FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

10月1日東京港区・広尾に新「山種美術館」がオープン

 以前まで千代田区にあった日本画専門美術館「山種美術館」が移転し、東京港区・広尾に新「山種美術館」としてオープンした。

 山種美術館は近代・現代の日本画を中心に1800点以上の日本画を収蔵し、日本画の巨匠、速水御舟作品の優れたコレクションでも知られる。以前は、1966年に日本橋兜町に開館。建物の老朽化などに伴って1998年に千代田区三番町へ仮移転し、昨年3月に広尾への施設の移転・新築を発表していた。

 場所は恵比寿駅から青山方面に抜ける駒沢通り沿い。都立広尾高校の向いに地上6階地下1階から成る新築のビルだ。クリーム色の石が短冊状に縦に連なるファサードで、恵比寿に面する外観と青山に面する外観では大きく印象がちがうデザイン。美術館は地下1階、地上1階部分に開館し、地下1階には常設展示室、企画展示室、ミュージアムショップを、地上1階にはロビー、ミュージアムカフェ「Cafe 椿」、受け付けを併設する。創設時の山種二の思いでもある「美術を通じて社会、特に文化のために貢献する」という理念を継承しつつ、さらに多くの方々に楽しんでいただける美術館を目指す。

 ロビーから展示室へとつながる階段脇の壁面には、日本画家加山又造による陶板壁画「千羽鶴」を常設。40年以上前から引き継ぐ同館のロゴマークは、歴史や文学を題材にした人物画で知られる日本画家、安田靫彦(ゆきひこ)によるもので、同ロゴを彫った看板が新館のエントランスにも掲出される。

 また、ミュージアムショップもあり、日本画の持つ素材と質感を丁寧に取り入れた「山種ブランド」から、絹糸を撮影して罫線に見立てた一筆せん(10絵柄×2枚、800円)や、和紙と純白紙を貼り合わせたポストカード(180円)などを販売する。和ブランド「コラゾン」社や京都の老舗「川島織物セルコン(旧川島織物)」とのコラボレーショングッズも用意し、幅広い客層に対応する。

 1階エントランス隣接部には、40席から成るミュージアムカフェ「Cafe 椿」を設ける。

 10月1日から、新美術館開館記念特別展として「速水御舟-日本画への挑戦-」を開催。同館所蔵で重要文化財の「炎舞」「名樹散椿」をはじめとする120点の御舟作品に加え、初公開となる未完の大作「婦女群像」と1930年の渡欧日記も展示。40歳の若さで急逝した御舟が晩年に目指した方向性を探る。11月29日まで。

 開館時間はam10:00~pm17:00(「速水御舟-日本画への挑戦-」開催期間中は19時まで)。月曜休館(

 入館料は、一般=1200円、大高生=900円、中校生以下=無料。

山種美術館 http://www.yamatane-museum.or.jp/
渋谷区広尾3-12-36
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。