FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日セガトイズより空気の読める不思議系トイズ「ペコっぱ」登場

 ペコっぱとは、玩具メーカーのセガトイズから発売される植物型癒し系玩具。ペコっぱの外観は普通の鉢に植えられている普通の木の葉。しかし、会話のタイミングを読んでうなずくことができる優れものの玩具なのだ。

 ただ単に音に反応する植物なら、何年も前からヒットしているアイテム「フラワーロック」というのがあるが、セガトイズのペコっぱは、まるでちゃんと話を聞いているかのように会話の切れ目をペコっぱそのものが認識し、タイミングを計って葉っぱをふるわせたり茎を大きく動かしてうなずいたりする。

 また、ペコっぱは大変賢く、会話の勢いによって動きが大きくなったり小さくなったりする機能が搭載されているので、まるで人がうなずいている様な気分を味わうことができる。このようにセガトイズのペコっぱはただのおもちゃではなく、心をなごませてくれる最新テクノロジーが搭載された植物型癒し系玩具なのだ。

 価格は2310円。白色、茶色、水色と3種類の鉢があるので、自分の部屋に合わせて好きな色を選べる。また、一人暮らしでペットなど買うことができない方でもペコっぱなら、単4のアルカリ電池3本だけであなたの問いかけにうなずいてくれ、自然な癒しを与えてくれるところがお勧めだ。


 ペコッぱ http://www.segatoys.co.jp/pekoppa/
スポンサーサイト

9月29日東京・有楽町や東京駅周辺にて早朝イベント「朝EXPO」開催(10月3日まで)

 東京・有楽町、丸の内、大手町エリアでビジネスマンに朝の過ごし方を新提案するイベント「朝EXPO」が開催される。

 2006年の秋から始まったこのイベントも、今回で第5回目。そろそろ、ビジネスマンに早起きが定着した感もあるが、「いやいや、そんなこと言っても やっぱりこうやって朝に楽しい企画がないと起きるモチベーションが・・・」ということで、今回の朝EXPOでも盛りだくさんな内容だ。

 今回は、秋の始まりということもあり、日本の和の文化を楽しめるコンテンツを数多く用意。

 有楽町エリアはイマジンスタジオ(ニッポン放送):千代田区有楽町1-9-3 ニッポン放送B2Fイマジンスタジオ 。TIPNESS ONE 日比谷:
千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービルB1・B2F電話03-3580-3531

 丸の内エリアはエコッツェリア:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10F電話03-6266-9400 。MARUNOUCHI CAFE:千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル1F 電話03-3212-5025 。SKY BUSのりば、東京駅丸の内南口 三菱ビル前:千代田区丸の内2-5-2 。シティリビング:千代田区丸の内3-4-2 新日石ビル3F 電話03-5208-4530 (平日10:00-17:00) 。東京国際フォーラム 地上広場:千代田区丸の内3-5-1
。丸の内オアゾ ウッドデッキスペース :千代田区丸の内1-6-3

 大手町エリアはメトロスクエア フラット:千代田区大手町1-7-2東京サンケイビル1F

にて、それぞれイベントを開催している。

 手軽な趣味を提供するワークショップや、屋台村のおいしい朝ごはんに舌鼓を打って爽快気分で朝から仕事に向かうのもいいものだ。

朝EXPO http://www.asaexpo.net/2008autumn/pro_city.html

9月27日東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスにおいて飲食フェア「酢~Love Vinegar~」を開催(10月13日まで)

 東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスでは、秋の旬な食材を引き立てる調味料「ビネガー(お酢)」を使ったオリジナルメニューなどを販売する「酢~Love Vinegar~」を開催する。

 ビネガーは、人類最古の調味料として、和食、洋食、中華、エスニック、スイーツ、ドリンクなどの様々な料理に使用され、原料、製造方法によって種類も豊富。世界各地に存在する発酵食品として多くの人に親しまれている。

 今回のイベント『酢~Love Vinegar~』では、明治26年から京都でお酢を造り続ける「飯尾醸造」の飯尾彰浩さんと飯尾淳子さんの協力により、恵比寿ガーデンプレイス内の飲食店24店舗で、「ビネガー(お酢)のおいしい魅力を再発見する特別メニュー」をテーマに、米酢、穀物酢、ぶどう酢、りんご酢、果実酢と様々な種類のビネガーを使ったオリジナルメニューを販売するというもの。

 また、期間中の10月4日(土)には、「初心者のためのお酢マエストロになる味覚レッスン」と題して、恵比寿ガーデンプレイス内の「SPACE 6」において、飯尾彰浩さんと飯尾淳子さんを迎え、ビネガーについて学んだり、テイスティングなどが楽しめるセミナーも実施する。

 同フェア参加店のメニューは、今が旬の近海の鯖の脂の乗りに合わせて、塩の量、酢の時間を決め、絶妙の締め加減で仕上げた「秋鯖鮨と松茸土瓶蒸し」のほか、ビネガー、アンチョビなどで作ったさっぱりとしたソースとチリメンキャベツで包み込み、テリーヌ仕立てにした「旬野菜のテリーヌと魚介類のマリネ」、バルサミコ酢に黒糖を加えシャラン鴨に岩塩をふって炭火で焼き上げた「シャラン鴨の炭火焼黒糖バルサミコソース添え」など、ビネガーで料理を引き立てる美味しいメニューを充実させている。


酢~Love Vinegar~ http://gardenplace.jp/weblog/loveVinegar.html
恵比寿ガーデンプレイス
渋谷区恵比寿4-20-3
電話03-5423-7111

9月27日東京・代官山の八幡通りにイタリアフードマーケット「イータリー」が進出。現地レストランも初出店

 東京・代官山の八幡通りにイタリアフードマーケット「イータリー」。イタリアのトリノとミラノに展開する、大規模なイタリア食材専門店『EATALY』が、日本に初上陸したものだ。

 この施設では「ショッピング」「食事」「教育」の3ゾーンに分かれ、イタリアの食文化を様々な角度から体験できる。

 「ショッピング」ができるマーケットエリアでは、パスタやサラミ、チーズ、ワイン(約450種類)などイタリアから輸入した約2,500種類の食材を扱う。日本初上陸のものも含めて、さまざまな食品や飲料が選べる。

 「食事」エリアでは、朝早くからオープンするバールや、ジェラートやスイーツなどのショップ、焼き窯で焼いた「焼きたてピザ」やパンが食べられるコーナーも。また、イタリアのミシュランに掲載されたレストラン『GUIDO per EATALY』では、本格的なイタリア料理を楽むことができる。

 「教育」エリアでは、さまざまな食材や食文化をテーマにセミナーを行う小教室(エディケーションエリア=80平方メートル)を設け、生産者とのミーティングやシェフによる料理講座、学生を対象にした食育プログラムなどを行う。イタリアワインに詳しいソムリエ・林茂さんのワイン講座なども開講予定だ。

 営業時間は、スーパーマーケット=10時~23時、バール=8時~23時、レストラン=18時30分~22時30分。


代官山EATALY(イータリー) http://www.eataly.co.jp/
渋谷区代官山町20-23
電話03-5784-2736

9月26日東京・渋谷の文化村通りにヤマダ電機の都市型店「LABI渋谷」オープン

 家電量販チェーン店のヤマダ電機は、「SHIBUYA109」の隣接地に「LABI渋谷」を開業した。

 池袋店、秋葉原店など都心の一等地に出店を重ねてきた都市型ストアブランド「LABI」の12号店として開く。地下1階・地上7階(売り場は6階まで)で、総売場面積は5,565平方メートル。文化村通り沿いに位置し、山手線や東横線、今年6月に開業した地下鉄副都心線など9路線が乗り入れる大型ターミナルの渋谷で、更なる層の顧客拡大を狙う。

 LABIとしては、昨年7月に開業した池袋店が競合「ビックカメラ」の2軒隣に店を構えたことも話題になったが、渋谷店もその周辺には、「ビックカメラ」(渋谷ハチ公口店)、「さくらや」(渋谷店)がそれぞれ出店しており、新たな家電商戦も再燃しそうだ。

 店舗では、テレビ、レコーダーやパソコン関連商品、デジタルカメラなどの家電に加え、ゲームやソフト、玩具、ブランド品なども扱う。

 また、オープンを記念して9月26日(金)から10月2日(木)までヤマダならではの驚きのプライスでお店を展開するそう。この機会に行ってみるのもいいのではないか。


ヤマダ電機 LABI渋谷 http://www.yamadadenki.info/newshop/0926labi_shibuya/0926_labi_shibuya.html
渋谷区道玄坂二丁目29-20
電話03-5456-6300

9月25日東京中央区の東日本橋に様々な鶏料理が気軽に楽しめる「手羽藩」が開店。

 東京中央区・地下鉄東日本橋駅の駅上にある鶏料理「手羽藩」がオープンした。

 こちらの店はデザインの会社「ユーカンパニー」が飲食に挑戦した2店目のお店。1店目は目黒区の中目黒駅前のお店「肉卸ZESSAN」。名物の牛たんをはじめ、他ではなかなか味わえないこだわりの肉料理を紹介する店だ。

 今回のお店は鶏料理。「手羽藩」420円、「宮崎名物 鶏ももの炭焼き」780円、「鶏皮串」限定30本100円など。

 また特徴として、席の半分以上がテラス席。この季節にはもってこいの雰囲気の中で食事ができる。

 営業時間はランチタイムがam11:00~pm14:00、ディナータイムがpm17:00~pm23:30(ラストオーダー)になっている。
 

手羽藩
中央区東日本橋2-1-8
電話03-3866-0517

9月15日キャラメルマキアート味のキットカット登場。日本マクドナルドとのコラボ企画

 ネスカフェなど嗜好品の販売が多いネスレコンフェクショナリーは、「キャラメルマキアート」をテーマとして日本マクドナルドとコラボレーションした「ネスレ キットカット キャラメルマキアート味」の期間限定販売を開始した。商品は在庫がなくなり次第販売終了となる。

 この商品は、ウエハースにサンドされたエスプレッソコーヒー味クリームとキャラメルパウダーを、キャラメル風味のチョコレートで包み込んだキットカットの新商品。クリームにコーヒーを1.0%使用したほか、"キャラメルの染み"を模したマーブル模様のキットカットになっている。

 今回のコラボレーションは、人気のカフェメニュー「キャラメルマキアート」のフレーバーをより多くの人に楽しんでもらいたいと両社が企画し、それぞれが新商品を同時期に発売するというもの。ネスレ側は「ネスレ キットカット キャラメルマキアート味」。一方、日本マクドナルド側の「マックフルーリー キャラメルマキアート」(330円)は、19日より全国のマクドナルド(一部店舗を除く)にて発売される。同商品にはクラッシュしたキットカットがトッピングされているという。

 また、キャラメルマキアートの香り高い味わいを「キットカット」にはパッケージ表面に、日本マクドナルド側のコラボ商品「マックフルーリー キャラメルマキアート」の画像が印刷されているとともに、裏面には、同商品の割引クーポンが取得できるモバイルサイトのQRコードが印刷され、お互いの販売促進を図っていくもの。ちなみにクーポン利用可能期間は19日から11月6日まで。


ネスレ キットカット キャラメルマキアート味 http://p.nestle.co.jp/kitkat/limited/kk_caramel_mac.html
内容量:2枚
希望小売価格(税込):¥157
希望小売価格(本体):¥150

9月12日東京・恵比寿駅の駅前に巨大地下レストラン&バーラウンジ「MEDUSA(メデューサ)」オープン

 東京・恵比寿に開業した商業施設「EBISU Q PLAZA(エビスキュープラザ)」地下1階に新業態のレストラン・バーラウンジ「MEDUSA(メデューサ)」がオープンした。

 お店のある「EBISU Q PLAZA」は、東急不動産が開発・運営を手掛け、1階~2階にはアウトドアブランド「モンベル」、3階~5階には東急スポーツオアシスの直営フィットネス&リラクゼーション施設「オアシス ラフィール」が入居。飲食フロアは最上階の6階に和食レストラン「KICHIRI EBISU」と地下の同店のみ。

 イタリア語で「くらげ」の意味でも使われる店名の「メデューサ」に合わせるかたちで、店舗面積約575平方メートルの巨大な地下空間には、3つの大きな水槽に観賞用の「水クラゲ」が。熱帯魚などの水槽で「水族館レストラン」としても知れられる「ラグシス」業態に続く大型水槽の採用で、動きのある内装になっている。

 店内はバーカウンターやソファ席を設けるバーラウンジとレストランスペース。VIPルームや半個室を含む個室には一部カラオケ機能も備えるなど、パーティーや接待にも対応。

 メニューはイタリアンをベースに、シーフードとチャコールグリルを提供。旬なカキ3種類を乗せた「オイスタープレート」(各種2ピース=2,310円、3ピース=3,465円)や、「有機野菜のガーデン風バーニャカウダ」(1,890円)などのサラダ類のほか、パスタは「ズワイガニとイチョウガニのカニミソ 京水菜のペペロンチーニ」(1,449円)など10種類以上、ピザは「マルゲリータ」(1,260円)などの定番を中心にナポリ風の生地を窯(かま)で焼き上げる。

 営業時間は16時~翌4時(ラストオーダー)となっている。


MEDUSA(メデューサ)
渋谷区恵比寿1-8-12 EBISU Q PLAZA B1F
電話03-6408-6688

9月22日手塚治虫原作のアニメ作品が24時間楽しめる「手塚治虫アニメワールド」スタート

 ソニー製品のマーケティング・セールスを主に手がけるソニーマーケティング(株)では、インターネットテレビ“branco”を使ったコンテンツとして「手塚治虫アニメワールド」チャンネルを本日から配信する。

 “branco”はテレビ感覚で動画コンテンツを観ることができるインターネットを通じたIPテレビサービス。ビデオ・オン・デマンド型ではなく、24 時間、365 日、無料で番組配信するIP テレビサービスは、国内初の企画となる。パソコンにインストールした“branco”視聴用アプリケーション「branco player」を立ち上げれば、そのとき配信されている動画が自動的にパソコンの画面に映し出されるため、テレビのように受動的に動画を楽しむことが可能。DVD 並みの高画質なビデオコンテンツを手軽にパソコンから楽しめる。

 手塚治虫アニメワールドでは地上波で親しまれてきたテレビアニメを配信。鉄腕アトム(新)、ジャングル大帝、ブラックジャック、リボンの騎士、三つ目がとおる、どろろといったおなじみのアニメ作品を堪能できる。


手塚治虫アニメワールド http://www.branco.tv/

9月17日東京・四谷に塩ちゃんこの人気店「食神」オープン。

 東京・四ツ谷の駅前から続く飲食店街しんみち通りに、赤坂・市ヶ谷店に続く3店舗目となる「食神 四ツ谷店」がオープンした。

 力士の手形や相撲のぼり、軍配などのインテリアを配置した店内は、テーブル席を中心に75席。名物のちゃんこ鍋には美味しいもの、体に良いものがいっぱい。楽しく食べて健康になれる『塩ちゃんこ』は丸必もの。ガラとモミジで取ったスープはコラーゲンがたっぷり含まれ、肌はツヤツヤ。健康に気を使う方は一日30種類の食品を食べろと言うが、食神の「塩ちゃんこ」はその半分を以上が一度に摂ることができる。野菜は煮込まれ、おなかにも優しく食物繊維もたっぷり摂取。

 看板メニューは、もちろん赤坂・市ヶ谷店のスープよりも濃厚に仕上げた「名物塩ちゃんこ」(1人前=1,980円)。他店と比べても約2倍のコラーゲンを含むという。

 このほかに、人気の「軍配つくね」(780円)や「いかみそ」(1人前=1,000円)、「名物 食神揚げ」(480円)、「自家製力士味噌とキャベツときゅうり」(480円)などの一品料理も充実。宴会用のコース料理として「大関コース」(2,980円)、「横綱コース」(3,980円)、「理事長コース」(4,980円)も提供する。

 営業時間は、月曜~金曜=11時~14時、17時30分~23時15分、土曜=17時30分~22時30分。日曜・祝日は定休。

塩ちゃんこ食神 四谷店 http://r.gnavi.co.jp/a479203/
新宿区四谷1-23
電話03-5719-1766

9月20日エココロ11月号発売開始

 東京・渋谷の出版社「エスプレ」ではエコ系の女性向け雑誌「ecocolo11月号」を発売した。


 内容は

巻頭特集:未来を見据えた モノの愛し方、選び方

 さまざまな環境問題が現実的にわれわれに圧し掛かっている今、その大きな原因のひとつは、大量の廃棄物。便利で豊かな生活と引き換えに、大量のモノや情報が、記憶に残ることもなく捨てられてる。再資源化の際使用されるエネルギーや、その過程で発生するC02のことを考えると、リサイクルよりリデュースを心がけ、生産と消費のバランスを取りながら、本当に必要なモノと長く付き合っていくことこそが、私たちにできる最大限の努力ではないだろうか? そこで、今回の「エココロ」では、環境にやさしく無駄の少ない暮らしに不可欠な、上質なモノ選びのコツと、モノと長く付き合っていく方法を特集。使い捨ての時代は、もうおしまい。余計なモノに振り回されずに、大事なモノに愛情を注ぎましょう。その先には、今よりもっと豊かで愉しい暮らしが待っているのだ。

Contents
■表紙・インタビュー:小泉今日子
『グーグーだって猫である』『トウキョウソナタ』と出演作が続く、女優・小泉今日子が、長年愛用してきたモノたち。そのモノとのストーリーをたっぷりと紹介する。
■モノと私のストーリー:麻生久美子、イッセー尾形、市川実和子
■スズキタカユキのオーガニックコットン・プロジェクト「読者プレゼント」もあり!
■ルポタージュ:犯罪大国、アメリカの光と影
■レストラン:東京エコメシ・レストラン
■連載:リリー・フランキー、東 信、KIKI、タナカカツキ、辻 信一 他


『エココロ』11月号 定価480円
発行元(株)エスプレ http://www.ecocolo.com

9月19日東京大田区の東京流通センターで「全国古民具骨董祭り」開催(21日まで)

 東京大田区の東京流通センターで「全国古民具骨董祭り」が開催される。年5回(3月,5月,6月,9月,12月)開催される全国古民具骨董祭りだが、今月もまた約250店舗の出展で盛大に行われる。

 全国から骨董・古民具・着物等に関わる専門店が、大集結。骨董ファン垂涎のイベントの始まりだ。

 このイベントは国内で最も古い室内骨董フェア。1978年、品川プリンスホテルに、骨董アンティーク業者約100店を集めて開催以来、この9月の開催で125回を数える、歴史のある室内骨董市。

 都内近郊の有力骨董業者を中心に、海外からの出店も交え、約250店舗を超えるディーラーが、約4500平米の会場に数十万点の珍品・稀品を集合させた。その歴史と場所柄から、外国からの来場者も多く、また半数以上の出店者が第1回目から出店し、信頼と実績の骨董市だ。北海道・九州など遠隔地から出店される業者もいるため、最終日は早めの撤収が恒例だが、やはりじっくり掘り出し物を探してみたいものだ。


全国古民具骨董祭り http://www.kottouichi.com/
東京流通センターセンタービル
大田区平和島6丁目1−1
電話03-5983-5101(株式会社骨董市)

9月17日新橋に「タミヤ プラモデルファクトリー」プラモデルの聖地としてスタート

 オヤジの聖地として有名な東京・新橋の新たな名所「タミヤ プラモデルファクトリー」がオープンした。

 タミヤは、新橋駅近くに同社の全製品がそろう大型オフィシャルショップ「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」をオープンした。運営は「タミヤ プラモデルファクトリー」となる。

 同店は、今年3月にオープンしたトレッサ横浜店に続く2店舗目。複合商業施設に出店する横浜店が工房を充実させたファミリー向けの店舗となっているのに比べると、ここのお店はタミヤが現在販売中の全商品約4,000点を陳列販売するほか、イベントスペースを設けるなどコンセプトで差別化を図る。プラモデル・ラジコンのメインユーザーと一致する「新橋エリアのビジネスマン層を意識した展開」となる。

 店舗は地下1階から地上2階の3フロアで構成され、地下1階と1階が物販スペースに、2階が145平方メートルのイベントスペースになる。商品の内訳は、車、バイク、ミリタリー、艦船、飛行機などの「スケールモデル」=約1,000点、ラジコン=約1,500点、ミニ四駆、「楽しい工作シリーズ」=約1,000点、工具、塗料、書籍など関連用品=約500点など。

 また、22日までオープンを記念して、イベントフロアにて「田宮模型の歴史展」が開かれる(無料)。平日は夜10時までの営業で、会社帰りにも立ち寄りやすくなっている。

 営業時間は、月曜~金曜=12時~22時、土曜・祝日=10時~20時。日曜定休。


タミヤ プラモデルファクトリー http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/index.htm
港区新橋4-7-2
電話03-6809-1175

9月17日東京・日比谷の日比谷公園にてビールの祭典「オクトーバーフェスト秋の収穫祭2008」スタート(19日まで)

 東京・日比谷の日比谷公園においてビールの祭典「オクトーバーフェスト秋の収穫祭2008」が開始される。

 2008年のオクトーバーフェストでは、世界最大級ともいわれる「ドイツのオクトーバーフェスト」にならい規模や内容も一層パワーアップ。会場や出展ブースも拡大した。公式サイトも全面リニューアルを行い、「オクトーバーフェスト」を通じて「市民が参加できる、市民のためのエンターテインメント」として盛り上げていく。

 また、特設ステージでは本場の歌と踊りで乾杯だ。過去3回のイベントでも大好評を博したヨーデルクイーン「ベロニカ・レンツ」とバイエルン地方の民族音楽の楽団「Top 4 plus」が来日。ステージではヨーデルの歌とともにダンサーたちと賑やかなステージを展開し、会場でも、来場者と一緒になって踊るなど、一体感を高めて盛り上げていく。


アサヒビール オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭 2008 http://www.oktoberfest.jp/
日比谷公園(噴水広場)
千代田区日比谷公園1-6
電話03-3432-9267(平日10時~17時)

9月16日東京・千駄ヶ谷の東京体育館でバトミントンの「ヨネックスオ-プンジャパン2008」開幕(21日まで)

 東京・千駄ヶ谷にある東京体育館でバトミントンの「ヨネックスオ-プンジャパン2008」が開幕する。

 北京オリンピックで堂々4位に入ったスエマエこと末綱聡子/前田美順ペアが第一シ-ド、北京後の会見で引退をほのめかし去就が注目される美人コンビオグシオこと小椋久美子/潮田玲子ペアがが第三シ-ドだったが今回は欠場、余計にスエマエペアに初優勝の期待がかかる。

 女子ダブルスは、92年以来タイトルを分け合っている中国、韓国のエースが不在で日本人ペアにも初優勝の期待がかかる。スエマエペアが手ごわい中国の若手にどんな戦いを見せるかが見物。

 また、男子では北京で初の8強入りを果たした舛田圭太/大束忠司や坂本修一/池田信太郎らの検討にも、期待したい。

 シングルスでは佐藤翔治が大舞台に強く、「ヨネックスオープンの優勝が夢」と語るミラクルボーイ・田児賢一の持つ力は底知れない。女子では、北京で8強入りに近づいた廣瀬栄理子が故障から復調。高校時代からしのぎを削った平山、今別府らとともに、ロンドンへの長い道のりを進んでいく。



ヨネックスオ-プンジャパン2008 http://www.yonexopenjp.com/index.htm
東京体育館
渋谷区千駄ヶ谷1-17-1
電話03-3481-2382(日本バドミントン協会)

当日券売り場で開場時間から最終試合の前までチケット販売中

9月10日東京・新橋にあるビクターのショールーム「NIPPER'S GINZA(ニッパーズギンザ)」が8年ぶりリニューアルオープン

 オーディオやビジュアル製品の日本ビクターは、ビクタービル1階のショールーム「NIPPER'S GINZA(ニッパーズギンザ)」をリニューアルオープンした。

 これは、1988年にオープンしたショールームを2000年に公開休止し、商談や新商品発表会などの限定イベントの場として社内利用へ転向し運営してきたが、再び一般ユーザー向けの体験スペースとしてリニューアルしたもの。

 店名にはあのシンボル犬「ニッパー」の名前を冠している。店内は白を基調にしており、1階部分では同社のAV関連機器によるホームシアターやオーディオ・ビデオカメラなどの新製品体験ができるほか、同社グループ会社の「ビクターエンタテイメント」「テイチクエンタテイメント」「JVCエンタテイメント」のパッケージソフトの視聴が可能。

 今回のリニューアルを機に同社初の展開となる「ニッパー」オリジナルグッズの販売も開始し、「伊万里焼ニッパー」(6,300円~9,450円)や「ぬいぐるみ」(2,100円)、「アートニッパーマグカップ」(1,050円)、「ポストカード」(1枚105円、4枚セット315円)などを提供する。2階は事前予約制の「シアタールーム」で、D-ILAプロジェクタ「DLA-HD100」と120型スクリーンを使用した5.1chの設備で新作のブルーレイビデオ作品などを視聴できる。

 営業時間は、火曜~金曜=11時~20時、土曜=11時~19時、月曜・日曜・祝日と同社休業日は休業。


NIPPER'S GINZA(ニッパーズギンザ)http://www.jvc-victor.co.jp/28s/index.html
港区新橋1-7-1 ビクタービル1F

9月13日神奈川県横浜市で「横浜トリエンナーレ」現代アートの祭典が開催(11月30日まで)

 神奈川県横浜市のみなとみらい地区で3年ぶり3回目の開催となる「横浜トリエンナーレ」が開催した。

 古くからの横浜の名所、新港ピアや赤レンガ倉庫をメインに現代アートの国際展が開催される。インパクトのある幅36メートル、高さ3.6メートルの幽霊船がライトの光に浮かび上がるなど期間中の街は活気に満ち溢れる。

 会場は全部で7ヶ所。新港ピアや赤レンガ倉庫1号館、ランドマークプラザ、三渓園などだ。

 また、会期中は、トリエンナーレのコンセプトや理念を補完するシンポジウムをはじめ、作家と参加者との対話が広がるようなワークショップやギャラリー・トークなどの交流イベントも積極的に展開。国内外の美術機関や他の国際展との連携も考えているようだ。

 この展覧会は3年に1度開かれる日本最大級の現代美術の祭典で、今回が3回目。25の国と地域から73人のアーティストが参加する。入場券は2日間有効のチケットが一般1800円など。


横浜トリエンナーレ http://yokohamatriennale.jp/2008/ja/
新港ピア(メイン会場)/他
横浜市中区新港2-5
電話03-5777-8600

9月13日東京・自由が丘に家具専門のアウトレット、インテリアショップ「ケユカ」オープン

 インテリアメーカーの河淳(株)は、同社直営店「ケユカ 自由が丘店」を家具専門アウトレット店「ケユカ アウトレット 自由が丘店」としてリニューアルオープンする。

 同社は、オリジナルなデザインによるカーテンやインテリア雑貨、食器などを手がけるインテリアブランド「KEYUCA(ケユカ)」を東京・神奈川・千葉をメインに20店舗展開。自由が丘北口エリアには、テーブルウエアなどの雑貨・ギフトを扱う「ケユカ 自由が丘ガーベラ通り店」もある。

 ケユカの家具アウトレット店としては「ケユカ アウトレット ノースポート・モール店」を横浜で展開しこれに次いで2店舗目となる。店頭展示品、搬入中に若干の傷がついてしまった同社製品を取り扱う。価格設定は現時点で未定だが、「これ以上ないほどのお値打ち価格で提供していく」と意気込む。

 店舗はビル2階にあり、売り場面積は529、5平方メートル。「KEYUCAとしてはコンパクトな店舗なので、気軽に立ち寄っていただける」広さをウリに、自由が丘近隣に住む20代後半~30代前半の夫婦層をターゲットに据える。

 取り扱い内容は、テーブル、いす、TVボード、チェスト、キッチンボードなど。平均価格帯は30,000円を予定。

 営業時間は11時~19時。

ケユカ アウトレット 自由が丘店 http://www.keyuca.com/shop/jiyugaoka.htm
目黒区自由が丘1-25-8 自由が丘ミキオビル2F
電話03-5731-8301

9月13日東京・新宿で西洋絵画の父「ジョット」の展覧会開催(11月9日まで)

 東京・新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館では、「ジョットとその遺産展」~ジョットからルネサンス初めまでのフィレンツェ絵画~」を開催する。

 ジョット・ディ・ボンドーネは13~14世紀にイタリア全土で活躍。西洋史上初めて繊細な感情と立体的な肉体を備えた崇高な人間像を描き、西洋絵画の流れを大きく変えた。ルネサンスの幕を開けた人物の一人として、レオナルド・ダ・ヴィンチやゴッホ、ミケランジェロ、マティスなど後世の芸術家に多大な影響を与えた。ジョットの初期の作品(壁画)が残るサン・フランチェスコ聖堂は世界遺産に指定されているほど。

 今回のこちらの展覧会は、現存する数少ないジョット作品から「聖母子」「嘆きの聖母」「殉教助祭聖人」など4点を招来し、代表的な聖堂壁画の写真パネルとともに展示。併せて同時代~15世紀初めの作家約20人の作品も展示する。

 また、10月19日・20日にはジョットの生涯を描いた映像作品「ルネサンス時空の旅人 聖なる都アッシジ物語」の上映会も行う。

 開館時間は10時~18時(金曜のみ20時まで)。月曜定休。料金は、一般=1,000円、大学・高校生=600円、シルバー(65歳以上)=800円、中学生以下=無料。

損保ジャパン東郷青児美術館
新宿区西新宿1-26-1
電話03-5777-8600

9月11日神奈川県横浜市の東京藝術大学新港校舎でアジアの現代美術を考えるセミナー(14日まで)

 東京藝術大学は、韓国の国際美術展「PLATFORM Seoul 2008」の関連企画としてアジアの現代美術について考える「PLATFORM横浜セミナー AFTER HOURS」を開催する。
 
 「PLATFORM Seoul 2008」は、10月25日~11月23日にソウルで開かれ、韓国のインデペンデント・キュレーター、キム・ソンジョン氏が展開。アジアの作家を中心に紹介される展覧会だ。
 
 今回横浜で開催されるセミナーでは、韓国や中国、インドネシア、フィリピン、香港などアジア諸国から20人以上のキュレーターやアーティスト、評論家を招いた。シンポジウムやパフォーマンスを通して、地域や文化によって異なる社会背景や経済システムのなかで生み出されるアジアのアートについて考え、アジアにおける「現代美術の新制度」について提案する。

 参加者は美術家の遠藤一郎さん、インスタレーション作家の和田昌宏さんなど。

 入場無料。


アジアの現代美術を考えるセミナー
東京藝術大学新港校舎
横浜市中区新港2-5-1
電話045-210-9297

9月10日東京・有明のビッグサイトで自動認識技術の展示会「第10回自動認識総合展」開催(12日まで)

 パーソナルIDなどの自動認識技術を専門に展示する展示会「第10回自動認識総合展」が東京・有明の東京ビッグサイトで行われる。

 (社)日本自動認識システム協会(略称JAISA<ジャイサ>)は、「第10 回自動認識総合展」を開催。“IDの最先端要素技術・拡がるソリューション”のコンセプトで、自動認識技術の従来からの「省力・効率」を求める分野に加えて、ユビキタスコンピューティング社会における「安全・信頼」の分野へも大きく広げ「バーコード、2 次元シンボル、RFID(Radio Frequency Identification)、バイオメトリクス(生体認証)、IC&磁気カード」などの先端自動認識技術やこれらを生かしたソリューション(製造、流通・物流、トレーサビリティ、医療支援、セキュリティ分野の機器、応用システム)を展示するもの。

 本展示会は、「バーコード・2次元シンボル、RFID、バイオメトリクス、カードといったID の最先端技術」と「ID 技術を活用した、業務の効率化、省力化・コスト削減、安全・品質管理、顧客サービス向上のための自動認識ソリューション」の2本柱にて構成。展示内容は、「参加165社5団体 による企業によるブース展示」と「自動認識技術の活動を紹介するジャイサコーナー」、「アジア諸団体のパビリオン」などのほかに、特設のテーマコーナー「来て、見て、さわって 自動認識」がある。


「第10 回自動認識総合展」 http://www.autoid-expo.com

東京ビッグサイト[東京国際展示場] 西1・2 ホール
江東区有明3-21-1
電話03-5530-1111

入場料:1000 円(事前登録者・招待券持参者は無料)

9月8日常盤薬品の新製品「集中力」発売開始

 南天のど飴で有名な常盤薬品は9月8日からがんばるビジネスマンを応援する新機能性ドリンク「集中力」を発売開始した。

 仕事中についついボーっとしてしまったとかパソコンの画面を見ながら何も考えられないとか。集中力を欠いている瞬間て意外と多いもの。そんなときには「集中力」が強い味方になってくれる。これ1本飲むだけでだらけた時間ともおさらばできる。

 さえわたるこの瞬間。ビジネスマン、学生を応援する新機能性ドリンク「集中力」。 今なら新製品発売記念でWebキャンペーンや店頭でのキャンペーンも実施中。この機会に「集中力」体験してみては?

 「集中力」の成分はブドウ糖、DNA、アルギニン、カフェイン、イノシトール。飲んでスッキリ感のある商品。クリアミント味さっぱり感がたまらない魅力。

ブドウ糖:5,600mg配合 自然界に最も多く存在する糖で、エネルギー源としてサポート。
DNA:120mg配合 さけ白子抽出物で仕事や勉強中の考える力をサポート。
アルギニン:豆類などに多く含まれるアミノ酸の一つ
カフェイン:コーヒー、緑茶などに含まれる植物由来の天然成分




集中力 http://www.syuchu.com/
価格 \315(税抜 \300)
容量 50mL

9月8日東京・銀座に「枯れない花」プリザーブドフラワー専門店「ベル・フルール銀座本店」がオープン

 東京中央区の銀座でフラワーデザイナーの今野亮平が手掛けるプリザーブドフラワー専門店「ベル・フルール銀座本店」がオープンした。

■プリザーブドフラワーとは
 プリザーブドフラワーは、生花に専用の溶液で特別な加工を施した「枯れない花」。生花のような柔らかい質感と繊細な色合い、そしても美しさが長持ちすることで、近年贈り物やウエディングブーケなどの分野で需要が増大。それに応えるように、プリザーブドフラワーにいち早く目を向け、伊勢丹新宿本店などに出店してきた「ベル・フルール」が、直営店を銀座に構えることになった。

 昭和通りに面した1階のショップスペースでは、定番のアレンジメントからオーダーメイド作品まで、バラエティ豊か。グラフィックデザイナーでもある今野が自らデザインに加わったという内装も注目だ。また、2階のフラワーデザインスクールでは、デザインやテクニックの基礎から、国家資格の取得まで対応。プリザーブドフラワーだけでなく、生花についても学ぶことができる教室にする意向だ。


ベル・フルール銀座本店 http://www.belles-fleurs.com/
中央区銀座1-20-17押谷ビル
電話03-3561-1881

open am11:00~pm20:00
月曜定休

9月3日東京・港区の国立新美術館において、日本ベトナム外交関係樹立35周年記念「ベトナム現代絵画展」開催中(15日まで)

 東京港区の国立新美術館では、日本とベトナムの外交関係復興から35年が経った今年「ベトナム現代絵画展」を開催中。

 この展覧会ではベトナム国内はもとより、アメリカ、フランス、イギリス、スイス、ドイツなど世界各国で活躍するベトナム美術協会所属の作家等による絵画を展示している。

 第93 回二科展が開催される。二科展は、絵画・彫刻・デザイン・写真の4 部門にわたる総合美術展として、また約3,000 点以上の作品が一堂に会する日本最大級の公募展。その中で今回の企画展として、「日本ベトナム外交関係樹立35 周年記念 ベトナム現代絵画」はある。日本とベトナムの外交関係樹立35 周年を記念してベトナムの現代絵画を展示。ベトナム国内は以外でも世界の各国で活躍するベトナム美術協会所属の作家等による絵画を展示。


ベトナム現代絵画展
国立新美術館 http://www.nact.jp/
港区六本木7-22-2
電話03-5777-8600

open am10:00~pm18:00※入館はpm17:30まで。毎週金曜はpm20:00(入館pm19:30)まで
毎週火曜休館(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)
料金 一般1,000円、大学・高校生800円、中・小学生400円

9月6日北京パラリンピック開幕(17日まで)

 まだ、オリンピックの興奮も冷めないこの時期にいよいよ、障害者スポーツの祭典、北京パラリンピックは6日午後8時(日本時間午後9時)から、北京市内の国家体育場(愛称・鳥の巣)で開会式を行い、12日間の熱戦が幕を開ける。

 今大会で13回目を数えるパラリンピック。史上最多の148の国と地域から約6700人の選手らが参加する。17日まで20競技で熱戦が繰り広げられ、日本から選手162人、役員132人というこれまた史上最多の選手団が17競技で技を競う。五輪会場はバリアフリー設備を完備させ、再び熱い戦いが行われること間違いなしだ。

 6日午前の通称鳥の巣の国家体育場周辺には、開会式で入場行進する各国選手団の待機所が設置され、警備の準備も始まっている。日本選手団の旗手は陸上・走り高跳びの鈴木徹選手が務める。

 競技名
アーチェリー 、陸上競技 、ボッチャ 、自転車 、馬術 、柔道 、パワーリフティング 、ボート 、射撃 、水泳 、車いすフェンシング 、卓球 、車いすテニス 、ゴールボール(女子) 、シッティングバレーボール(男子) 、シッティングバレーボール(女子) 、車椅子バスケットボール(男子) 、車椅子バスケットボール(女子) 、ウィルチェアーラグビー

北京パラリンピック
http://www.jsad.or.jp/paralympic/08pekin/p_gaiyo.htm

9月6日あの"ドンペリ"が飲み放題。東京・品川のストリングスホテルに優雅なランチプランが登場(11月30日までの土日および祝日限定)

 東京・品川のストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、最高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」を飲み放題で楽しめるランチプランを開始する。ホテル内のフレンチフュージョンレストラン「ザ・ダイニング」にて実施するもの。料金は1万3,000円(90分、税・サービス料込)

 飲み放題で提供されるのは、2000年のヴィンテージ。くちなしやバニラの透明感のある香りと、マンゴーと洋梨の表皮に滑り込むようだとも評されるスパイス感が特徴だという。

 料理には季節に合わせた食材を取り入れ、前菜、セカンドプレート、メイン、デザートの各4~8種類のバラエティに富んだセレクションの中から好みに応じて選べるようになっている。一例としてメインディッシュでは「仔羊のグリル、オリエンタルスパイスとミント風味」、「イベリコポークの香草グリル、スダチとシナモン風味のポトフ仕立て」、「本日の鮮魚のソテー、アプリコットラベンダーソース」など。

 ドン・ペリニヨン プレミアムランチ
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
港区港南2-16-1品川イーストワンタワー
電話03-5783-1111

ランチタイム am11:30~pm15:30(ラストオーダー)

9月4日東京・新宿の京王百貨店で大北海道展開催(7日(火)まで)

 東京新宿・京王百貨店新宿店の7階大催事場では大北海道展を開催する。

 北海道の魅力といったらなんと言っても「食」。今回のイベントでは特に人気のスイーツと実際に会場で味わえるイートインに焦点を当てたものになっている。

 スイーツは話題の生キャラメルやチョコレート、ショートケーキやクッキーなど北海道の食材をふんだんに使ったスイーツを紹介。

 イートインのコーナーは五島軒のシーフードカレーやらーめん家本舗ずんどうの海鮮コク塩ラーメン、北のあじ彩のいくら丼など。どれも垂涎の一品だ。それ以外にもお弁当やお惣菜などがふんだんに味わえる。 

 また、期間中、大北海道展の商品を5000円以上購入された方から抽選で40名様に北海道の特産品をプレゼントする企画もあるようだ。皆さんふるって京王百貨店に足を運んでみよう。


京王百貨店新宿店 http://info.keionet.com/
新宿区西新宿1-1-4
電話03-3342-2111

open イートインam10:00~pm19:00(最終日はpm16:00まで)

9月3日東京・南青山の岡本太郎記念館にて「岡本太郎の手」展開催。作品と記念撮影も・・・。(11月30日まで)

 東京港区の南青山にある岡本太郎記念館では、岡本太郎が生前に残した「手」をモチーフにした作品を一堂に展示する企画展「岡本太郎の手」展を開催。

 彼にとって「手」は、眼や顔と並び最も好んだモチーフ。また、「眼」と同じくこの世界を表現する重要な武器であり、自分と世界をつなぐ窓だったのではないか。彼は手の感覚を大切にするがゆえ、多くの作品を残している。

 同展では、1978年に描かれた油画で岡本太郎らしい生命感が描かれた「手の顔」(1978年)をはじめ、絵画だけでない彫刻やデッサン、インテリアなどさまざまな方法で表現領域で、「手」にまつわる作品を展示する。

 また、会場ではお釈迦(しゃか)様の手のようなカラフルな立体作品「手の椅子」(1967年)も展示。この椅子には実際に座れるほか、作品と一緒に撮影できるコーナーを設けるなど、バラエティーに富んだ展示方法を模索している。


岡本太郎記念館 http://www.taro-okamoto.or.jp/
港区南青山6-1-19
電話03-3406-0801

open am10:00~pm18:00
年末年始、火曜休館(祝日の場合は開館)
料金 一般600円、小学生300円

9月2日東京・江東区の東大島でダイエーが初のネットスーパー「東大島店」をオープン

 東京・江東区のダイエー東大島店がネット初のネットスーパーダイエー「東大島店」をオープンした。

 広く全国でスーパーなどを展開しているダイエーは、食品などを中心に約5000点もの商品をネットで買えるようにした。まず取っ掛かりとして墨田、江東、江戸川の3区の一部からスタート。当日の配送も可能で店頭でのポイントと同期の取れた買い物ポイントがもらえるのも魅力のひとつだ。高齢者だけでなく多忙なビジネスマンでも重宝するネットサービスになること間違いなしだ。

 オープンを記念したキャンペーンも実施中。
1 配達料無料キャンペーン
9月2日から12月31日(配達分)までは、合計金額5,000円以上で配達料315円が無料。お米などの重たいモノ、ロールペーパーのようなかさ張るモノ、缶飲料などケースごと買うと安くなるものなどをまとめ買いすると、賢く&楽ラクで便利な買い物ができる。

2『お得意様ポイント』プレゼントキャンペーン
どんどん使えば、どんどんお得。9月2日~9月30日(配達分)の期間を対象に、合計金額5,000円以上のご利用回数が2回で30ポイント、3回で50ポイント、4回以上なら80ポイント付加されるというもの。この機会にどんどんポイント貯めてしまおう。

ダイエーネットスーパー東大島店 https://netsuper.daiei.co.jp/
電話03-3636-7911

9月1日東京・銀座の「JEWEL BOX GINZA」に完全予約制の高級中華料理店「銀座 飛雁閣」が、移転してオープン。

 東京・銀座の8丁目「JEWEL BOX GINZA」に完全予約制の高級中華料理店「銀座 飛雁閣」が、拡張移転した。なお、予約客先着1,000名には「ボヘミアグラス」をプレゼントするキャンペーンを実施中だ。

 2006年12月銀座・並木通りにオープンし、美食家に支持されてきた完全予約制の高級中華料理店「銀座 飛雁閣」。

 今回の移転オープンに向けてこの店の特色である「福臨門魚翅海鮮酒家」出身シェフを2名招聘(合計3名)。さらに、鹿児島黒豚や佐賀県産伊万里牛、有機野菜などの厳選食材を使用し、化学調味料を一切排除、ノンコレステロール油で調理することにこだわり、高品質の厳選素材をシェフの手腕で極上の中国料理へと仕上げる。

 テーブルウエアにはマイセン、ヘレンド、ウエッジウッドなどの高級洋食器を用い、今までの中国料理店のイメージを一新。またモンドセレクション金賞の紹興酒「飛雁雅酒」やドンペリの為にはバカラやリーデルのグラスを用意。さらにホール南側のマイセン大陶板や西側飾り柵中の美術館級ヴェネツィアン工芸品、ドーム、ヴァンガード等、数々の調度品を眺めるだけでも心癒される邸宅のようなダイニングに心躍るだろう。

 9月1日のオープンより、新店舗で提供される「拡張移転記念メニュー」(9月30日まで)。こちらは、ランチ(12:00~、10,500円)、飲茶(14:00~、6,300円)、ディナー(18:00~、15,750円)。予約客先着1,000名に「ボヘミアグラス ぐい呑み5点セット」の手土産も用意するとのこと。

銀座 飛雁閣 http://www.higankaku.com/
中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 9F
電話03-3567-3111(予約電話)

open pm12:00~pm14:00(LO.)、pm14:00~pm16:30(LO.)pm18:00~pm22:00(LO.)
年中無休

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。