FC2ブログ

最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

test

test
スポンサーサイト

東京板橋区・板橋本町の都営三田線・板橋本町駅近くに「マイカリー食堂 板橋本町店」がオープン

12月27日東京板橋区・板橋本町の都営三田線・板橋本町駅近くに「マイカリー食堂 板橋本町店」がオープンした。

 このお店は、牛めし店「松屋」をはじめ多数の飲食店ブランドを展開する松屋フーズのカレー専門店。2013年に1号店となる渋谷神南店をオープンした後、本社のほど近くに「三鷹店」として移転し、今年7月には2号店となる「すすきの店」(札幌市)をオープンしていた。今回の「板橋本町店」は全国では3号店、都内では2店舗目となる。

 同社広報担当・岩田幸恵氏は「板橋本町は住宅街でもあり、昼も夜もお客さまの集客が見込める。マイカリー食堂のブランド拡大を検討していたところ、取得していた店舗開発予定地がサイズ感やマーケット的にマイカリー食堂が最適との会社判断になり、今回のオープンにつながった」と話す。

 「松屋」は1980年ごろの創業期からカレーを看板メニューの一つとして自社開発し、スパイシーな味のカレーづくりに対するこだわりは強く、「創業者の瓦葺(かわらぶき)利夫会長が無類のカレー好きと聞いている。耳の裏が熱くなるくらいでなければカレーじゃない、という信念を持っているほど」だと言う。「マイカリー食堂 三鷹店」は試験店舗としても位置付け、人気メニューの一つとなっている「グリーンカレー」は今年5月に松屋のメニューとしても導入された実績がある。

 「創業期から培ってきた長年のカレー開発力を生かし、お客さまに支持いただけるメニュー開発に努めたい。松屋のカレーに対するこだわりが多く詰まった『マイカリー食堂』を、ぜひ一度試してほしい」と前述の岩田氏。

 営業時間は、店内am10:00~pm24:30、弁当am10:00~pm24:45(以上ラストオーダー)。


マイカリー食堂 板橋本町店 https://www.matsuyafoods.co.jp/shop/mycurry/itabashi_honcho.html
板橋区大和町18-10
電話03-5943-7060

東京渋谷区・渋谷の道玄坂に「安楽亭」新業態1号店「ANRAKUTEI SHIBUYA DOGENZAKA」にリニューアルしてオープン

10月12日東京渋谷区・渋谷の道玄坂に「安楽亭」新業態1号店「ANRAKUTEI SHIBUYA DOGENZAKA」にリニューアルしてオープンした。

 このお店は焼き肉チェーン「安楽亭」などを手掛ける安楽亭がオープンした店。「韓国ではやっている」という骨付きカルビにチーズを絡めて食べる「チーズカルビ」をメニューに導入できないかと考え、焼き肉を焼くしちりんに鉄板を載せて焼く鉄板メニューの導入を決めたという。

 渋谷のこの界隈は、さまざまな飲食店が集積していることもあり、「受け入れられやすいのでは」と新業態の1号店として選んだ。店舗面積は21.21坪。席数は2~5人掛けのソファ席で28席を用意する。店内は黒を基調にレンガ調の壁面にしたり、アートを飾ったりシンプルに仕上げた。煙の吸引口の傘には「ANRAKUTEI」のロゴを配置する。

 鉄板メニューは、鉄板に溶かしたハラペーニョ入りのチーズを絡めて食べる骨付きカルビ(2700円)や、Tボーンステーキ(3000円)、ホルモン5種類をタマネギとニラで炒める「壺漬けスタミナホルモン」(1680円)など。これまで通り、食べ放題(100分3480円)などのしちりんで焼く焼き肉メニューも用意する。

 ランチ(~pm17:00まで)には、11種類のスパイスを使い野菜の水分だけで煮込んだカレーの「石焼チーズキーマカレー」(980円、価格は全て税抜き)など石焼きメニューを同店限定メニューとして提供する。

 ビジネスマンや女性のグループ、1人客、外国人など幅広い客層の利用がある同店。リニューアル後、焼き肉と鉄板メニューを頼む客は半々くらいだという。吉村店長は「鉄板でしかできない調理方法や、網ならではの良さもそれぞれある。選べるのが当店の醍醐味」と話す。

 営業時間はam11:00~pm24:00。


ANRAKUTEI SHIBUYA DOGENZAKA https://retty.me/area/PRE13/ARE8/SUB806/100001302222/
渋谷区道玄坂2-6-12 道玄坂トロワービル3F
電話03-6892-1129

東京中央区・銀座の銀座7丁目に「築地銀だこハイボール酒場 銀座七丁目花椿通り店」がオープン

12月13日東京中央区・銀座の銀座7丁目に「築地銀だこハイボール酒場 銀座七丁目花椿通り店」がオープンした。

 このお店はホットランドが経営するお店。「たこ焼をつまみに、相性の良いアルコールを楽しむ」がコンセプトだ。チーズと蜂蜜をトッピングした「クワットロフォルマッジ(4種のチーズ)」や「ふわとろベネディクト」などの「プレミアムたこ焼」(以上3個入り、450円)も用意する。

 広報室の丸山美嘉氏は「銀座は非常に需要の高い地域だと考えていたが、激戦区であり、なかなか物件が出づらい地区。12月の忘年会などの宴会シーズンに合わせ、今回は念願の銀座でのオープンとなった」と話す。

 店舗面積13坪、立ち飲み席24席とカウンター4席を用意。繁華街に立地することから、2次会利用や差し入れのための購入も多いという。500m圏内限定でデリバリーサービスも行う。

 営業時間はam11:00~翌am4:00。


築地銀だこハイボール酒場 銀座七丁目花椿通り店 http://www.gindaco.com/highball/
中央区銀座7-7-12
電話03-6280-6980

東京新宿区・新宿の甲州街道高架下にカフェ&クリエーティブスペース「サナギ新宿」がオープン

12月9日東京新宿区・新宿の甲州街道高架下にカフェ&クリエーティブスペース「サナギ新宿」がオープンした。

 ルミネは、新宿区の「一般国道20号高架下 文化観光情報発信拠点整備・活用事業」の事業者として同スペースを開業し、地域の活性化を目的に新宿の甲州街道高架下エリアを開発した。ポトマックがルミネより受託し、飲食店事業の「サナギ 新宿」やイベントスペースなどをプロデュースする。

 この施設では、イベントスペースや次世代のアーティスト・クリエーターのプラットホーム機能を備え、カフェやグルメなどを楽しめる3つのコンテンツを中心に展開。甲州街道を挟んで駅から離れていた高架下エリアを街と一体化させ、統一感を持たせるようにしたという。

 10日には新宿観光振興協会が運営する観光案内所もオープン。地域のイベントやグルメ、ショッピング、宿泊施設などを紹介し、新宿を訪れる人々がより新宿を楽しめるようなサービスを提供していく。

 営業時間はam11:00~pm23:30。


サナギ新宿 http://sanagi.tokyo/
新宿区新宿3-35-6
電話03-5357-7074

 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。