最近オープンした話題のスポット

いろんなスポットの開店状況をご紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

test
スポンサーサイト

東京豊島区・池袋の劇場「あうるすぽっと」で正月企画イベント「あうるの街のお正月!」が開催

1月4日東京豊島区・池袋の劇場「あうるすぽっと」で正月企画イベント「あうるの街のお正月!」が開催される。

 この催しは落語・講談・浪曲の三本立ての「新春・カタリ亭」と、入場無料で甘酒やお正月遊びなどが楽しめる「お年玉ひろば」(am12:00~pm16:00)、江戸太神楽の「丸一仙翁社中」(pm13:30前後)を展開。

 落語では、フランス人のはなし家である尻流複写二(シリル・コピーニ)が登場。縁日に出掛けた親子のやり取りをユーモラスに描いた落語「初天神(はつてんじん)」を披露する。司会も担当し、フランス人の目線で分かりやすく公演をナビゲートする。

 講談は神田鯉栄、浪曲は玉川奈々福が行う。イベントホームページでは、尻流、神田、玉川によるコメント動画を公開している。

 「新春・カタリ亭」はpm14:00開演で、2時間を予定。チケットは、大人=1000円、子ども(高校生以下)=500円。チケット購入方法などはホームページで確認できる。


あうるの街のお正月! http://www.owlspot.jp/performance/170104.html
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル
電話03-5391-0751

東京品川区・品川水族館でお正月限定のイベントをスタート

1月2日東京品川区・品川水族館でお正月限定のイベントをスタート。(9日まで)

 しながわ水族館では、海の動物による楽しいショーを公開。その中に愉快でかわいいアシカショーがある。お正月は特別に芸達者なアシカが、新年に合わせたショーを公開。アシカたちのゆかいでかわいいパフォーマンスを堪能してみては。
 
 イルカショー・アザラシショーでは、和風テイストのBGMを使用してのショーを公開。 アシカ科オタリアの「クッキー」が得意のバランス技でコマ回しなどにも挑戦する。
 期間 ~2017年1月9日(月・祝)
 時間 am11:45~、pm14:30~(1/8~10はpm14:30のみ)

 お正月水中ショーでは、女性ダイバーと魚たちとのパフォーマンスをお正月バージョンで公開。 着物姿の女性ダイバーが新年のご挨拶! お魚たちにはお正月限定"海老"のプレゼントを披露。
 期間 ~2017年1月9日(祝・月)
 時間 pm13:00~、pm15:00~
※上記以外の時間帯は通常プログラムの水中ショーを実施

 しな水の干支水槽2017では、背鰭(セビレ)の形がニワトリのトサカに 似ていることから"鶏魚"と書いてイサキと読む、 鶏魚の展示や、その姿が振袖を着ているかのように見えるフリソデエビを展示。
 期間 ~2017年1月16日(月)

 営業時間はam10:00~pm17:00。火曜定休


しながわ水族館 http://www.aquarium.gr.jp/
品川区勝島3-2-1

東京中央区・浜離宮恩賜庭園にて恒例の新春イベント

1月2日東京中央区・浜離宮恩賜庭園にて恒例の新春イベント(3日まで)

 東京中央区・浜離宮恩賜庭園にて恒例の新春イベントが行われている。

 目玉は諏訪流放鷹術保存会の鷹匠らによる「諏訪流放鷹術」。江戸時代、浜離宮付近は将軍の御鷹場(おたかば)だったため、毎年放鷹の実演を行うようになった。園内にある鴨場は10代・11代将軍によって整備されたもの。鴨場は1944年まで使用されており、イベントに参加するのは当時の鷹匠の子孫たち。

 放鷹は2日、3日ともam11:00からとpm14:00から(各回約1時間)。午前の演目では、電通本社ビルの屋上からハヤブサが舞い降りるという迫力ある「ハヤブサの急降下」を見ることができる。「正月に訪れる方の7割は放鷹が目的」という。開催場所は内堀広場。会場には売店も並び、甘酒や豚汁などを販売するほか、合気道の演舞も予定。花木園では羽根付きやこま回し、竹馬などの伝統正月遊びが体験できる「お楽しみ広場」を開設する。

 このイベントは今回で16回目のもの。2日間で5000人以上が同園を訪れる予定。

 開園時間はam9:00~pm17:00(入園はpm16:30分まで)。入園料は、一般・中学生=300円、65歳以上=150円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料。


浜離宮恩賜庭園 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html
中央区浜離宮庭園1-1
電話03-3541-0200

東京千代田区・秋葉原の「神田明神」でも新年祝う行事が開催

1月1日東京千代田区・秋葉原の「神田明神」でも新年祝う行事が開催

 さて、いよいよ2017年が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。

 東京千代田区・秋葉原の「神田明神」は年が明けた1月1日から、さまざまな新年行事を開催している。

 1日am0:00の開門を皮切りに、年始めの儀式「歳旦祭」や振るまい酒、ご昇殿参拝(お祓い、ご祈祷)の受け付けが開始。境内は正月ムード一色に染まる。

 以降、1月21日は新成人を中心に厳寒の中、男性はふんどし、女性は白装束をまとい大きな氷柱が入った禊場の中で冷水を浴びて身を清める行事「寒中禊がまん会」が、21日・22日は大黒様に扮した神職が参拝者の頭上を小槌で清める「だいこく祭り」が開催される。

 22日am12:00には、平安時代がはじまりの日本料理の伝統を受け継ぐ四條流の庖丁儀式「四條流庖丁儀式」が、その日のpm15:00にはあずかった祈願串の成就祭「祈願串成就祭」なども催行。

 さらに、19日には江戸時代から、神田明神のみで許された幻想的な神楽の舞を披露する「神楽始」も行われる。行事の開催時間は神田明神ウェブサイトで確認できる。

 毎年30万人以上の初詣客が訪れる神田明神。今年も、多くの参拝者でにぎいわいそうだ。


神田明神 http://www.kandamyoujin.or.jp/
千代田区外神田2-16-2
電話03-3254-0753

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

なぞのツルベ

なぞのツルベ

FC2ブログへようこそ

FC2Ad

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。