネットカフェ(nakata.net cafe)」がオープンする。(7月12日まで)

 このカフェは、元サッカー選手・中田英寿選手による公式サイト「nakata.net(ナカタドットネット)」から誕生したもの。日韓共同開催となった2002年W杯の際に「ホスピタリティセンター」として東京国際フォーラムにオープンしたのが始まり。2006年ドイツ大会時は「フットボールラウンジ」として今の「Ao」(港区北青山3)の場所にオープンした。

 南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された記念日(自由の日)に合わせオープンする同店。今回のテーマは「Revalue NIPPON(日本再発見)」。現在、農業や伝統文化、地方都市など「日本の魅力に触れる旅」をしているという中田英寿氏が、国内外を通じて感じた「日本の素晴らしさ」を表現する。また、旅をしながら見つけた特産品や国産食材などを使ったメニューも提供していく。

 店舗面積は約100坪で、90席を用意。メニューは、我那覇畜産やんばる島豚の「しゃぶしゃぶ」(1350円)や「しょうが焼き丼」(1000円)、「西さん家のお米と2種類の卵のかけご飯」(1200円)、「昭ちゃんコロッケ」(200円)、「弓削牧場のフロマージュ・シフォンケーキ」(650円)になどのほか、同カフェに協賛する辰馬本家酒造(兵庫県西宮市)が展開する清酒「白鹿」とコラボによる週替わりの「和膳」(1000円)や「無農薬野菜の胡麻味噌たれ」(1300円)や「伊豆特産 とろ鯵の干物」、からすみや塩ウニ、酒盗の「珍味三種盛り」などの和食メニューも提供する。

 店内の大型モニターでは南アW杯全64試合を上映するほか、売上金やチャリティーオークション収益金の一部を、中田が代表を務める「TAKE ACTION FUNDTION」を通じ、「TABLE FOR TWO International」が行なう「南アフリカ学校給食支援活動」へ寄付する。

 営業時間はam11:00~pm23:00(ワールドカップ期間中は翌am7:00まで)。


ナカタドットネットカフェ(nakata.net cafe) http://nakata.net/jp/
渋谷区神宮前1-22-6
電話03-5413-3955

鶏の唐揚げがなんと20円。居酒屋で総菜まで買える「てけてけ」が三軒茶屋にオープン。

4月26日東京・三軒茶屋の西友斜め向かいに坂井精肉店のユナイテッド&コレクティブが「秘伝のにんにくダレ焼き鶏・塩つくね・博多水炊き てけてけ三軒茶屋店」を開店させた。


 外食不況が続く中、既存店売上げ、客数ともに前年を11ヵ月連続で上回る焼き鶏居酒屋「てけてけ」。その最新店を三軒茶屋にオープンした。席数は115席。

 今回初めて総菜販売スペースを居酒屋に併設。坂井精肉店のユナイテッド&コレクティブが中食に挑戦する。

 メニューは鶏の唐揚げ一個なんと20円。そして焼き鶏全品99円。目玉は岩手産のチルドもも肉をたっぷり60gも使用した「ど根性串(ねぎま)」も99円だ。

 「とんかつ坂井精肉店」事業が絶好調のユナイテッド&コレクティブはとんかつだけでなく鶏料理でも日本最高のコストパフォーマンスを目指していく。

 オープンを記念して本日は、「終日」角ハイが150円で提供されるとのこと。ぜひ足を運んでみては。

 営業時間はランチ=am11:30~pm14:00(LOpm13:30)、ディナー=月~土 pm17:00~pm23:30(LOpm22:30)、日・祝日 pm17:00~pm23:00(LOpm22:00)


秘伝のにんにくダレ焼き鶏・塩つくね・博多水炊き てけてけ三軒茶屋店 http://r.gnavi.co.jp/g735812/
世田谷区太子堂2-17-8 魚孝ビル
電話03-6450-9408

ゴールデンウイークは人が少ない都心で過ごそうプロジェクト。東京ミッドタウンが楽しい。

4月23日東京港区・六本木の東京ミッドタウンで「公園で過ごす休日」をコンセプトにしたGWイベント「OPEN THE PARK」が開催される。

 都心の豊かな緑とともにあるライフスタイルを提案する「MIDPARK PROJECT 2010」の一環として、ゴールデンウイークは約2000平方メートルの芝生広場をメイン会場に多くの屋外行事が行われる。
 
 メインとなるのは、日本初上陸となる一般参加型のギネス記録挑戦イベント「Park Challenge/GWR Live!」。2009年にドバイで初めて開催され、110日間で110万人が挑戦したというイベント。イスタンブールやイギリスなど各国で次々と開催され、さまざまな世界記録が更新されている。

 今回の挑戦は、1分間に両手を使って容器から容器へたくさんの水を移動させる「Water Shift」や、5個のペットボトルのふたを外し、ラベルをはがすタイムを競うエコチャレンジ「エコマスター・オブ・ペットボトル」など。ギネス記録更新者には、その場でギネス世界記録公認の認定証を授与する。

 そのほか、ドイツから初上陸する約600年の歴史を誇る世界最大級のワイン祭「ヴルストマルクト」や、同ガーデン内のエコに関する取り組みをツアーアテンダントが案内する「PARK GREEN TOUR~都心の緑を探ろう~」、昨年8日間で2000人以上が参加した無料の「パーク ヨガ」などを開催する。


OPEN THE PARK http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/feature2010/openthepark/
東京ミッドタウン
港区赤坂9-7-3
電話03-3475-3100

オタクの聖地にガンダムのオフィシャルカフェがオープン

4月24日東京・秋葉原のJR駅電気街口前にガンダムのオフィシャルカフェ「ガンダムカフェ(GUNDAM Cafe)」がオープンした。

 この店は、ガンダムの情報発信基地として初心者から熱心なファンまで幅広い層にガンダムの世界観を楽しんでもらうためのカフェ。席数は60席。店内は商品や作品にからむ情報発信が行われ、南米のコーヒー豆「ジャブローコーヒー」を「GUNDAM Cafe」専用にブレンドしたものや、一番最初に発売された1/144スケールのガンダムのプラモデル(いわゆるガンプラ)をモチーフにしたカフェ限定の大判焼き「ガンプラ焼」(テイクアウトのみ)などが販売される。

 このお店のコンセプトはジャブローコーヒーだ。「ジャブローコーヒー」とは、宇宙世紀0079に「地球連邦軍」の総司令部があるとされる南米のとある地域。そこがジャブロー。 巨大な地下鍾乳洞を利用した軍事施設は、広大な熱帯雨林のジャングルの中にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置を特定しにくい。また、その詳細は軍事機密のため不明である。 ブラジルの北部、広大な熱帯雨林に果てしなく広がるコーヒー農園。我々はそこで、最良の豆を手に入れた。「この豆をすべてのガンダムファンに届けたい」。西暦2010年、このコーヒーとの出会いから、ガンダムカフェのストーリーが、始まった。

 営業時間は月~金=am10:00~pm23:00、土=am8:30~pm23:00、日・祝日=am8:30~pm21:30

ガンダムカフェ(GUNDAM Cafe)http://g-cafe.jp/
千代田区神田花岡町1-1
電話03-3251-0078

500円均一の30種類ある小皿前菜は魅力。六本木のイタめし屋さんがオープン

4月1日東京港区・六本木にイタリアンバル「イル・ジェニオ(IL GENIO)」がオープンした。

 このお店の店舗面積は35坪、席数40席。オープンキッチンの店内は、木とレンガを組み合わせた天井と壁のほか木製のテーブル席、長いカウンターなどによって温かい雰囲気を演出している。

 コンセプトは、店長の茂呂健一氏によると「その日仕入れた食材を使った日替わりの小皿前菜とメイン料理、自家製パン、パスタのほか、グラスより少し大きめのコップワイン、ボトルワインをそろえ、『2軒目は必要ない』店を目指す」とのこと。

 メニューは、「グリーンオリーブのオイル漬け」「肉厚トマト」「パルマ産生ハム」「春キャベツとバーニャカウダソース」(以上500円)など約30種の小皿前菜のほか、「ムール貝の黒胡椒蒸し」「生ハムサラミ盛り合わせ」「トリッパグラタン」「自家製ソーセージ」「クロスティーニ盛」(以上1000円)などの一品料理、メインディッシュを用意。またパスタは、「あさりとムール貝・フレッシュトマトのスパゲッティ」「ミクリヤトマトとバジルのスパゲッティ」「サルシッチャと白いんげん豆のピリ辛トマトソース リガトーニ」(以上1500円)などのほか、3種の自家製パン(300円)、自家製の「ティラミス」「タルト」「チーズケーキ」「ジェラート」(以上700円)などデザートも。

 ランチは、食べ放題の有機野菜のサラダバー、自家製パン、コーヒーが付いた「スパゲッティ」「ショートパスタ」、数量限定の「パニーニ」(以上1000円)のほか、ランチ限定「生ビール」「グラスワイン」「デザート」(以上300円)なども用意。

 前述の茂呂氏は「店内のモニターでワールドカップを上映したり、毎月6の付く日には何らかの催しを行うなど、周辺のビジネスマンや地域の人たちと交流するイベントを開いていく」と意気込む。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm14:00(月~金)、ディナー=pm18:00~pm23:00。日・祝日定休。


イル・ジェニオ(IL GENIO) http://townnote.jp/biz/10211043
港区六本木3-4-36
電話03-6277-7141

あの甘~いミルクの香りに引き寄せられる人が再び。

4月22日東京・渋谷駅構内の名物店「ミスターワッフル」が期間限定で東急フードショーに再出店する。(5月9日まで)

 渋谷駅コンコース2階で13年間営業を続け、昨年11月に閉店した名物ワッフル店「ミスターワッフル」が、東急百貨店東横店・地下1階の「東急フードショー」にオープンする。

 このお店は1997年、渋谷駅西口コンコース2階のフードブース「GREEN FARM(グリーンファーム)」内に併設するかたちでオープンした。京王井の頭線からJR・東急東横線の乗り換える方たちに生地の焼ける甘い香りを届け、多い日には1日に2000個を売り上げるなど人気を博したが、契約満了を理由に昨年11月に閉店していた。

 先月3月には東急東横線元住吉駅コンコース内に直営店を移転オープンする傍ら、渋谷でもう一度出店したいとの思いから東急百貨店へ企画を持ち込み、今回の出店が実現した。

 メニューはワッフル「プレーン」(147円)、「アーモンド」(168円)など4種類と、季節限定の「焼きりんご」(168円)。

 出店を控え、「(渋谷で)待っていただいているお客さんに、13年間の味を届けられれば」と意気込みは計り知れない。

 営業時間はam10:00~pm21:00。

ミスターワッフル http://www.mr-waffle.com/
渋谷区道玄坂1-1-1渋谷駅B1F東急フードショー内
電話03-3477-3111

4月20日東京港区・新橋駅敷地内につけ麺店と居酒屋がコラボした新店舗「ヒノマル食堂つけ麺なおじ」がオープン

 東京港区・新橋駅敷地内につけ麺店と居酒屋がコラボした新店舗「ヒノマル食堂つけ麺なおじ」がオープンした。

 JR敷地内では次々と古参の店舗が閉店しており、久しぶりの新店オープンとなる。店舗面積は10坪で、定員13人の立ち食い形式。

 メニューは「ヒノマル食堂」と「つけ麺なおじ」を混合した内容。朝食メニューとして、「ヒノマル食堂」の看板料理でもある親子丼とラーメンのセットなどを提供。昼は「ワンコインランチ」に焦点を当て、「つけ麺なおじ」のラーメンとつけ麺がそれぞれ500円、550円から。ご飯ものは「ヒノマル食堂」の国産和牛のモツ丼300円など。

 ラーメンメニューは新店舗用に開発したものだが、ほかの「つけ麺なおじ」で700~800円で提供しているものとボリュームや味のクオリティーは同じだという。「その分、立ち食いで回転をよくするなど工夫している」と、「つけ麺なおじ」などの飲食店を展開するオールドタイムズ佐藤直人社長。

 夜は立ち飲み居酒屋になる。ラーメンを注文した人にハイボールを「日本一安い」価格で提供するなどサービスも満点だ。

 営業時間はam6:00~翌am1:00。


ヒノマル食堂つけ麺なおじ http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13109530/
港区新橋2-17-14
電話03-6379-4117

4月17日東京渋谷区・神宮前に伊クライミングウエアブランド「モンチュラストア原宿(MONTURA Store 原宿)」がオープン

 東京渋谷区・神宮前に伊クライミング・アルパインウエアブランド「モンチュラストア原宿(MONTURA Store 原宿)」がオープンした。

 1998年にイタリアで誕生したモンチュラ。モンチュラとはイタリア語でユニフォームの意味。国内では、2002年からエアモンテが総代理店を務め取り扱いを開始。今回、モンチュラの「ファンだった」という榎木勝美氏が、エアモンテの営業課長・田口宜之氏らに「オンリーショップを出店したい」と相談し今回にいたったもの。

 田口氏は「原宿・表参道はアパレル色の強い街。当ブランドのフィールドは山なので違う場所も考えたが、同業系の他ブランドも出店しており、マニアックなものがあっても面白いと考えた」と話す。

 店舗面積は約16坪。ファサードはガラス張りにし、ブランドカラーである赤のサインを大きく使っている。エントランス付近には「岩場」をイメージしたモニュメントを置くほか、「カラフルな商品が多い」ことから商品の色が映えるよう店内は白を基調に仕上げた。

 商品は、防水透湿ジャケット「マジックジャケット」(2万9925円)や高所や厳しいアルパインをする時向けだという「スーパーアルパイン バーティゴライトパンツ」(2万5725円)、ランニング用のトップス「ランTシャツフォーウーマン」(1万1550円)などのほか、バッグやキャップなどの小物類も扱う。

 営業時間はam11:00~pm20:00。

 このオープンを記念して、モンチュラストア原宿で¥1000円以上お買い上げの方先着100名にモンチュラオリジナル携帯ストラップまたはモンチュラオリジナルネックストラップをプレゼントするという。


モンチュラストア原宿(MONTURA Store 原宿) http://www.montura.jp/
渋谷区神宮前6-15-13 
電話03-6427-3852

4月16日東京・西新宿に幕末個室居酒屋「幕末個室居酒屋「龍馬の空」新宿社中」がオープン

 東京新宿区・西新宿の大ガード近くに幕末個室居酒屋「幕末個室居酒屋「龍馬の空」新宿社中」がオープンした。

 このお店は、幕末の風雲児・坂本龍馬がたどったゆかりの地の郷土料理や、幕末がモチーフの料理を提供する。エントランスには等身大の龍馬像を配し、「長崎港の間」には長崎の舶来物を飾る。店舗面積は133.66坪、席数は186席。3人から20人までの「桂小五郎の間」「勝海舟の間」「沖田総司の間」などのテーブル個室や堀ごたつ席も用意する。

 メニューは、「神道無念流 ~豚巻串~」「鏡新明智流 ~魚串~」など串を剣に見立てた「幕末剣術串焼き」(160円~)、龍馬の姉・乙女や千葉道場の佐那をテーマとした「はちきん地鶏と季節野菜の蒸篭蒸し」(1480円)、「鬼小町佐那の懐刀~逸品~」(500円~)のほか、「四万十海老の唐揚げ」(880円)、「ペリーの黒船~海鮮桶寿司~」(1200円)、「文明開化のぱふぇ」(680円)などを取りそろえる。

 広報担当者は「刺身の名前には、海にまつわるさまざまな幕末史を盛り込んだ。幕末にタイムスリップしたような気分を料理でも楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は、ランチ=am11:30~pm14:00(月~金)、ディナー=pm17:00~pm23:30(金・土・祝前日は翌am4:30まで。日・祝日はpm23:00まで)。


幕末個室居酒屋「龍馬の空」新宿社中 http://r.gnavi.co.jp/g600183/
新宿区西新宿7-10-5 スターホテル東京B1階
電話03-5332-1950

4月17日東京渋谷区の代々木公園を中心に行われる環境イベント「アースデイ東京2010」が開催(18日まで)

 東京渋谷区の代々木公園を中心に行われる環境イベント「アースデイ東京2010」が開催されている。

 アースデイとは1970年、ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員が、4月22日を"地球の日"であると宣言しアースデイが誕生した。ネルソン氏は、学生運動・市民運動がさかんなこの時代に、アースデイを通して、環境のかかえる問題に対して人びとに関心をもってもらおうと、当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏らによる、全米への呼びかけにつながった。そうして、1970年の最初のアースデイは、2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現するアメリカ史上最大のイベントとなった。

 今年のテーマは、「愛と平和の地球の祭典」。NPO や企業など約400のグループ・個人が参加し、「エネルギー・食・農」にスポットを当て、オーガニックレストランの出店、自然エネルギーでまかなうライブ、 NPO や企業のブース出展などを開催。

 飲食ブース「アースデイキッチン」には、都内を中心に24の飲食店が参加。広域渋谷圏からは表参道「ブラウンライスカフェ&デリ」や原宿「kurkku kitchen」、渋谷の琉球チャイニーズ「TAMA」などが出店、「地産地消」「旬の食材」などをテーマに「地球に優しい」メニューを提供。会場では、昨年1万個以上の使い捨て食器を削減したという「ディッシュ・リユース・システム」(皿、食器などの再利用)を今年も導入。マイ食器の持参も呼び掛けている。


アースデイ東京2009 http://www.earthday-tokyo.org/
代々木公園イベント広場、オリンピックプラザ、ケヤキ並木及び周辺
渋谷区神南二丁目 付近
電話03-3469-6081

4月15日東京港区・六本木の六本木ヒルズにて「大つけ麺博」が開催(18日まで)

 東京港区・六本木の六本木ヒルズにて「大つけ麺博」が開催される。

 この大会は昨年10月、日比谷パティオで開催されたイベントの第2弾。

 出展するのは、つけ麺の元祖「大勝軒」(豊島区)をはじめ、「頑者」(埼玉県川越市)、「六厘舎」(品川区)、「中華蕎麦 とみ田」(千葉県松戸市)、「無鉄砲 無心」(奈良県奈良市)の5店舗。価格は1杯800円と全店共通で、チケット購入後に各店舗でつけ麺と交換するシステム。

 4月でラーメン人生60周年を迎えたという「大勝軒」創業者の山岸一雄氏は同店の昔の味を再現し、当時出していたというワンタンをトッピングで用意する。さらに、当時の店内用語で、「『イの人』と呼ばれる本当の常連さん」だけが味わっていたという「つけダレの中に入れていたギョーザ」も復活。ただし、トッピングは常連を表す「イの人」という店内用語が何の略か答えられた人だけ。大勝軒でつけ麺をオーダーする際、正解した客のみにギョーザ1皿をサービスするという。
 そのほか、つけ麺ブームをけん引してきた「六厘舎」は初の自家製麺に挑戦する。

 今回は単品のほかに、数量限定で「食べ比べ」用のセットメニューを用意。「食べ比べAセット」(1500円)は「大勝軒」と「中華蕎麦 とみ田」、「食べ比べBセット」(1500円)は「頑者」と「六厘舎」で、それぞれサントリーウーロン茶が付く。

 今後、6月には北海道札幌市で「さっぽろ大つけ麺博(仮)」を、9月には港区内で過去最大級の大つけ麺博の開催を予定しているという。

 開催時間は、17日=am11:30~pm19:30、18日=am11:30~pm16:30。入場無料。


大つけ麺博 http://ameblo.jp/dai-tukemen-haku/
六本木ヒルズ
港区六本木6-10-1

4月16日東京・銀座の中央通りに新商業施設「銀座トレシャス(GINZA TRECIOUS)」がオープン

東京・銀座の中央通り、老舗呉服店「銀座 越後屋」の跡地に新商業施設「銀座トレシャス(GINZA TRECIOUS)」がオープンする。

 施設名称の「銀座トレシャス」は、施設コンセプトである「銀座コンシャス」を示す「プレシャス」「デリシャス」「グレイシャス」の3つの意味にイタリア語の「3=TRE(トレ)」を融合した造語。銀座2丁目に集う20~30歳代の女性をコアターゲットにする。地上12階、地下2階の14フロアから成り、延べ床面積は約7243㎡。

 出店するのは飲食を中心にビューティー、ファッションに加え、これまでにはなかった産院を含む全18店舗。地下1階~地上3階には国内最大級となる「Miu Miu(ミュウミュウ) GINZA」(7月オープン)が出店するほか、「雲仙 串あげもの 旬s」、(10階)、岐阜から東京への初出店となる飛騨牛専門店「飛騨牛 一頭家 銀座 馬喰一代」(11階)、ミシュランで一つ星を獲得した南麻布のイタリアン「アロマフレスカ」(12階=7月オープン)などが銀座エリア初出店を果たす。

 ビューティーでは、4階=美容院「BEAUTRIUM 265」、5階=アンチエイジングビューティーをサポートする「銀座 ル・キヤ 目元専門クリニック」、婚礼衣装「MARIE CLASSE」など。7階に入る銀座産院・健康院「ジュノ ウィミンズ ウェルネス」は女性専用ドックと総合カウンセリングのクリニックで、出産施設も設ける。


銀座トレシャス(GINZA TRECIOUS) http://www.midcity.jp/trecious/
中央区銀座2-6-5

4月15日東京目黒区・中目黒にアウトレット業態第2弾「中目黒ビヰルキッチン」がオープン

 東京目黒区・中目黒にアウトレット業態第2弾「中目黒ビヰルキッチン」がオープンした。

 「キッチン業態にアウトレットビールを合わせたら」との発想のもと、「ビヰルキッチン」はできた。オレンジ色のシェードは遠くからでもすぐにキャッチでき、テイクアウト用の木枠の窓とよく合っている。完全オープンエアのファサードには数個の樽が机代わりに。これからの季節はさらに賑わいが増す。商業系空間デザイン会社ならではのフィルターを通してできた店舗は目黒銀座と調和し、すでに以前から存在していたかのような佇まいだ。

 アウトレットビールとは、過剰在庫品や賞味期限3ヵ月が切れた「わけあり品」を対象にドイツやベルギー・イタリアなどのヨーロッパを中心に世界各国からのビールを用意。タイミングさえ合えば、なかなか手に入らない銘柄を思わぬ価格で飲むことも。

 ここでのポイントは、賞味期限。わかっていても3ヵ月間猶予のあるものと次の日が賞味期限切れのものでは、飲む気分が違う。そんな盲点もメニューにビール煮をはじめ7~8種類のビールを使った料理を出すことで在庫効率よく回転させ、飲料用に気を配る。

 メニューは、ビールに良く合う洋風バーベキュー串焼き。この串焼き、炭がココナッツを使用したもの。中央に焼場をつくり、客席からも継ぎ足している様子が見られるようなオープンスペース。ココナッツの殻で焼くと何とも言えない独特のスモーク風味が野菜や魚・肉に香る。特に鶏肉串のココナッツミルクカレーはオススメ(280円)見ても、食べても楽しめる演出だ。

 イメージを統一させる為、ランチはココナッツミルクカレー(630円)やロコモコを用意する予定。木枠の窓が開放され、ランチ時には持ち帰ることも可能。

 営業時間はam11:00~翌am4:00


中目黒ビヰルキッチン 
目黒区上目黒2-13-6 
電話03-5794-3670

4月14日キリンビールからアルコール0.00%のノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリン 休む日のAlc.0.00%」が発売

 キリンビール株式会社は、“キリンの健康プロジェクト”から、休肝日にお勧めできるアルコール0.00%のノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリン 休む日のAlc.0.00%」が発売する。

 2009年に好評だった「キリン フリー」の技術を生かし、アルコール0.00%を実現するとともに、「回復系アミノ酸オルニチン」を配合した全く新しい商品として、積極的に展開していく。なお、オルニチンは体内で使われても自らがオルニチンに戻るので回復系アミノ酸と呼ばれている。

 「キリン 休む日のAlc.0.00%」は、しじみに多く含まれる成分「回復系アミノ酸オルニチン」を400mg配合(しじみ900個分に相当)するとともに、当社独自の製法により“アルコール0.00%”でありながら、しっかりした飲みごたえとコクのあるおいしさだ。

 パッケージは、金と紺色のカラーリングと麦のイラストを使うことで、本格感を演出。“休肝日向けのアルコール0.00%”というコンセプトが一目で分かるデザインになっている。

 また、発売時には、“休肝日の推奨”というアルコールメーカーとしての提案を、テレビCMを中心に、交通広告や店頭などを通じて展開していく。

 キリンビールとしては、飲酒運転根絶に向けた取り組みを行っている「キリン フリー」に続き、新たに休肝日を推奨する「キリン 休む日のAlc.0.00%」の発売を通じて、ノンアルコール・ビールテイスト飲料の市場拡大を図るとともに「食と健康」の取り組みをより一層推進。

 キリングループは、大地の恵みを糧に業を営む企業グループとして、「食と健康」の新たなよろこびを提供すべく様々な活動を展開。その一環として、グループ初の横断プロジェクトである“キリンの健康プロジェクト”を発足し、「おいしさ」「楽しさ」に「健康」の概念を加えた「キリン プラス-アイ」ブランドの下、顧客の身近な健康ニーズに応じた飲料・食品などを提案していく。

キリン 休む日のAlc.0.00% http://www.kirin.co.jp/brands/yasumuhino_000/
品種 350ml缶(1種類のみ)
【カテゴリー分類】 ノンアルコール・ビールテイスト飲料
【コンセプト】 ~これからもビールファンでいて欲しいから~休肝日を推奨するアルコール0.00%の新・習慣飲料
【味覚特長】 しっかりした飲みごたえとコクの新ノンアルコール・ビールテイスト飲料
【アルコール度数】 0.00%

4月9日東京・渋谷の道玄坂に弁護士がバーテンダーの「リーガルバー六法」がオープン

 東京・渋谷の道玄坂、井の頭線渋谷駅西口近くに弁護士がバーテンダーの「リーガルバー六法」がオープンした。

 弁護士の外岡潤氏が昨年6月に知人の会社員から「弁護士バーを開きたい」という話を受けたのがきっかけ。外岡氏らは昨年8月に同店出店に向け「弁護士とみんなの協会」を設立するも、「弁護士法に違反する可能性が高い」とし所属する第二東京弁護士会から出店計画の中止が求められていた。

 今回の出店では、「店内での法律相談はしない」「弁護相談をする際は後日場所を変えて行う」「弁護士の紹介をしない」などの規定を定めたという。

 外岡氏は「(出店計画は)いったん白紙に戻していたが、良いパートナーが見つかり出店することができた」とし、「弁護士は敷居が高いイメージがある方や、相談をしたことがある方でも『満足のいく弁護が受けられなかった』という方もいる。そうならないためにも、気軽に行けて弁護士と知り合い、互いの人となりを知り、信頼関係を構築する場が必要だと考えた」と話す。

 店舗面積は約16坪で、カウンターやソファなど20席。以前バーだった同所に居抜きで出店。テーブルやいすなどは以前のものを使うが、店内に六法全書を置くほか、「若い女性が多い街」と考え店内は禁煙にし、花を飾るなど「おしゃれなバー」になっている。

 メニューは、各種カクテル(1200円)やノンアルコールカクテル(1000円)、瓶ビール(800円)などのほか、弁護士バッジのヒマワリをモチーフにした黄色のオリジナルカクテル「ひまわり」(1200円)も用意。フードは、「ミックスナッツ」(600円)や「前菜盛り合わせ」(1000円)などのほか、ドリンクやスープ、サラダクレープ料理などが付いた「六法コース」(2995円)なども。

 営業時間はpm19:30~pm23:30。日曜定休。


リーガルバー六法
渋谷区道玄坂2-8-8コスモ渋谷館
電話03-6415-3366

4月9日東京・四谷荒木町に築60年の日本料理店跡を一軒家石焼きダイニング「炙蔵 柳 四谷荒木町店」がオープン

 東京・四谷荒木町の路地に築60年の日本料理店跡を一軒家石焼きダイニング「炙蔵 柳 四谷荒木町店」がオープンした。

 店舗面積は約25坪。曙橋、赤坂に続く3店目となる同店は、もともと1階を日本料理店、2階をバーラウンジとして営業していた築60年ほどの一軒家を改装してできた店。溶岩石を使って食材を調理する石焼き料理をメインに提供する。席数はカウンター席とボックス席、個室を合わせた28席(1階)。2階(約20席)は宴会や貸し切り、ランチタイムに使用する。

 メニューは、「厚切り牛タン」(1580円)や「岩中豚の角煮焼」(1280円)、「まぐろホホ肉 赤ワインしょうゆマリネ」(980円)、3種類の塩で食べる「厳選野菜盛り合わせ」(680円)などの石焼き料理のほか、「自家製ぬかづけ」(580円)や「くるみチーズ クラコット添え」(680円)、「ゴルゴンゾーラと酒盗」(680円)など。

 ランチメニューとしては、特製ダレで焼いた牛ハラミを乗せた「牛重」(70食限定、850円)や「北海丼」(900円)、「ネギトロ丼」(900円)、マグロやサーモンなど数種類の具を器からあふれそうなほど盛り付けた「爆盛り!!海鮮丼」(1800円)などを用意。

 「店構えは高級そうだが、居酒屋感覚で利用してもらいたい」と石井店長。

 今回はオープンを記念して、兵庫・坂越産のカキ「さこし忠臣蔵」を1個90円で提供するという。

 営業時間はam11:30~pm14:30、pm17:30~pm23:30。日曜定休。


炙蔵 柳 四谷荒木町店 http://r.gnavi.co.jp/a310503/
新宿区荒木町6
電話03-6457-8928

4月11日神奈川県・鎌倉市にて「第52回鎌倉まつり」が開催(18日まで)

 神奈川県・鎌倉市にて「第52回鎌倉まつり」が開催される。

 このお祭りは昭和34年から行われている鎌倉の春の恒例行事だ。鶴岡八幡宮を中心に、市内各所でさまざまな行事がとり行われる。若宮大路で盛大に行われるパレードに始まり、鎌倉武士を偲ばせる勇敢な流鏑馬、華麗な静の舞など。主催するのは鎌倉市観光協会。

<行事一覧>
 パレード(若宮大路(鎌倉体育館~鶴岡八幡宮))11日am11:00~pm13:30 音楽隊をはじめ市内各神社のおみこし、おはやしなどが若宮大路を賑やかに練り歩く。
 静の舞(鶴岡八幡宮舞殿)11日pm15:00~ 鎌倉時代、源頼朝の命により京都一の白拍子静御前が舞ったといわれる古式ゆかしい舞を再現。
 流鏑馬(鶴岡八幡宮馬場)18日pm13:00~ 最終日を飾る行事。武者姿の射手が疾走する馬上から3つの的を射抜くスピード感あふれた、迫力満点のイベント。

<協賛行事>
灌仏会(花まつり)(市内寺社)/頼朝祭俳句会(鶴岡八幡宮直会殿)/弓道大会(鶴岡八幡宮研修道場)/野点席(安国論寺)/頼朝公墓前際(頼朝公墓前)/義経まつり(満福寺)


第52回鎌倉まつり http://www1.kamakuranet.ne.jp/kamakura/10kamakuramaturi/gyoujinittei.html
電話0467-23-3000(鎌倉市観光協会)

4月6日東京・六本木の東京ミッドタウンにオーガニックカフェ「ukafe(ウカフェ)」がオープン

 東京・六本木の東京ミッドタウン・ガレリア2階にオーガニックカフェ「ukafe(ウカフェ)」がオープンした。

 このお店は、ヘアサロン「uka」を展開する向原が「内面からのビューティー=食べて美しくなる」をコンセプトにオープンしたもの。同じくミッドタウンに出店するサロン横に開いた。

 店舗面積は約25坪、席数36席。店内は、白を基調にしたシンプルでモダンな雰囲気とカジュアルなインテリア。提供する料理のレシピやメニューは、多くのオーガニックカフェを手がけている清野玲子氏が監修を務めた。

 メニューは、「マママフィン」(500円)、「玄米サラダ」(800円)、「フレッシュサラダ」(900円)、「ukafe丼」「チーズエッグサンドイッチ」(以上700円)、「季節野菜 バーニャカウダ」「シーザーサラダ 自然有機温卵のせ」(以上1000円)など。

 また、ランチは、毎日20食限定の「ukafe ごはんと具だくさんおみそ汁のセット」「サラダランチプレート」「日替わり玄米ランチプレート」「たまごサンドイッチプレート」(以上950円)、「本日のパスタ」(1200円)など。ティータイムには「マママフィンのデザートプレート」(500円)、「焼きリンゴ 豆腐クリーム添え」(600円)、「豆腐プリンの黒蜜かけ」(500円)などのデザートも。

 そのほか、オリジナルのコンテンツを発信するネットワークカフェとしての展開のほか、アートディレクター平野傑ディレクションによる若手アーティストの作品展やデザイングッズなどの販売も。

 営業時間は、ランチ=am11:00~pm15:00、ティータイム=pm15:00~pm18:00、ディナー=pm18:00~pm23:00。

ukafe(ウカフェ) http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop-restaurants/food-cafe/SOP0000120/
東京ミッドタウン・ガレリア2階
港区赤坂9-7-3
電話03-6438-9920

4月9日東京・渋谷の宮下公園前に自然派レストラン「グリーングリル(GREEN GRILL)」がオープン

 東京・渋谷の宮下公園前の商業施設「ココチ」に自然派レストラン「グリーングリル(GREEN GRILL)」がオープンした。経営はモスグループのモスダイニング。

 このお店は「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの100%出資の子会社。野菜がテーマのレストラン「シェフズブイ」を展開するシェフズブイの商号変更した店だ。「グリーングリル」はレストラン事業の再編後初となる新業態店で、「野菜の力と大地の恵み」をコンセプトに、全国各地の産地から仕入れた新鮮なこだわり野菜を、素材の力を活かして調理。野菜の力をさらに引き出すため肉料理も充実させ、自家製のハムやソーセージなども提供する。

 モスダイニングの会長友成勇樹氏は「全国2,900軒以上の協力農家をもつ当グループは、安心・安全で評価をいただいていたので、それを活かす店舗開発を行った」と話す。

 「シェフズブイ渋谷店」が出店していた同所。店舗面積は98坪で、席数は110席を用意。店内は、天井からシーリングファンをつるすほか、「野菜をモチーフにした」グラフィックの掲出、木のテーブルやいすを使うなどしたが、シェフズブイの要素を「できる限り」残して出店。

 メニューは、「3種のきのこと豚トロのマリネ」「2種のキャベツとレンコンのコールスロー」「3種のきのこと豚トロのマリネ」「とり~りアボカドフリット カレー風味」(以上各450円)など冷菜・温菜ともに常時10種ほどを用意するデリのほか、「ポットベラ 南仏風ガーリックバターソース」「じゃがいも アンチョビガーリック」などのココット料理(600円~)、「自家製ハム2種」(1200円)、「彩り鮮やか ビタミンカラーサラダ」(1000円)など。自然派ワイン(グラス=600円~、ボトル=2990円~4900円)や果汁100%のジュースなどのドリンク類も。


GREEN GRILL(グリーングリル) http://www.mos.co.jp/shop/?act=2&md=1&scd=21604
渋谷区渋谷1-23-16 cocoti(ココチ)3F
03-3486-7280

3月31日東京・神楽坂の神楽坂通り沿いに骨付き鳥店「骨付鳥 大翔」がオープン

 東京・神楽坂の神楽坂通り沿いに骨付き鳥店「骨付鳥 大翔」がオープンした。

 このお店の店舗面積は27坪で席数は62席。店内はオフホワイトを基調とした明るく落ち着いた雰囲気。骨が付いたままの鳥のもも肉をオーブンで焼き上げた骨付き鳥をメインに提供。

 メニューは、歯応えのある「おやどり」(980円)と柔らかくジューシーな「ひなどり」(870円)の2種類の「骨付鳥」をはじめ、「大翔風とりめし」(550円)や「とりちまき(2個)」(400円)、「とりスープ」(100円)など。「パリパリ骨付唐揚げ 大翔風」(650円)や「とりかわポン酢」(450円)、「ピリ辛そぼろのせ冷奴」(450円)、「シーザーチキンサラダ」(550円)などのサイドメニューも提供する。

 出店の経緯について、社長の竹田繁浩氏は「大阪で骨付き鳥を出している店はあるが、東京にはなかった。神楽坂は前から出店したいと思っていた街で、骨付き鳥の店を出したいと考えていた時期とテナントの空きが出たタイミングがマッチした」と話している。

 営業時間はpm17:00~pm24:00。


骨付鳥 大翔 http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13108852/
新宿区神楽坂4-3 楽山ビル
電話03-5227-3939

4月6日東京・丸の内の丸ビルのならびに「三菱一号館美術館」がオープン

 東京・丸の内の丸ビルのならびに「三菱一号館美術館」がオープンした。

 この美術館の建物は、1894年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された、洋風事務所建築。全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が採用されている。当時は館内に三菱合資会社の銀行部が入っていたほか、階段でつながった三階建ての棟割の物件が事務所として貸し出されていた。この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則り同じ地に戻ってきた。

 今回の復元に際しては、明治期の設計図や解体時の実測図の精査に加え、各種文献、写真、保存部材などに関する詳細な調査が実施されました。また、階段部の手すりの石材など、保存されていた部材を一部建物内部に再利用したほか、意匠や部材だけではなく、その製造方法や建築技術まで忠実に再現するなど、さまざまな実験的取り組みが行われている。

 この開館と同時に、開館記念展Iとして「マネとモダン・パリ」も開催されている。

開館時間は[火・土・日・祝日]am10:00~pm18:00、[水~金]am10:00~pm20:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日は毎週月曜(月曜日が祝日の場合、翌日休館)


三菱一号館美術館 http://mimt.jp/
東京都千代田区丸の内2-6-2
電話03-5777-8600(ハローダイヤル)

4月3日東京渋谷区・広尾の広尾商店街にスペインの揚げ菓子チュロス専門店「チュロスター(CHURRO☆STAR)」がオープン

 東京渋谷区・広尾の広尾商店街にスペインの揚げ菓子チュロス専門店「チュロスター(CHURRO☆STAR)」がオープンした。

 スイーツバー「BON Sweets & Smile」(恵比寿2丁目)などを手がけるジー・エー・シードの社長でもある永田良平氏が昨年春ごろから「気軽なおやつを提供する店を出したい」と考えていたところ、永田氏の奥さんがチュロスを食べたいと提案。「男にはない発想で、女性の意見は消費者の考えに沿っている」と考え、スペインへ渡った。それから1週間、スペインの友人らに「母親の数だけレシピがある」という話を聞き、オリジナルレシピでチュロスを作ることを決意した。

 帰国後、永田氏は「ほかにも候補はあったが、日本であまりない業態の店にしたいという思いもあったのでチュロス専門店に決めた」と話す。

 店舗面積は24㎡。テークアウトやスタンディングがメインだが、店内にイートイン4席も用意。ファサード上部には同店のロゴマークを掲出するほか、エントランスには「スペイン直輸入」のチュロスマシンを設置。内外装ともに、「コンセプトカラー」である赤や白を基調にしている。

 メニューは「オーガニック・シュガー」「シナモン・シュガー」(各180円)や、中にソースを詰めたフィリングタイプの「チョコレート」「ミルク」「キャラメル」(各250円)を用意。北海道岩瀬牧場(北海道砂川市)産のミルクで作るソフトクリームにチョコソースをかけた「チョコ・チュロ・サンデー」、ホット・チョコレートとチュロスのセット「チュロ&チョコレート」(以上各520円)なども提供する。

 営業時間はam11:00~pm19:00。


チュロスター(CHURRO☆STAR)
渋谷区広尾5-18-2
電話03-6450-4875

4月5日東京・新宿のマルイアネックスにトイカメラ「ロモグラフィー」のアンテナショップ「Lomography Gallery Store Tokyo」が期間限定でオープン(25日まで)

 東京・新宿のマルイアネックスにトイカメラ「ロモグラフィー」のアンテナショップ「Lomography Gallery Store Tokyo」が期間限定でオープンした。

 ショップ内は、世界中から集められた何枚ものアナログスナップを並べて壁のように見立てるロモグラフィーオリジナル「ロモウォール」で囲まれている。日本国内では「LOMO LC-A Instant Back+」(9975円)を同社直営店以外で初めて販売。同社定番商品の「LOMO LC-A+」(31500円)などのカメラやバッグ、ステーショナリーなどのオリジナル商品約100点が並ぶ。

 フィルムカメラでの撮影を体験できるコーナー「LOMO LC-A Instant Back+店頭撮影」、店頭参加型ワークショップ「フィルムスワップ」のほか、写真家平間至氏がLOMO LC-A+で撮影した作品を展示する。作品のほか、愛用のカメラ、ロモグラフィーへのメッセージも公開する。

 フィルムスワップとは、撮影後のフィルムを誰かと交換し、同じフィルムに再度撮影するというフィルムカメラを使った遊び。「出来上がった写真は1コマの中に複数の画像が重なるので、時間と場所を超えた偶然の写真を楽しむことができる」(ショップ担当者)という。参加費は525円。

 営業時間はam11:00~pm21:00(日・祝日はpm20:30まで)。


Lomography Gallery Store Tokyo
新宿区新宿3-1-26マルイアネックス
03-3354-0102

3月25日東京港区・田町のJR田町駅前にコンセプトが旅芸人の炭火串焼・鉄板餃子「博多 炭の助 一座」がオープン

 東京港区・田町のJR田町駅前にコンセプトが旅芸人の炭火串焼・鉄板餃子「博多 炭の助 一座」がオープンした。

 この店のコンセプトは、「博多生まれ・博多育ちの旅芸人『炭の助』一座。日本全国で腕をふるい歩く一座伝統の秘伝の焼き捌き。『博多の串焼きば食わんと、なんば食うとね?』」

 店内はこのコンセプト通り古材とトタンを基調にした、ゆったりと酒と料理を楽しめる落ち着いた空間。テーブル席から座敷、個室まであり、使い勝手の良い店に仕上がっている。

 メニューは、厳選素材の牛タンをはじめ、鶏や豚など何でも豪快に焼いてしまう博多の「炭火串焼」(160円~)や、博多の隠れた名物、厚切りの「牛タンステーキ」(1380円)のほか、博多で多数の専門店がある人気料理「鉄板餃子」(580円)を看板メニューとして提供。その他、人気鍋「もつ鍋」(1人前1180円、2人前から)などの博多の鍋料理をはじめ、熊本の「馬刺し」(1200円~)など九州で愛される各地の郷土料理も揃えている。

 お酒は九州各地の蔵元の中からこだわりの蔵元を厳選。有名無名に拘らず、いずれも蔵元の心が宿った渾身の逸品。

 営業時間はランチ=月~金am11:30~pm14:30(LOpm14:00)。ディナー=月~土pm17:00~pm23:00(LOpm22:00)


博多 炭の助 一座 http://www.diamond-dining.com/shop_info/suminosuke/
港区芝5-34-7 田町センタービル ピアタB1階
電話03-3451-3866

4月2日東京・新宿歌舞伎町に串カツ専門店「大阪新世界 串かつ 四代目だるま 新宿店」がオープン

 東京・新宿歌舞伎町に串カツ専門店「大阪新世界 串かつ 四代目だるま 新宿店」がオープンした。

 このお店は、「大阪新世界元祖串かつだるま」4代目の田中氏が独立して開業した店。手に入りにくい牛脂で揚げた串カツを、秘伝の自家製ソースとともに提供する。ソースは共有のため「2度づけ禁止」というのが大阪のスタイル。

 店舗面積は17坪。カウンター12席、テーブル3卓11席で計23席。店内は、「こだわらないことにこだわった。大阪の下町の雰囲気を感じてもらえたら」(店長の田中氏)。ターゲットは、サラリーマンやOL、新宿に遊びに来る若者たちだ。

 メニューは「串かつ」(105円)、「とんかつ」(173円)、「あすぱら」(147円)、「天然えび」(252円)など常時30種類以上の串カツをそろえる。ほかにも、「たこわさ」(315円)、「どてやき」(367円)なども用意。

 前述の店長は「新宿は日本一の乗降客数を誇る。新宿駅からも近い歌舞伎町は昼夜を問わずにぎわっていることから、この場所へのオープンを決めた。地に足を付けた自分のスタイルで営業していく」と話す。

 営業時間は 月~土曜=pm17:00~翌am5:00(夜12時以降入店可、始発まで営業)、日・祝日=am11:30~pm24:00


大阪新世界 串かつ 四代目だるま 新宿店
新宿区歌舞伎町1-15-8 丸雄ビル
電話03-5272-9151

4月1日東京渋谷区・渋谷の「ヨシモト∞(無限大)ホール」(宇田川町)近くに大阪発個室居酒屋「6年4組 渋谷第一分校」がオープン

 東京渋谷区・渋谷の「ヨシモト∞(無限大)ホール」(宇田川町)近くに大阪発個室居酒屋「6年4組 渋谷第一分校」がオープンした。

 このお店は、現在大阪府内に4店舗と博多に「天神分校」がある。「渋谷分校」は都内初出店だ。

 店舗面積は約60坪で、席数は85席。小学校をイメージした店内では、壁面には、実際に使っていたランドセルや本物のテスト、授業で作った作品、黒板などを飾る。13室ある個室は、楽譜などを飾った「音楽室」やプラネタリウム機器を設置した「社会科見学室」、ソファ席の「校長室」、教員用机を置いた「職員室」などの名前を付けた。

 メニューは、「昭和の鯨カツ~具だくさんタルタルソース添え~」(819円)、「給食の人気メニュー・ソフト麺(ミートソース)」(399円)や、ビーカーに入った「6年4組100点パフェ」(525円)、試験管入りの自分で混ぜて飲むカクテル「理科のお勉強」(2人前、1029円)、6種の具材でたこ焼きが食べ放題の「家庭科の時間 たこ焼きセット」(飲み放題付き、3980円)など。

 「学級委員長」の桧谷耐氏は「大阪で4店舗出店させていただき、お客さまにも多く来店いただけるようになった。それを踏まえ、昨年末の天神分校から全国展開へ踏み出した」とし、「近くにヨシモト∞ホールもあり、しゃれも通じるのではないかと感じた」と話している。

 営業時間はpm17:00~pm24:00。

 なお、オープンを記念して4/8まで【飲み放題付】【全9品】通常3980円が3000円で提供とのこと。


6年4組 渋谷第一分校 http://r.gnavi.co.jp/ga13000/
渋谷区宇田川町32-12 アソルティ渋谷5F
電話03-3496-6040

3月3日東京渋谷区・渋谷の百軒店に女性向けネットカフェ「カフェMELT(メルト)渋谷店」がオープン

 東京渋谷区・渋谷の百軒店に女性向けネットカフェ「カフェMELT(メルト)渋谷店」がオープンした。

 このお店は深夜帯は女性専用となる複合カフェだ。

 フリーペーパー「VOICESマガジン」の発行や夜のお声掛け、電話・メールでの会話などを通じて「居場所のない子どもたちが自分を表現し、社会につながりを持ち、自立できるようになること」を目指すNPO法人「bondプロジェクト」。その若者たちのサポートショップとしてネットカフェを立ち上げたという。これまで街頭などで1500人以上の若者に取材してきた同NPO代表の橘ジュン氏が「若者たちの『居場所』の必要性を痛切に感じた」ことをきっかけに活動の一部を独立法人化、「株式会社MELT」として、運営をしている。

 店内は、「ブースエリア」18席(内レディス専用5席)に加えて、エントランス部分に「オープンエリア」8席と、カフェ単体として利用可能な「カフェエリア」8席を設ける。天井が高く開放感のあるエントランスと、「扉のない」ブース席によって「インターネットカフェ特有の『閉鎖性』を払しょく」。「広い視野を持つことができ、交流が生まれていくような、開放的なインターネットカフェ空間になれば」とは同店スタッフ。

 約6千冊のコミックと雑誌30誌をそろえ、各ブースには個別にPCを置く。シャワールームや更衣室を設けて全面禁煙にする(喫煙所有り)などのサービスに加え、pm23:00~翌am7:00の時間帯は女性専用となる。「(bondでの)ネットカフェ難民への取材体験から、若い女性でも安心して夜を過ごせるネットカフェの必要性を感じるようになった」と前述のスタッフ。

 料金は、オープンエリア=360円、ブースエリア=480円(各1時間あたり)。8時間パック=1800円~。カフェスペースでは、オーガニックコーヒー(360円)のほか、モーニングセット、ランチセットなども販売する。


カフェMELT(メルト)渋谷店 http://www.dlg.co.jp/melt/
渋谷区道玄坂2-19-6 SQUARE渋谷
電話03-5456-9833

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。